自由を取る - デジタルマネー

仮想の資金洗浄家の生活は難しくなっている

ニューヨークでリバティ・リザーヴ(LR)と現在と過去のその7人の従業員に対して起こされた刑事告訴は、デジタル通貨の世界を揺らしている。被告は、クレジットカード偽造者、ID泥棒、ハッカー、薬物密売者のための「サイバー犯罪世界の金融ハブ」として活動したと申し立てられた、資金洗浄活動をしたとして罪に問われる。当局は、2006年から2013年の5月の間にLRが5,500万の取引を行い、60億ドルを洗浄したと推計する。それは、国境を越えた資金洗浄の歴史で最大の事例になる。

LRのウェブサイトが閉鎖され、規制者が仮想通貨は反資金洗浄ルールにより精を出して従うべきだと警告するので、サイバーに熱中するものたちは、どのデジタルマネー事業が次に賢察の視界に入るかについて謎を残されたままだ。違法薬物のオンライン市場であるシルクロードで広く使われる仮想通貨のお気に入りであるビットコインに注意が向くのは避けられない。

しかし、その二つは同じではない。LRは、ルールを破るために設計されたものだが、本質的にデジタルのウエスタン・ユニオンやペイパル以上のものではない。利用者は名前、住所、誕生日を提供しなければならなかったが、その会社はその情報を確認しなかった。それは取引ごとに1%と、(LRのシステム内ですらも)後を追えないことを確保するための「秘密料金」を課した。規制を避け、書類の後を残さないようにするために、LRは利用者の預金や資金引き出しを、第三者の「交換者」を通して行った。

ビットコインは、むしろドル紙幣の束のように、中央決裁所に頼ることなしに移転できるので、より正しい通貨に近い。しかし、日本にある交換所のMt.Goxのようなビットコインを中央銀行の発行した資金と交換する事業は、リバティ・リザーヴに似ている。彼らは、もしあまりに多くの汚れた金がビットコインを通して流れ始めたら、検察によって追われうることがわかった。5月14日に、連邦の代理人は、資金移転に関する法律に従っていないとして、別のオンライン移転サーヴィスであるDwollaにあったMt.Goxの口座からの資金をいくらか押収した。

もし検察がさらに多くの事件を探すのならば、もっともありそうな目標は、利用者の認証なしに金を動かすことができるオンラインの支払いサーヴィスだろう。単に「顧客を知っている」やほかの反洗浄規則を適用しているふりをしている数は、何重にも上ると考えられる。LR事件は、規制者をビットコインのようなデジタル貨幣革新に対してより慎重にするだろう。

その事件は、そのような運用の後を追うことがいかに難しいかを強調する。LRの創業者アーサー・ブドフスキーは、当局に何年も知られていた。(今では消滅したデジタル通貨のE-Goldの本拠である)免許を受けていない資金移転会社を経営したとしてアメリカで訴追された後に、彼はその事業をコスタ・リカに移した。現地の規制者が懸念を増したとき、彼は偽の規範遵守したポータルを設計したと言われ、それから実際にはそれを地下に潜らせる一方でその会社を閉鎖したふりをした。

しかし、犯罪と戦う人々の技術も進化している。秘密のLR口座を作り出すのと同様に、彼らはインターネット接続を盗聴し、電子メールアカウントとインターネットプロヴァイダーへの捜査令状を作成した。検察局は彼らのサンバー犯罪研究所を大きく調査している。デジタルの困難さを容易にする資金移動事業は、ますます前に進み続けるのが難しいとわかっている。
 

発行日: 
2013-06-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加