ラナ・プラザでの災害 - 企業の社会的責任

あるぞっとする事故は、すべての社長に、責任を持って行動することの意味することについて真剣に考えさせてしかるべきだ

4月24日のダッカ郊外のラナ・プラザの8階建ての衣類工場の崩壊により、少なくとも400人が亡くなり、更に多くがけがをした。それはたぶん、1984年のボパール災害以来南アジアで最大の産業事故で、衣類工場では史上最悪だろう。現地の警察と産業協会は、その建物が安全ではないと警告していた。オーナーは、伝えられることによると、普通通りに働き続けなかった人々を解雇すると脅すことによって反応したという。

責任の多くは、すべての線の中で、特に政治的コネを持った家主に対しては、全国建設コードの施行を原始的にしか試みようとしなかったバングラデシュ政府にある。運が良ければ、今ではその法は適用されるが、誰も多くは期待していない。

スポットライトは、それ故に、その現地工場所有者からの注文が、中国について世界で二番目に大きな衣類輸出国のバングラデシュでの衣類産業の最近の急成長につながっている、多国籍企業に当たっている。人気のあるブランドは、今、安全に冷淡な無関心しかからわれていない低賃金労働者を搾取しているとの批判にさらされている。ラナ・プラザでのがれきでその製品が見つかった二つの会社(安い英国ブランドのプリマークとジョー・フレッシュといったブランドが含まれるカナダのロブロウ)は、素早く犠牲者とその家族に対する補償を約束した。

しかし、それはそれよりも深く進む。衣類会社は、結局「企業の社会的責任〈CSR〉」で目立っている。遠く離れた工場での労働条件についての以前のスキャンダルに促されて、ナイキやギャップといった会社は、児童労働のような問題に取り組むよう努力している。今、ダッカでの災害は、その製品が「倫理的に作られている」と主張することがどれほど難しいかを示している。それは、供給線が伸びているためだけではない。供給者の供給者について供給者に確認しなければならないのか?それはまた、ほとんど信用できない場所で運営しているためでもある。例えば、西側の多国籍企業はバングラデシュの工場について建設証明を見れば十分なのか?それともすべての柱を確認するために人を派遣しなければならないのか?CSRは道徳的な問題だとみられているが、それは会社の評判とリスク登録の難しい現実問題に降りてくる。

西側企業は、三つの中で一つのやり方で反応するよう選ぶことができる。一つ目は、CSRを忘れ、本国の消費者がその安いTシャツやズボンに含まれる血、汗、涙を無視することを期待して、単に最も安いところどこでも労働力を搾取することだ。それは、多くの小さな企業の暗示的な戦略かもしれないが、どんな大多国籍企業でもそうしていると宣言するほど馬鹿になると想像するのは難しい。

二つ目に、彼らはバングラデシュを諦め、致命的な産業事故のリスクがはるかに小さい国々の工場から買うことができる。例えば、すべてをチェックすることのできない小さな高級市場向けの小売業者にとって、それはかなり意味を成すかもしれない。それはリスクを取り除き、一方でバングラデシュが健康と安全のルールをよりよく監視するよう圧力をかけるだろう。しかし、もし大きな西側の企業がぞろぞろと離れれば、それはバングラデシュだけではなく彼らの評判をも傷つけるだろう。
 

間に合った痛み

三つ目のやり方は、とどまって物事を変えようとすることだ。直近の災害の前ですらも、ウォルマートはそこに火災安全訓練学校を立ち上げており、ギャップは工場所有者がその工場を更新するのを助ける計画を発表していた。衣類産業はNGOやドイツやアメリカなどの政府と一連の会議を行い、バングラデシュの5,000の工場の安全性を改善する戦略を作っている。

素晴らしい。しかし、セーフガードが何であれ、倫理的供給網の無頓着な見込みと腐敗した政治や危ない柱の現実との間の差がある。CSRはいつもユートピア的な要素を持っている。それがバングラデシュで露見したのだ。
 

発行日: 
2013-05-04
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加