朽ち果てるビット - デジタルデータ

 

世界は歴史を再構築する能力を失っている。より良い規制がそれを直すことができる
 
今年のアメリカの選挙運動の筋道が通るように、2035年の歴史家として自分自身を描いてみてほしい。今ニュースやコメントで活気のある多くのウェブサイトとブログは、すぐになくなるだろう。電子的に貯められたデータは朽ちる。初期デジタル時代の多くのフロッピーディスクはすでに読むことができない。もし運が良ければ、運動素材のコピーや電子メールやほかの素材のコピー(機密から外された公式書類も含む)は公共図書館で利用可能だろう。
 
しかし、あなたはそれらを読むことができるだろうか?すでに、NASAはテープを読むために使う機械がスクラップされ、再建することができないために、月へのもっとも初期の使命のいくつかからのデータを失っている。賢い図書館員は、そのような古い技術をCDやUSB記憶装置で読むことのできる古いコンピューターを注文するよう働き続けるよう望んでいるだろう。しかし、それすらも十分ではないかもしれない。コンピューターファイルは、それを開くソフトウェアなしには何の価値もない。
 
それを避ける一つの方法は、すべてを印刷しておくことだ。もし、耐久性のある中性紙を使えば、これは少なくとも上質皮紙に手書きされた中世の文書とは同程度には読むことができるだろう。しかし、デジタル素材の印刷は、次善の解決策だ。それらは文書を興味深いものにするメタデータを失ってしまう危険がある。電子メールは、積み上げた紙としてよりも、脈絡としてほとんどの意味を持つ。デジタル化された形でのみ、データは吟味され、かみ砕かれる。
 
真面目な研究機関はすでに、ウェブページ、電子書籍、そしてほかのデジタル素材のいくらかをコピーし、5年ごとに新たなハードウェアに移す。ソフトウェアが時代遅れになった時、図書館や会社は、古いOSを新しいものの中で動かすエミュレーターを作ることができる。
 
しかし、その努力は、すでに難しいデジタル人工物の保管をさらに難しくする規制によって妨害される。例えば、アメリカでは、出版社がその生産品につける反海賊デジタル権利管理ソフト(DRM)を迂回することは犯罪行為だ。もしそのソフトが無くなれば、その素材にはもはやアクセスできない。2010年に合衆国著作権局は、特に要求されることがなければ、国会図書館にコピーを置く義務からオンラインだけの作品の出版社を除外した。国立図書館は、彼らの領域で出版されたすべての印刷本のコピーを要求する権利を持っている(そして彼らはまた大量のほかの文書も手に入れている)。しかし、彼らは、それがなければ多くの電子データが暗号化されたわけのわからないもののままになってしまう、ソフトやスマートフォンアプリを集める命令はできない。
 
規制者たちは、その問題について熟考している。5月の初めに、アメリカの著作権局は、DRMの迂回の禁止の除外について議論するために公聴会を開く。イギリスでは、政府が、ソフトメーカーを含んだ出版社に対して、大英図書館に出版から1か月以内に彼らが作り出したもののすべての最終版のコピーを提出することを義務化したいと思っている。提案された法律は、その図書館に、支払障壁やログイン要求の裏に隠れたウェブページや素材を収穫することを許すだろう。たった一つの除外される物は、ソーシャルネットワークとヴィデオや音楽からだけなっているサイトだ。
 
 
 
費用の中にコピーすることを入れろ
 
出版社は、その産業が営業し続けることに苦労しているときに、それが費用になると文句を言う。彼らは、図書館でのアクセスが商業的売り上げと競合し、その製品のコピーできる版が海賊行為を奨励するだろうことを恐れる。
 
これらの不平は少し度が過ぎているように見える。図書館はデジタル素材をみんなに利用可能にはせず、実際に図書館の建物の中にいる利用者にだけだ。提案された英国の規制は、印刷物にはほとんど譲許されない、彼らの素材に対する3年間の封印要求を出版社がすることを許しさえしている。何世紀にもわたって、図書館は最も高い本や雑誌にさえも公共のアクセスを提供している。その原則は、デジタル時代にも維持する価値がある。
 
掛け金は高い。30年前の間違いは、歴史家にとって、初期デジタル時代の多くがすでに閉架(もしくは本自体がない)になっていることを意味する。デジタル素材とそれを開く道具の両方を与えて、図書館により広い権限を持たせることなしに、未来の歴史家は我々の時代を再構築することができないだろう。彼らは彼らが何を失ったかを知ることすらないかもしれない。
 
 
発行日: 
2012-04-28
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加