ついに人気を博している - 教育技術

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

北ケンウッド=オークランド学校の校長は、ソフトウェアに人間の介在を混ぜたこの種の教育は、その生徒たちがより速く学ぶのに役立っている、と語る。それはまた、他のチャータースクールと同じように公的資金で運営されているが好きなように教えるいくらかの自由があるこの学校の教師たちに、書類仕事や退屈な単語や数のドリルを通して生徒を導くことにそれほど時間を費やさず、教育により多くの時間を使うことができるようにしている。そのうえ、その学校は、そのさまざまなプログラムが集めて分析するデータを通して、それぞれの子供の成績の正確で継続的な記録を得る。

技術が教育を革命できるという考えは、新しいものではない。20世紀には、ほぼすべての新発明が学校に大きな示唆を持つと考えられた。タイプライター、動画、映写機、教育テレビ、コンピューター、そしてCD-ROMを促進している会社はみな、学生の成績が改善することを約束している。1990年代終わりのドットコムブームの時に、大量の資金が教育のためのコンピューターに流れ込み、それらが作り出すだろう違いへの大きな主張が提出されたが、ほとんど役立たなかった。

これらの主張は完全に間違ったわけではなかった。賢く、動機づけられた子供たちの中には、そうでなければ得られなかっただろうことを学ぶのに新しい技術を使ったものもいる。多くの教室でも、コンピューターが、効率性を改善し、生徒たちを関わりつづけさせるために使われた。しかし、それらは、推進者が予言したようには学びを変えなかった。それ故に、現在の革新の波に対してなされる主張について懐疑的になるのは賢い。しかし、深遠な変化が起こっていると信じるべき理由もある。

20世紀中に、大量教育は、より多くの字が書け、数字が読め、かつてのどの世界よりも生産的な人口を生み出した。しかし、それはふつう、教師がステッキで黒板をたたくときに時間割を繰り返す子供たちが一団となり、非人間的なやり方でなされた。学校は、たくさんの教師を雇わなければ、それぞれの子供に仕立てることはできなかった。

子供の進み具合を見守る教育計画は、遠い昔により豊かな家庭で雇われた個人チューターや家庭教師のような役割を果たして、それを変えることができる。それぞれの子供の反応から得られるデータは、その子が次のコンピューター画面で何を見たり聞いたりするかを仕立てるために使うことができる。同じデータはまた、その子の能力や不足を継続的に調査できるようにし、学校、教師、そして親に、生徒自身と人の学び方両方を理解させる。

業界で「適応的」と呼ばれるそのような学び方だけが、技術が現在の教師や生徒たちに提供する利点ではない。ウィキからポッドキャスト、そして訓練ビデオまで、オンラインの資料は、子供たちと大人の両方が、学校や大学で学ぶ代わりにでも、補完としてでも、自分で教育を追い求めることができるようにする。この分野での発展を近くで追いかけ、その財団にいくらかの資金拠出しているビル・ゲイツの言葉では、それは「教育での特別な時」だ。

それは幾分かは、情報技術一般にとって特別な時だからだ。その場で集められた大量のデータを使い意味を成すようにする制度を設計するためのその能力と考え方は、時期が来ている。これは、生徒が教わったことの薄れる記憶を統治する「衰退曲線」のようなものの後を追うことを可能にする。より速い処理、広く利用できるブロードバンド、そしてクラウドコンピューティングの資源のおかげで、多かれ少なかれ、すべてがめだって安く提供されるようになっている。ゲイツ氏は、1時間のビデオをオンラインに置くのに、1990年代後半ならば400ドルかかったという。現在、それは大体2セントだ。

けれども、楽観主義の主要な理由は、教室から来る証拠だ。アメリカの州立学校での教育技術の採用は、ジョージW.ブッシュによって署名されたNo Child Left Behind法(落ちこぼれ防止法)の中の、生徒の成績を測る要件によって後押しされた。オンライン学習は、学校が提供できる限られたカリキュラムを拡大する方法を探していた田舎のアイダホを含んだいくつかの驚くべき場所で最初に取り上げられた。バラク・オバマのトップへの競争計画は、革新の意思がある州が何十億ドルもの金を利用できるようにし、さらなる一押しを与えた。6月の初めに、彼の政権は、5年以内にアメリカの学生の99%が高速インターネット接続できる環境にする計画を発表した。

