平和のヒント - コンゴ

ある軍閥の逮捕は、騒々しい地域を少し落ち着かせる役に立つかもしれない

コンゴの軍閥ボスコ・ンタガンダをハーグの国際刑事裁判所(ICC)で3月26日に目にしたのは、前進の兆しだ。しかし、コンゴ民主共和国に耐久力のある平和をもたらすためには、さらに多くの外交的国際的威圧が必要とされるだろう。

ンタガンダ氏は、3月18日に、隣のルワンダのアメリカ大使館に自首した。彼は、たぶん彼自身の運動の騒ぎの結果として、殺されることを明らかに恐れていた。彼は、10年以上にわたってコンゴの東側でテロを広げてきた。彼は鉄拳をふるった。彼自身の反乱軍の最初のものは隣のルワンダに支援され、それから今後の国軍に入り、そしてついに、去年、再び誰にも所属していないように見える反乱軍として立った。ルワンダの大統領のポール・カガメのようにツチ族のンタガンダ氏は、他の民族集団の人々へのテロの多くを指示した。

ほとんど5年間、彼は図々しくもICCによって発行された逮捕状を無視し、コンゴの国連平和維持部隊を困惑させ、コンゴの大統領ジョセフ・カビラが彼の国を支配する主張をあざけった。

ンタガンダ氏は、明白にルワンダの部下で、冷酷で、頼もしかった。それから、カビラ氏が彼をやっつけることができなかったとき、ンタガンダ氏は彼の提携相手となった。「平和のためなら何でも」コンゴの大統領は言った。西側政府は舌打ちしたが、事実上何もしなかった。

ンタガンダ氏とカビラ氏の両方が2009年の取引から利益を得ていた間は、それによってその反乱軍指導者とその部下たちはコンゴ軍に統合された。その将軍は、しばしばルワンダとウガンダの強力な友人を通して、金や武器、そして偽造通貨すらも密輸することから豊かになった。2011年11月に、彼はカビラ氏が再選されるよう、投票箱をいっぱいにするのを助けた。しかし、この便宜上の結婚は、それほど続かず、カビラ氏がンタガンダ氏の部下をその東の丘の外に配置転換すると脅したとき、分解した。その将軍はそれから、彼の時間が無くなるのを恐れて、反乱を起こした。改まった危機は、北キヴを現地の悪名高い雷雨の一つのように突然襲った。西に遠く離れたキンシャサのカビラ氏の政府は、ほぼ陥落した。

そのコンゴの大統領の運は、カビラ氏との取り決めが結ばれた2009年3月にちなんだM23として知られるンタガンダ氏の最新の反乱へのルワンダの支援を、ある国連専門家の報告が暴露した時に変わった。西側政府は、それまでは支援者のお気に入りだったルワンダに懲罰をくらわせ、何爆万ドルもの支援を削減した。怒り狂ったカガメ氏は、国連の非難を否定し、その報告の著者をやっつけたが、最後には交渉しなければならないと感じた。

M23が北キヴの戦略的交易の中心ゴマから引き揚げた12月以来、2組の交渉が同時に行われている。一つは、ウガンダのホテルでM23とコンゴ政府からの代表団が主役を演じている。しかし、本当の交渉は、西側の首都、ルワンダの首都キガリ、国連、そしてエチオピアの首都アディス・アベバのアフリカ連合(AU)本部の閉じられたドアの後ろで行われている。間もなく、東コンゴの不安定性が再びそこらじゅうに広がるという見通しを警戒し、しかしまたこれらのすべての天然資源からの利益の見通しに興奮して、他のアフリカ政府も関与した。

先月、そのうち11か国が、国連、AU、そして地域的機関とともに、平和計画に調印した。コンゴは、その軍と警察を改革し、権力を分権化し、国民和解に再び取り組むことを約束した。特にルワンダであるコンゴの隣国たちは、武装反乱を支援しないことを約束した。国連は、アイルランドの元大統領メアリー・ロビンソンにその協定を監督するよう頼んだ。カビラ氏はアフリカ中を飛び回り、支援してくれる友人を探した。

コンゴの隣国のほとんどは、その場所を欲望と軽蔑の入り混じったもので見ている。もしカビラ氏の政府がそれほど無能でなく汚れていなければ、全大陸がコンゴの寛大な水、土地、そして鉱物から利益を得ただろうに、と彼らは示唆する。それが、カビラ氏が彼らに平和を保つために助けてくれる対価として提供しなければならないものだ。

南アフリカの政府は、コンゴの水力発電を使うのに熱心で、一方ますます石油が豊富なアンゴラは、コンゴの海洋資源を分け合いたいと思っている。両国ともに、平和を監視するのを助けるために、今月カビラ氏と協定に調印した。南アフリカの大統領ジェイコブ・ズマは、彼の軍隊が役割を果たしたいと思っている。「弱い手がかなり良くやっていた」というのは、カビラ氏のアフリカ外交を表現したものの一つだ。

しかし、そのゲームは終わったどころではない。現地政治、土地と鉱物を巡る紛争、民族紛争は、東コンゴに平和をもたらすための以前の努力をすべて困った立場に追い込んでいる。ンタガンダ氏の逮捕は一つの混乱要因を取り除いたが、彼のM23反乱軍は依然としてコンゴ軍に再統合されなければならない。彼らの土地と政治についての不平は注意する必要がある。多くがM23によって虐待されたその地域の他のグループも、より良い取引を望んでいる。カビラ氏はそれを提供することができないでいる。新しいことは、国際的、そしてアフリカの機関が、より広いアフリカの政府とともに、さらに進むために一緒になっているということだ。
 

発行日: 
2013-03-30
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加