青からのヴォルト - 電力市場改革

政府は電力市場の抜本的な改革を始める
 
1974年に保守党政権は石炭在庫が徐々に少なくなることを懸念して、電力を保つために週3日制を制定した。採鉱者による産業の反応が、当時不足の責任があった。今、政治家は、もしそのエネルギー部門の更新をすぐにしなければ、英国が再び停電に直面しうると警告する。そしてもしその警告が劇的ならば、電気が生産され取引されるやり方を変えるという政府の提案は、それに劣ることはない。
 
英国は今、非常に規制されていない、競争的なエネルギー市場を持っている。しかし、そのシステムをそのままにすることは、エネルギー大臣のエド・デイヴィが5月22日に起草原案を紹介した時注目したには、「国益に沿わないだろう。」ということだった。多くのその国の発電所は、非効率だったり、汚染していたり、古かったりするために、閉鎖に直面している。エネルギー会社は、新たな設備に投資するよりも、その資産を酷使する傾向にある。結果として、発電能力の20%程度は10年以内に動作しなくなる。英国はまた、多くの場合、商品をむき出しの外交の道具に使うロシアから、ますます輸入に頼るようになっている。
 
最近、英国のほぼ半分のエネルギーはガスから作られている。さらに28%は、最も汚染をもたらす燃料である石炭からきている。再生可能技術は、現在の供給のたった7%を占めているにすぎない。これは、温室効果ガスの排出削減と、2020年までに再生可能資源から15%のエネルギーを得ることを約束する野心的な政府と合っていない。それを成し遂げるために、電気のはるかに大きな割合はきれいな資源から来なければならない。
 
これはすべて、高価になる。産業規制者は約2,000億ポンド(3,150ドル)を2020年までに支出する必要があると計算する。投資は、現在のところ年間に40-60億ポンドだ。しかし、英国でのより環境にやさしい電力への動きは、すでに高い請求書に狼狽している有権者を激怒させることなしに成し遂げられなければならない。エネルギーコンサルタント会社のブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンスのブライアン・ポツコウスキは、電気市場改革を予防的外科手術に例える。その外科医は何をしようとしているのか知っているのだろうか?
 
その法案は、低炭素時代への長期的契約を導入する。これらは、企業に高い前払い費用を埋め合わせることができるよう保証するために、請求書を通して消費者によって支払われる、それぞれの技術から生み出される電気の最低価格を定める。その契約は、電源ポートフォリオの拡大と減少する能力の置き換えもする一方で、その国が排出目標に合わせる助けとなるきれいなエネルギーと原子力への投資を引き起こすことを意図している。その政府は、それがまた、消費者に、かつてないほど上がっていることを示し始めている、変動する燃料価格の「ホックをはずさせる」と主張する。大臣は、それが今しているような率で化石燃料を燃やし続ければ、請求書はより速く上昇するだろうと警告する。
 
その市場は確かに発電経済の変化に適応する必要がある。石炭やガスといった伝統的な電力資源にとって、発電者の主要なコストは燃料の価格であり、立ち上げと運用費用はかなり少ない。その等式は、燃料(風や太陽)が無料の再生可能エネルギーや比較的安い原子力では逆転する。それらでは、前払い費用がかなりかかり、収益を上げる何年も前にしばしば支払われる。何らかの形の長期的保証なしには、規制緩和された市場はより低炭素な投資をひきつけない、とコンサルタント会社PWCのローナン・オレーガンは注目し、だから低炭素発電への何らかの誘因が必要となるだろうという。しかし、政府は、少なくとも今のところはオークションのような市場インセンティヴを使わないことを選んでいる。
 
その法案草稿は、現在の規制のない市場から中央集権型のものへの巨大な180度転換を表している。2011年6月の再生可能エネルギーへの「ロードマップ」でその政府は、2020年までにどれだけのエネルギーを違う電源から作りたいかを特定した。その連合は、あからさまに親原子力だ。その新しい法案は国の介入を増やす。2013年に、それぞれの技術の最低価格は特定されるだろう。契約価格の中には、プロジェクトごとに決められるものすらある。それは「競争の無意味さをもたらす。」と、環境コンサルタント会社のE3Gのトム・ブルケは語る。
 
勝者になりそうなのは、最も高価なエネルギー形態のいくつかだろう。例えば、政府は、2020年までに英国の再生可能エネルギーのほぼ1/5を海上風力発電で占めるようにしたいと欲しているが、公式推計によれば、海上発電は今のところガスによる発電の2倍から3倍の費用がかかるという。はるかに安い技術の陸上風力はたった12%を占めているにすぎない。原子力発電所の真の費用は、そのような施設が最初に建てられて以来何十年かで下がるのではなく上がっているが、大臣たちは8つを新設することを望んでおり、すでに選んだ場所を一覧にしている。
 
その法案草稿がエネルギー投資の現在の日々を壊すのに十分なほど細かく書かれているかどうかは疑わしい。いかに価格が決められるか、どれほど頻繁にそれが見直されるか、そしていかに契約が実行されるか、ということは依然としてはっきりしない。契約の形についての不確実性は、エネルギーへの政府価格保証の耐久性についての投資家の恐れを増している。英国の政治家はすでに、ほかのヨーロッパ政府がしているように、太陽光発電への補助金に漕ぎ戻している。
 
エネルギー市場改革の運用失敗の対価は高い。燃料価格が上がり続けるだろうという政府の予測は間違っているかもしれず、今のように高い電気の請求書を電力会社のせいにして叩くことはできないだろう。もし政府がそれが間違っていると理解すれば、すでに懐疑的な消費者は気候変動を和らげるためのさらなる努力に背きうる。大衆はすでに、彼らが環境エネルギーに高く支払っていると、誤って信じている。そして環境への姿勢は硬化している。2005-10年の間に、世論調査会社のIpsos MORIに、気候変動に関心がないと答えた人の割合は、15%から27%に上がっている。
 
電気需要は英国が景気後退から立ち上がるにつれ再び増すだろう。その国は、明日、より多くの能力を必要としないが、間もなくそうなるだろう。一方、立法過程は長引き、政策の詳細を記した書類は長くなりより複雑になっている。「私にはプランBがなんなのかわからない。」コンサルタント会社デロイトのダニエル・グロースヴェナーは語る。経済についての議論からあまりに一般的な句は、しかし、エネルギーにも適切になりうる。
 
 
発行日: 
2012-05-26
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加