前進し続けているこれらの学校は、かなり良くやっている。カリフォルニア州サンノゼの7つのチャータースクールチェーンであるロケットシップは、伝統的な教育法を、数学、読み書き、読解で、少なくとも1日1時間の個別化されたオンライン教育と混ぜ合わせている。その低所得の生徒たちは、その州で最も豊かな地区に住んでいる人々よりも良い成績を収めている。東海岸にわたって、ノースカロライナのムーアスヴィルの小学校区の管理者マーク・エドワーズは、2009年に10歳以上のすべての生徒たちのためのラップトップでの個人化された学習を導入した。彼の地区はいま、生徒当たりの資金で底に近くなっているのに、その州で一番成績のいい学校の一つだ。2009-12年の間に、数学、化学、そして読書で熟達していると考えられた生徒の割合は、73%から88%に上がった。

これらの学校からの証拠と同様に、特定の種類のソフトウェアの有効性が研究されている。教育省は、読み書きプログラムの評価をするのに4年を費やした。それは、読書で遅れている学生を助けるプログラムのリード180は、大人の読み書き能力と戦うのが上手だと結論付けた。教師が数学での弱みと強みを見つけるのを助けるコグニティヴ・チューターの、オクラホマでの400人の15歳の間での無作為管理試験は、そのプログラムを使った子供たちは、管理グループの熟達度と同じ水準に12%少ない時間で到達した。

一方、自宅教育の形で広く使われるオンライン教材を作り出したカーン・アカデミーは、なぜそれが教育技術の新星の一つとして考えられるかの事実を提供し始めている。オークランドの頑固なインナーシティのオークランド・ユニティで、代数と幾何での16-17歳のテストの点数が、カーンのコースが導入されて以来大きく上がっている。これらのコースはいま、すでにアメリカで最も成績の良いものの一つである、同じくカリフォルニアのロス・アルトス学区によって採用されている。カーン・アカデミーは、教育技術が伝統的教育の目先を変えることのできるやり方を正確に指摘する。その「裏返った教室」の中で、生徒たちはもはや教室の中で講義をされ問題を宿題として設定されることはなく、家で教育ビデオを見て、先生や同級生が助けることのできる教室で問題について勉強するのだ。
 

投資家にとってのゲーム理論

けれども、要するに、この最新の教育技術の波は、あまりに新しく折衷的なので、その価値が決定的にはわからない。それは、依然として、ほとんどが異なったかけらを縫い合わせる問題なのだ。ルパート・マードックのニューズ・コーポレーションの子会社アンプリファイだけが、子供への統合されたカリキュラムを提供する(タブレットで利用できる)製品を持っていると主張する。調査はまた、技術の教室での使われ方は、少なくともそれをそこで持つのと同じくらい重要だ、とも示唆する。「さまざまな形のオンライン学習のよって生み出された結果のついて実際にどれだけ少ししか知られていないかは狼狽するほどだ。」かつてプリンストン大学の学長で、MOOCSとして知られるオンラインコースのおかげで革命されている分野でもある高等教育における技術についての新著の著者でもあるウィリアム・ボーエンは語る。この不確実性は、会社がたくさんのカネをその成功に賭けることを止めていない。いくつかの大きな教育会社は、1990年代以来大きく技術に投資している。ピアソンは、それが過去10年間で教育事業での技術更新に90億ドル以上を費やしているという。ニューズ社もまた、ニューヨーク市の学校の元学長(で一時反トラストでゲイツ氏の勝てない敵だった)ジョエル・クラークによって経営されるアンプリファイに大きく投資している。ニューヨークのDUMBO地区の古い倉庫にあるアンプリファイの事務所は、学生や教師が新技術を使う教室だけではなく、新しいコンテンツを作り出すためにソフトウェア技術者、グラフィック・アーティスト、心理測定学者、そしてゲーム設計者と一緒に働く元教師のグループも含んでいる。

