テストの時間だ - ナイジェリアでの運転

なぜナイジェリアの道路は恐ろしいことになりうるのか

「トラフィケート」運転教官は言う。「トラフィ、何?」「トラフィケート!トラフィケート!」彼は左を身振りで示し、繰り返す。それは、首都アブジャの混雑した火曜日の午後で、記者はナイジェリアでいかに運転し、方向指示器を出すかについてレッスンを受けている。

交通事故はナイジェリアで3番目に大きな死因だ。世界保健機関によると、その国は10万台の車につき、年1,042人の死者がおり、世界で最も高い路上致死率の国の一つだ。合衆国と英国での数字は15と7だ。

悪路と車の悪い手入れは部分的な責任しかない。ひどい運転が主要な理由だ。4月に、北部の州のヨベのポティスクムの町で、バスが午後6時の外出禁止に間に合うように駆けつけたので、20人が亡くなった。

「ほとんどの人々はどうやって運転するか知らず、道路標識すらも知らない。」教官のサンディ・ネヘミアはいう。詰まった交差点は、発作的にしか動かない信号か、帽を持った交通警察に管理されるか、もしくはまったく何もないかで、運転手が最善を尽くして戦うがままにしている。「ゴー=スロー」(ナイジェリア語で混雑)により、渋滞に何時間もはまり込まされる。運転手の中には、通り過ぎるのに歩道を使うものもいる。運転手たちが対向車をにらみつけるために道路から注意をそらし、彼(ほんのたまに彼女)をwakaとして知られる5本指のあいさつで脅して、道路での怒りは普通だ。警笛はナイジェリアの車の重要な特徴で、運転手の指は恒常的にその範囲内で漂う。

連邦道路安全委員会は、ついに人々が自動車学校に行き、1回目の免許を得る前にテストを受けるのを義務付けた。以前には、車の後ろに乗ったことがないかどうかにすら関わらず、免許を約30ドルで手に入れることができた。「ナイジェリアのほとんどの事故は、ヒューマンエラーによってだ。」ネヘミア氏は言う。「人々はいつでも急いでいる。」

ナイジェリアの経済が成長するにつれ、交通量は、車が現在の800万台から2020年までに4,000万台になって、増えることが予想される。2002年にたった3人の生徒で始めたが、今ではアブジャにある27の認定された自動車学校の中で最も多くの生徒を持っているネヘミア氏は、「防衛的運転技術」と見出しを付けた部分を強調するブックレットをレッスンの終わりに発行する。「ナイジェリアの道を運転することを学ぶ必要がある。」彼は陽気に言う。
 

発行日: 
2013-06-08
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加