仮想関係 - デジタル外交

各国外務省はソーシャル・メディアのコツをつかんでいる

中東でのアメリカのミッションへの先週の暴力的な攻撃の数分後に、その国のカイロの大使館はすでにツイッター上にあった。それは、アメリカ国民のための緊急番号をツイートした。それは、エジプトのムスリム同胞団がアラブつながりで抵抗運動を支援したと非難した。そして、それは、アメリカのリビア大使クリストファー・スティーヴンスの殺害に悔みのツイートをした仲間にお礼を言った。

ようこそe外交の新しい世界へ。またはより思い上がって「21世紀の政治術」へ。歴史的に、政府は外交を、ほとんどが閉じたドアの後ろで会う、抜け目なく慎重なものにした。今では、彼らは、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、そして中国のマイクロブログのシナウェイボーのような現地のソーシャルメディアサーヴィスも使っている。

このオンライン活動の多くは、政府が別の国の国民と直接コミュニケーションを図ることを意味する、「公的外交」だ。しかし、e外交は、ほかの目的にも簡単で安い道具である。災害への反応、情報収集、そして関係管理だ。外交官の中には、彼らの間で情報伝達するためにツイッターを使っているものもいる(多くは自分の電子メールを読まない)。

予想できる通り、アメリカが先頭に立っている。その国務長官ヒラリー・クリントンが2009年に彼女自身の21世紀型外交術を始めて以来、国務省はたくさんの「フォロワー」(購読者)を持った194のツイッターアカウントと200のフェイスブックページを生み出している。国務省は事実上、クリントン女史に革新を助言するアレック・ロスの言葉を借りれば、「世界的メディア帝国」を運営しているのだ。

多くのほかの国々は、はるかに遅れている。約20の英国大使館が、今ツイッターを行っている(おそらくその中のいくつかはその国のツイッターをしている外務大臣のウイリアム・ハーグに感銘を受けたものだ)。ロシアの外務省は、40以上のツイッターアカウントを持っていると言われる。イスラエルはe外交をより利用するだろうと発表している。国内でソーシャル・メディアと厳しく検閲している中国でさえも、それを外国での外交ツールとして利用することに関心を持っている。

多くの国では、依然として個人が、政府の仕事というよりもむしろ自分たち自身の目的のために、オンライン外交を押している。ブラジル大統領のジルマ・ルセフとスウェーデンの外務大臣のカール・ビルドは、ツイッターに多くのフォロワー(そして力強いメッセージを書くコツ)を持っている。アメリカでは、最も重要なe外交は、ほんのたまにしか自分のツイートをしないが、バラク・オバマ大統領だ。ほぼ2,000万人のフォロワーの彼の聴衆は、ヴェネズエラの独裁的なヒューゴ・チャヴェス(340万人)やロシアの首相ドミトリー・メドヴェージェフ(150万人)を小さく見せる。

ワシントンD.C.のシンクタンク、ブルッキングス研究所のフェローでe外交の研究の著者でもあるファーガス・ハンソンは、つながらないことは政府にとって不利になっていると論ずる。メルボルンでのインド人学生に対する犯罪が人種問題に動機づけられたものではないかとの疑いが起こった後の2010年に、インドからの大学願書の数が半分に減り、オーストラリアの大きな所得源であったものを減らした(インド人はその国で学ぶ外国人学生の二番目に大きな集団だ。)二人の中国人学生がひどい目にあわされた今年の4月に、その国の元首相ケヴィン・ラッドはシナウェイボーに急ぎ、その問題を調査することを約束した。みんなが穏やかになった。

ソーシャル・メディアが外交的準備を改善すると論ずる者もいる。国務省は5つの言語のソーシャル・メディアを監視し、例えば公使が仲良くすべきある国の影響力のある人物にフラグを立てる。そのような情報で、外交官は事件をより予測できるようになり、それらに反応しなければならない。「もし#tahrirのハッシュタグを先に発見していなければ、我々はアラブの春によりよく準備できていただろうか?」在レバノン英国大使(でツイッター外交官)のトム・フレッチャーは尋ねる。

だが、e外交には批判者もいる。彼らは、ソーシャル・メディアとインターネットの自由を押すことによって、アメリカは多くの外国を、ネットワークがアメリカの帝国主義の別のトロイの木馬であることを説得しているのだ、と語る。「インターネットはワシントンのデジタル外交官の代理人となるにはあまりに価値がありすぎる。」著名なブロガーのエフゲニー・モロゾフは語る。ソーシャル・メディアは外交を再発明しないが、単にそれに付け加えるだけだというものもいる。世界の指導者とそのお気に入りは、依然として面と向かって会わなければならない。

そして、それほど多くのツイートするタレーランがいるので、常にe外交の危険がある。6月に、ノーベル賞経済学者のポール・クルーグマンのエストニアの経済政策に批判的な記事に反応して、その国の大統領トーマス・ヘンドリック・イルヴェスは、彼を「独りよがりで横柄で気取り屋だ」と呼ぶためにツイッターに熱中した。戦争を始めるのにツイートを待て。
 

発行日: 
2012-09-22
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加