アンプリファイやそのほかの所での新技術の多くは、ゲーム産業やソーシャルネットワーク事業で学ばれているものに強くすがっている。ゲームは生徒たちをより没頭させる、と、数学と科学を教えるための相互作用ゲームを開発するディメンションUの創業者ンティエンド・エトゥクは語る。たくさんのプログラミング、デザイン、そして芸術性が、学生たちがお互い競争したり助け合ったりすることのできるアプリづくりに入っており、それは成功した活動に報いる。アメリカと同様に、パキスタン、サウジアラビア、香港、英国、そしてニュージーランドの子供たちによって使われている主要な地球規模数学ウェブサイトの一つマスレティクスは、子供たちが資格を取り、国際指導者委員会に出席し、その分身の更新購入に使うことができる「金の硬貨」を得ることができるようにする。ワシントン・ポストによって所有される教育会社カプランは、画面上にバッジを表示することによってよい成績を認識することができる学習ゲームを考え付くために、すべての種類の産業で働く「ゲーム化」専門家バッジヴィルとの提携を発表した。

教育へのこのすべての潜在力への応用に資金拠出するほかの組織には、ピアソンのようにすでに教科書やほかの資料で教育業界に供給者として立場を持つ会社、大きな新市場(アップルは去年アメリカの教育機関に300万台のiPadを売ったという)を見る技術をすでに打ち立てている会社、そして教育技術を大きな機会として見るほかの事業を打ち立てている会社が含まれる。

それから、教育技術が新しいものだと宣言しているアメリカのヴェンチャー・キャピタル・クラウドによって支援された新興企業の一群がある。コンサルタント会社のGSVアドヴァイザーズによれば、教育技術への投資は2012年に11億ドルに上がったという。4月にスコットデールで開かれた教育革新サミットには、投資家志望者がうじゃうじゃいた。新会社からのプレゼンテーションがいっぱいだった。2011年の教育部門への投資は、名目値でドットコムのピーク時とほぼ一緒で、量の点では多い。
 

ジャンプへの障害

データが導く技術は、発展途上国での教育により影響を持っているかもしれないが、第一の投資と実験の大きな波は、大きな技術産業、その分野で経験を持ったヴェンチャーキャピタリストと慈善家、そして熱心に新しいことに挑戦する文化を持ったアメリカでだ。それはまた、大きいもの(州立学校のカリキュラムはますます統一的になっている)とニッチ(特化した学校で)の両方で、市場の見通しを持っている。

このすべてにとって、教育技術をアメリカの学校に持ち込むための手ごわい障害が依然として存在している。これらは、平凡なものから思想的なものにまでわたる。アメリカの1.3万の学区は、依然として、ゆっくりと、同期しない循環で、そして購買過程の目の回るような列に従って、その教科書と装置を更新している。元ワシントン州の議員で教育政策コンサルタントのグレン・アンダーソンは、教育は、何が教科書に書かれるかということからクラスに何人の子供たちがいるかと言うことまですべてにわたってルールが統治することができる、高度に規制された公益事業だということを強調する。そして地方政治家はルールや政策を予想できない形で変えることができる。それは、その技術をたくさんの学校に入れたいと思っている新興企業に問題を引き起こす。シリコンヴァレーのヴェンチャーキャピタリストアンドレッセン・ホロヴィッツは、その問題をとても深刻に受け止めているので、学校や学区が主たる購買者であるいかなる教育技術投資も避けている。

これを避ける一つのやり方は、小さな会社が既存の大企業の教育部門によって包み込まれることだ。アンプリファイの中核となった個人化学習企業のワイヤレス・ジェネレーションは、ニューズ社に2010年に3.4億ドルで買収された。マクグラウ=ヒル・エデュケーションは、オンライン成績計測を提供する会社のブッケットを2011年に、適応的学習会社のアレクス・コープを6月に買った。ピアソンは、別の個人化学習企業スクールネットを2011年に2.3億ドルで、高等教育へのオンラインサーヴィスを提供するエンバネット・コンパスを6.5億ドルで2012年に買った。

