子供の買収 - チリの人口動態

出生率を上げる試み

1990年に戻って、チリの出生率は女性一人につき2.6人だった。2011年までに、世界銀行によれば、その数字は1.8に下がり、南アメリカの最低をブラジルと争っているという。徐々に下がる出生率に直面して、チリの大統領セバスティアン・ピニェラは、その同胞により多くの子供を持つよう懇願している。先月、彼はそうすることに対して彼らにお金を払うことを提案した。

その大統領は、3番目の子供を持った母親に200ドルの支払いで報いる法案を議会に送った。4番目の子供はさらに300ドルのメリットがある。更なる子どもは400ドルの純額を得る。結婚の可否や富に関わらず、すべての母親が適格だ。

その発表は、かなりの量の下品なジョークを促した。異なった母親で3人の子供を持った父親に支払われたのならば、チリ人男性は希望を持って頼まれた。その支払いはすぐに影響力のある保守的なカトリックの分派にちなんで「オプス・デイ・ボーナス」とあだ名された。その批判者が言うには、それは、驚異的な多産さで有名な豊かな保守的な家族を報奨するために設計されたという。女性がより大きな家族を持つためには、より良い保育といったより保守的なやり方がある、と批判者は言う。

しかし、その発表は少なくともその問題を大衆の目にさらしている。チリが今直面している、高齢化する人口と労働力がますますその親たちの年金を支払うことができなくなっているということは、その地域の他の国が明日直面することだ。
 

発行日: 
2013-06-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加