下町 - 都市の経済多様性

都市が衰退しはじめるとき、彼らを救うことができるのは経済多様性だ

デトロイトの最新の産業は、その町の朽ち行く物理的社会資本を記録した写真である「廃墟ポルノ」だ。その自動車の町は、アメリカの中西部から北ヨーロッパにかけての産業都市を悩ませている衰退の極端な例だ。それらの興亡(そして時には再生)は、町をまとめまた引き裂くより深い力を明らかにする。

いずれにしても、経済学者にとって、都市が存在すべきかどうかは全く明白ではない。群衆は、混雑と費用の掛かる土地や労働力を意味する。しかし、固まることへの良く知られた利点もある。交通費用が十分に高いとき、企業は、安い土地や労働力で節約するよりも、ものを消費者の群に運ぶのにより多くのカネを費やすかもしれない。専門技能を持った労働者は、彼らを雇う企業の類のそばにいるためにそのような群に集まる。そのような労働者は町を成長する企業にとってより魅力的にする。職と労働者の深いプールは、雇用主と従業員の組み合わせを改善し、生産性と給与を押し上げる。

競争に近づくことの利益もある。自動車産業の黎明期に、デトロイトの企業家たちはライヴァルに注意し続け、幸運な少数が見事に成功するまで、設計やビジネスモデルを微調整するために学んだ。シリコンヴァレーの技術的新陳代謝は、似たような競争的協力によって力づけられている。

新しい企業や労働者が、混雑の費用を加えるよりも多くの価値を他の居住者のために作りだすとき、都市は経済学者が「規模についての収穫逓増」と呼ぶものを享受する。大都市は、成長するにつれ、より魅力的で生産的になるのだ。収穫逓増は、わくわくさせる成長へのレシピだ。1880年から1940年まで、デトロイト大都市圏の人口は1,300%近く増えた。人口の増加は、住宅の混雑の費用が上がるにつれ(住宅と社会資本への投資が機関を進め続けるが)、しばしば減速する。しかし、事業をすることの費用の大きな変化は、町の重力的引力をまとめて破壊しうる。

モノを動かすことのインフレ調整費用は、20世紀の間に90%下がった。より安い運輸は、企業がもはや深い市場に接続するために混雑してあつまる必要がなく、より安い土地と労働力を持った土地に動きうることを意味する。工場は、都市中心から郊外に、そしてそこからより貧しい地域や外国に立ち去った。産業の成熟は、その過程を一緒に助けた。例えば、自動車メーカーが破壊的な起業家から落ち着いた優良企業に進化するにつれて、産業都市が提供した雇用と所得の成長の機会はまた、よりゆっくりと成長し、移民をより魅力的な場所にそらした。

ひとたびはじまると、スランプは自身の生活に発展しうる。地元の課税基盤の侵食は、地方政府の増税と公共サーヴィスの削減につながりうるので、劣化を増幅する。財政が悪化するにつれ、地方の借入はより高くなり、投資を抑制する。デトロイトの町は、この過程に二重に打ちのめされ、豊かな家計の郊外への喪失と、より広い都市圏の衰退に苦しんでいる。その破綻は、財政の死のらせんの終点だ。

衰退はまた、貧困の罠を作り出すかもしれない。2005年の論文の中で、ハーヴァード大学のエドワード・グレイザーとペンシルヴェニア大学のジョセフ・ギョーコは、その都市の好況時代に建てられた住宅は一晩で消え去ることはないと注記した。むしろそれは、経済が停滞するにつれ、価格を抑えている供給過剰に加わる。住宅価格が建設費用以下に下がる時、新しい建設活動は急ブレーキをかけて停滞し、全体の住宅在庫は悪化する。下落する価格は、より貧しくて未熟練の労働者を他の所から惹きつける、とグリーサー、ギョーコ両氏は説明する。貧しい人々や生産性の低い人々にとっての町の魅力が増すことは、人口減少の過程を遅らせるが、それはその町が方向転換を行いうる可能性を減らす。

デトロイトでは、絶えず悪い政府がさらに復活の可能性を悪化させた。しかし、不運はいつでも最後のわけではない。ほぼすべての先進国の産業都市が1950-80年の間に厳しい時代に陥ったが、ボストン、ニューヨーク、そしてロンドンを含んだいくつかは、すぐ後に立ち直った。ボルティモア、ピッツバーグ、そしてリヴァプールのような不毛な場所もまた、復活を享受している。

ペンシルヴェニア大学のギルス・デュラントンとマドリーの金融財政学センターのディエゴ・プガは、新しい論文の中で、熟練労働者のプールと多様な経済が、長期的成功の最高の予測者に含まれると示唆する。そのような特徴は、都市に規模の収穫逓増への新たな素に出くわす最良の望みを提供する。

例えば、運輸通信費用の下落は、低費用のライヴァルが競争することができるようにして、ニューヨークの繊維産業を破壊した。しかし、これらの力はまた、ファッション、メディア、金融のようなその町の知識産業の収益を増しもした。技術はカネが世界中を動くことを簡単にしたが、金融企業と労働者の両方は、取引の実践の横にとどまるために、事業サーヴィス企業のそばにいるために、そして最もよく合った仕事を見つけるために、中心のそばにとどまることを選んだ。ニューヨーク、ロンドン、そして地域の中心が受益者だった。
 

煙突と象牙の塔

ピッツバーグとボルティモアでは、大きな研究大学が経済多様性と新しい技術・生命科学クラスターを立ち上げるための技能基盤の両方を提供した。デトロイトは、対照的に、自身の成功の犠牲者のようだ。その支配的な自動車メーカーは、単一産業の町を作りだした。その良い賃金での工場労働者への需要は、他の種類の議場を持った労働者の供給を圧倒したのだ。ヘンリー・フォードはまた、二人の他の産業の大物であるアンドリュー・カーネギーとアンドリュー・メロンがピッツバーグに与えたものに相当する大きな大学を供給することを無視した。経済的燃料の新しい源を欠くのに十分なほど不運な産業都市は、その衰退が避けられないことを発見するかもしれない。

Free Exchange欄より
 

発行日: 
2013-08-17
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加