脳が売れる - 神経科学を商業化する

認知訓練は、科学者たちの疑いにもかかわらず、金の卵かもしれない

「我々の主要な目的は、利用者が訓練でき、精神的に強くあり続けることができる事務として我々を見ることだ。」ルモス・ラブスの創業者で主任科学者のマイケル・スキャンロンは語る。月に14.95ドルで、その会社のウェブサイト、ルモシティの購読者は、彼らの認知力を改善するよう設計されたオンラインゲームを選んで遊ぶ。もし画像が前のものと同じならば遊ぶ人がチェックする「スピード・マッチ」、マトリックス上のどの四角が陰になったかを覚える必要がある「メモリー・マトリックス」、そして算数問題を含んだ雨粒が地面に落ちる前にそれらを解く「レインドロップス」らを含んだ約40の訓練が利用できる。いかにうまく利用者がやるかによって、その利用者に毎日適切な難度の脳の訓練が与えられるよう、パズルは変わる。

2007年にルモシティが始まって以来のその人気は、かなりびっくりさせるものだ。そのスマートフォンアプリは、38か国でいずれかの時点でトップの教育アプリになっている。8月1日に、それは、180か国強の国々の4,500万の既存の登録利用者を押し上げることを期待したiPad版を始めた。ルモス・ラブスは、すでにヴェンチャーキャピタルでほぼ7,000万ドルを調達しており、新たな「デジタル脳健康」市場に仕える最初の上場企業になることを競い合う2社のうちの一つだ、と調査会社のシャープブレインズのアルヴァロ・フェルナンデスは語る。(先を越したいと思っている会社は、プレイヤーが楽しんでいれば明らかにびくびくさせ、リラックスしていればうなだれる、猫の耳のような形のものを含んだ「脳波センサー」を作る、ニューロスカイだ。)

シャープブレインズの計算では、かなりがルモス・ラブスのような消費者企業の急速な成長のおかげで、その市場は2012年に初めて総収入が10億ドルを超えた。収入が約6億ドルだった2009年には、医療企業、学校、そして従業員が、その購入のほとんどを占めていた。シャープブレインズは、その市場が2020年までに62億ドルに成長し、小売の支出がこの半分以上を占めるだろうと予測する。その耄碌を先延ばししたいと熱望する高齢化するベビーブーマーが、特に熱心な買い手になると予想される。
 

別のブレイン・ジム?

心の運動の比喩は、ベン・ゴールドエーカーによる2008年の本「バッド・サイエンス」でその想定された認知上の利益が暴露された多くの英国の学校によって、疑いもなく採用された子供たちのための一連の物理的訓練であるブレイン・ジムをよく知っている人に、警告の鐘を鳴らすだろう。しかしながら、ルモス・ラブスを設立するためにスタンフォード大学での神経科学の職を辞したスキャンロン氏は、脳の柔軟さと簡単な訓練を通して認知機能を改善する能力の学術的証拠を据え付けることによって、そうする気になった、と語る。ルモス・ラブスは、その購読者からの結果のデータベースを使うことによって、脳機能の理論を試すことができるという貢献を宣伝する。それは、そのデータを使うよう学術研究者を奨励する人間認知計画を始めている。スキャンロン氏は、1日7時間の睡眠が脳機能にとって最適で、適量のアルコールが精神状態を改善することを示すためにルモシティのデータを使った、学術誌の人間神経科学最前線の中の最近の論文の何人かの著者の一人だった。

いくらかの脳訓練が特定の問題を助けることができるという証拠がある。ピアソンが所有する会社のコグメッドは、何人かのダウン症患者を含んだ、ワーキングメモリーの低い子供たちで、しっかりとした結果を成し遂げている。ルモシティは、その訓練が利益があるということを見つけたいくつかの査読研究を指し示す。例えば、5月に、スタンフォード大学のシェリ・ケスラーによる論文は、女性の一団において、ルモシティの訓練を12週間行うことが執行脳機能を大きく改善したことを見つけた。

みんなが納得するわけではない。「脳が筋肉のように、ひとつのことで強くなるにつれてすべてについて強くなると考えるのは魅力的だが、そうではない。」最近までスタンフォードの行動科学先進研究センターの長を務めていたスティーヴン・コスリンは語る。「衝撃的な真実は、一般化する機会はとても限られている、ということだ。いくつかの認知作業を訓練すれば、基本的にそれを実践する。もし他のことがその基本的構造ととても似ていれば、いくつか移し得るかもしれないが、めったに100%にはならない。」スキャンロン氏は、ルモシティの訓練がいつうまく行くのか、そしてその制限は何かについて、答えるべき質問がたくさんあると認めるが、その会社のデータの財宝が最後に明らかにするだろうものについて楽観的だ。

ルモス・ラブスとほかの脳健康企業へのバーはあまりに高く設定されるべきではないと市場調査は示唆する、とシャープブレインズのフェルナンデス氏は語る。彼の会社の研究は、ほとんどの消費者が、科学者よりも証拠についてはるかに神経質ではないと証明する。彼らは、アルツハイマー病を避けるための保証された方法を探しているわけではない。彼らはただ、「クロスワードパズル、ヴィタミンサプリの摂取、教育的なテレビショーを見ること、または単に何もしないといった、彼らがすでにし、それを支持する証拠がはるかに少ないほかのことをするよりも良く」脳の性能を強化したり維持したいと思っているだけだ、と彼は語る。その場合、ルモシティが数独よりも関与することができる限りは、その将来は明るくなりうる。
 

発行日: 
2013-08-10
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加