始めさせろ - 学生のクラウドファンディング

若者がその未来の権利を売るのを助ける

マシュー・クルプが去年ロードアイランドデザイン校を卒業した時、彼は興味をそそる財務実験の一部となった。学生融資を返済し、新しいデザイン会社の資金調達を助けるために、クルプ氏は、若者や「成り上がり者たち」が、彼らの将来の稼ぎの権利の代わりに現金を彼らに与える意思のある豊かな投資家を見つける助けをするアメリカの会社のアップスタートを経由して38,500ドルを調達した。このクラウドファンディングの新しい応用は、人気と議論の両方を約束する。

最近ヴェンチャー基金やシリコンヴァレー型のものからほぼ600万ドルを調達したアップスタートは、若者への株のような投資を促進するたった一つの組織ではない。別のアメリカ新興企業ぺイヴは、似たようなサーヴィスを開発している。ドイツ企業キャリアコンセプトは、学生が勉強のための資金調達をするのを助け、メキシコ、チリ、アメリカのような国で低所得者の学生に焦点を当てているルムニは、すでにほぼ2,000人の学生が個人や組織から現金を調達するのを助けている。

「人的資本契約」またはぺイヴの共同創業者オレン・バスが好む言い方では「社会的財務協定」の考えは、身の毛のよだつように見えるかもしれない。多くにとって、それは契約によって結ばれた隷属のように聞こえる。しかし、誰かの将来の稼ぎの権利を獲得するという考えは、前例のないことではない。例えば、職業ポーカーでは、選手たちはしばしば、後のどんな勝からも一切れを手にする投資家からしばしば資金を調達する。

ぺイヴとアップスタートは、ビジネス関係のソーシャルネットワークリンクトインと、仲間に新製品に投資される人気のあるクラウドファンディングサイトのキックスターターを混ぜ合わせた提案を開発している。候補者は自分たち自身のほとばしるプロフィールを投稿し、後にその資金で何をするつもりなのかを描く。同じようにプロフィールを投稿する潜在的な投資家は、彼らの目に留まった個人に資金を提供する。

もし投資すれば、その支援者はその人の税引き前所得のある割合を何年間かにわたって受け取る。ぺイヴとアップスタートは、若者が投資家と分け合う所得の割合を選ぶことができるようにしている。代わりに、その見合い業者たちは、投資家からの管理費と同様に、調達された資金のかけらを手にする。ぺイヴは、その「見通し」割合をその将来の稼ぎの10%まで許している。アップスタートはその所得の7%まで提供できる。アップスタートはまた、調達金額の5倍に総支払の上限を設け、誰かが次のグーグルを作った時に、クロイソスのような金額を投資家に手渡す必要がないようにする。

どちらの事業も、依然としてその揺籃期にある。アップスタートの社長のデイヴ・ジロードは、50人以上の人々がそのプラットフォームを使って合計140万ドルを調達しているという。しかし、彼らは幾つかの理由で彼らが急成長できると自信を持っている。一つは、伝統的な融資の金利支払いと違って、ある人の稼ぎが減れば返済は下がる。別の理由は、事業を始めたり、偉大なアメリカの小説を書くという夢を持った若い大卒者は、退屈な会社の仕事をすることなしに学生の債務を返済するために現金を使うことができる。

3つ目の魅力は、これらのサイトはまだそれをオンラインですることを簡単にはしていないが、投資家は、彼らが支援する人々の相談相手となる動機づけを持っているということだ。アップスタートを使っているシャナズ・チョーデリーは、彼女の支援者の一人が、法学校に入るのに必要な教材を無料で送ってすらくれるという。「資金調達のこのやり方の社会的利益は、その等式の50%だ。」別のぺイヴの創業者サル・ラホードはいう。

誰もが感銘を受けるわけではない。クラウドファンディングを研究しているアリゾナの弁護士ジョナサン・フルートキンは、若者が賢い財務決定をする知恵を欠いている、と心配する。「若くなることへの罰則、カネへのさらなる熱望、そして経験不足が、平均的な見通しの人が怠け者契約をすることになる。」彼はぺイヴとアップスタートについて4月にブログ投稿で書いた。

だが、クルプ氏とチョーデリー女史は両方とも、それに伴うトレードオフについて注意深く考えている。チョーデリー女史は、銀行融資よりもむしろクラウドファンディングを選ぶと決める前に、異なったシナリオの下でのありそうな将来の稼ぎについてモデル化した計算表すらも作った。ぺイヴとアップスタートが大きくなるにつれて、彼らはそれほど洞察力のない顧客をすくいだすかもしれない。今のところ、それを使っている若者は、フルートキン氏が彼らに与えたいと思っているよりも信用に値する。
 

発行日: 
2013-06-15
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加