そのような複雑な市場で購買契約を勝ち取る困難さに取り組まなければならないのを避ける別の新興企業戦略は、製品を与えることだ。これは、学生、教師、そして親に自分でその技術を採用したり、それがより利用されるようになるよう押したりするよう説得するだろう、と会社は望む。クイズレットはこのやり方でフラッシュカードツールを提供する。コース推薦サーヴィスのヌードル、宿題を助けるクレッグもだ。彼らの理論は、一度その技術が広く使われれば、高価な提案に金を支出するよう学校を説得するのがより簡単だろう、と言うものだ。

学校を買うように説得するのは、けれども、ただの第一段階だ。アメリカの教師組合は、正しく訓練された人間を、技術とより低い資格の人材の何らかの組み合わせか、たぶん技術だけかに置き換えるという隠れた議題を恐れている。組合は、彼らの学区に住む人々へのそのような仮想学校の限られた入学を計画的にゆっくり提案しているように見えるものを含んだ、オンラインのチャータースクールを閉鎖するよう訴訟を起こしている。

これらの懸念は、完全に根拠がないわけではない。サンノゼのロケットシップの学校の教師たちは、地元の現在の率よりも20%多く稼いでいるが、彼らがオンライン学習研究室で1対1で働いているとき、100人までの子供たちを一つの教室で持つ。これは、ロケットシップが似たような大きさの学校と比べて低いコストでできるようにする。それはまた、生徒一人についてより少ない教師がつくことを意味する。組合はまた、より多くの技術は、教師の成績への非常な監視を伴うのではないかと疑う。それは、ゲイツ氏が調査を助けるために教室ごとにカメラを置くことを提案した時に補強された心配だ。

このすべてが教師に与える約束は、彼らのより退屈な仕事が自動化されるかもしれないのでそれほど苦役ではなく、彼らのクラスをいかに認識するかについて働くとき興味深い新たな挑戦だ。もしその技術が教室での追加の手として使われるのならば、教師たちはより多くのことができることがわかるだろう。アメリカ教師連盟は、英国企業のTSLエデュケーションとともに1,000万ドルを、教師たちに授業計画やほかのヒントを共有させるウェブサイトのsharemylesson.comと呼ばれる合弁事業に投資している。最近ヌードルによって買収されたニューヨークの新興企業ロアは、教師たちが授業内容や評価を共有し、生徒たちが教師やお互いに対話をかわすことができるフェイスブックのようなプラットフォームを開発している。エドモドと呼ばれる似たようなネットワークは親も参加できる。

たとえ教師やその組合が説得されても、2つの心配が残る。一つは、このすべての生徒データが何に使われるかだ。「我々は毎日多数のデータを得る。」個々の生徒にコンテンツを適応させ、その生徒が失敗した時に簡単に言い当てることができるようにする方法を提案するニューヨークの会社のニュートンの創業者ホセ・フェレイラは語る。「我々はかつて誰かについてどの会社が知っていたことよりも多くを、利用者について知っている。」ビッグデータを伴うほかの事業と同じように、そのような情報蓄積が間違って使われることを想像するのは簡単だ。

2つ目の心配は、このすべての変化の利益は、最後には、すでにオンライン資源を最も利用している豊かで賢明で動機付けの高い人々に不釣り合いにもたらされるということだ。けれども、その心配は、見当違いかもしれない。正しく使われれば、教育技術は、もがいている人と素晴らしい人々の両方に、より高い成果への道を提供する。要点は、すべての子供たちの潜在性を最大化することだ。

外交問題評議会が最近報告したように、アメリカは教育で国際ランキングを滑り落ち続けており、過去30年間で、高卒者で1位から10位に、大学生で3位から13位に落ちている。教育技術は、もしそれが政治、官僚制、そして時代遅れの組織構造にケチをつけられなければ、この傾向を反転させうる。今は前に出る機会のない国々もだ。
 

発行日: 
2013-06-29
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加