教育と階級 – アメリカの新たな貴族政治

知的資本の重要性が増すにつれ、特権はますます遺伝性になっている

8月に共和党大統領候補者の最初の討論会が開かれるとき、そのうちの3人は父親も大統領に立候補した人になるかもしれない。誰が勝ったにしても、その次の年には空いては元大統領の妻になるかもしれない。相続される地位に敵対する原則で設立された国がこれほどまでに王朝に寛容なのは奇妙だ。アメリカは一度も王や君主を持っていないので、エリートが固定化するという兆候について、ときどきそれほど気にしないように見える。

トーマス・ジェファーソンは、国にとって有益な有徳で才能のある自然の貴族政治と、国をゆっくりと窒息死させるだろう富と出生によって成し遂げられた人工のそれとを区別した。ジェファーソン自身は、義理の父から11,000エーカーの土地と135人の奴隷を相続したすばらしい弁護士であり、その両者の雑種だが、その区別は耐久力があるとわかった。

今、それがわかり始めている。現在の金持ちはますますその子供たちに、数晩カジノで遊んだくらいでは使い切れない資産を残しているからだ。それは富よりも遙かに有益なもので、相続税に傷つけられないもの、つまり頭脳だ。

知的資本は岸城経済を動かすので、知識をたくさん持っている人はたくさんパイのかけらを得ることができる。そしてそれはますます相続可能になっている。前世代よりも遙かに、賢く成功した男性は賢く成功した女性と結婚する。二つの学位を持った家庭は一般的に二つの大きな所得を得るので、そのような「近縁婚」は、ある推計によると、不平等を25%増す。力のあるカップルは賢い子供たちを得、安定した家庭で彼等を育てる。出産する大卒女性の内、たったの9%が見込んであるのに対して、高校中退者ではそれは61%に達する。職を持った人の子供たちは4歳までに福祉で生活する人の子供たちよりも3200万語多く聞く、といった具合だ。

解決法は、豊かな人々がその子供たちに投資することをくじくことではなく、きちんとした親を持てなかった賢い子供たちにより多くのことをすることだ。出発点は、農がもっとも順応性があり、正しい種類の刺激が最大の効果を持つ幼児期だ。子供たちに話しかけ読んで聞かせるのに親の代わりはいないが、特にもっとも苦労している家庭には、良い保育園は役に立つ。学校には実力主義を導入すべきだ。そうすればより多くの生徒を惹きつける良い学校は成長し、悪いものは閉鎖するか乗っ取られるかするだろう。大学も実力主義を導入する必要がある。学問の実力にのみ基づいて入学を認めている大学は少数なので、全てがそうすべきだ。国はその学位によって卒業生がどれだけの見返りを得たかについての透明性を大学に求めることで役立てる。

出生と成功とのつながりを緩めることは、国を更に豊かにするだろう。あまりにたくさんの人材が現在無駄にされているのだ。それはまた、国をより団結させるだろう。

 

発行日: 
2015-01-24
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加