脅かされる現金 - アフリカでの電子支払

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

ポール・エドワーズは、有料テレビと携帯電話をアフリカにもたらした。今度は電子支払だ

「満足した人々は革新しない」アフリカで電子支払のためのスイッチと線を供給する企業であるエマージング・マーケット・ペイメンツ(EMP)の社長、ポール・エドワーズは語る。エドワーズ氏は確かに休まないタイプだ。1990年代の初めに、彼は南アフリカの有料テレビ会社でアフリカの他の部分にも拡大したマルチチョイスの社長だった。数年後、彼はアフリカ最大の携帯電話会社MTNを経営した。EMPは彼のアフリカでの3つ目の大事業だ。その目標は、かなりの所に銀行がない大陸に電子支払いサーヴィスをもたらすことだ。

アフリカ人のたった15-20%しか銀行口座を持っていないが、60-70%は携帯電話を持っている、とエドワーズ氏は語る。携帯電話のクレジットは、すでに料金決済の手段として使われている。ケニアのGDPの1/4は、その国の形態マネーサーヴィスであるM-Pesaを通って流れている。銀行と携帯電話の浸透率の差は、電子支払いサーヴィスの隠れた需要の規格だ、と彼は語る。アフリカのほとんどの取引は現金で決済されるが、徐々により多くの顧客が電子支払いの安全性と便利さを選びそうだ。EMPはそのような取引が滑らかに流れるよう確保する仕組みを打ち立てている。

エドワーズ氏は、彼が積もり積もった需要を見ているところにかけるのを好む。彼は、貧しい人々でさえも国営放送の代替に対して支払うだろうという直感で、アフリカに有料テレビを持ち込んだ。彼のもっとも勇敢な賭けは、MTNが事業をするのが厄介だということで悪名高いナイジェリアで携帯電話の免許を取得するのに2.85億ドルを支払った2001年だった。その国は当時、ほんの数十万の固定電話回線しかなかった。「私はここには確かに潜在的な需要がある、と考えた。」エドワーズ氏は語る。彼は昔の会社に電話し、ナイジェリアに1,000万の有料テレビ視聴者がいると教わった。もしテレビに支払う余裕があるのならば、携帯電話を買う余裕もある、と彼は理由づけた。ナイジェリアはいまMTNの収入の30%を占める。

マルチチョイスとMTNは、より危険な場所で運試しをする前に、南アフリカで打ち立てられた。対照的に、EMPは、プライヴェートエクイティ会社のアクティスによって設立された純粋な前線市場企業だ。そのルーツはエジプトにchip-and-pin支払い技術をもたらすためにヴィザによってはじめられた事業である地中海スマートカードにある。EMPは、銀行、クレジットカード発行者、または通信会社が支払いを行うために使うことができる、全大陸に渡るプラットフォームの共通基盤として2010年にそれを買収した。それはいま、中東とアフリカの35か国で130の銀行によって使われている。それは、支払いを決済し、店舗にPOS端末を提供し、顧客のために発行したカードに個人情報を刻む。

支払いのプラットフォームを運営するには、専門的技能が必要なので、銀行はその仕事を信頼できる第3者に喜んで外注する。EMPがより多くの顧客を惹きつければ、それは更なる規模の経済を刈り取る。単一のプラットフォームは、国境を越えた資金支払いをより速く、安くする。銀行はサーヴィスをいくつかの国で同時に始めることができる。大きなアメリカの支払い会社であるファースト・データが地域的な組織の束から進化するのに何年もかかった。汎アフリカ版はより素早く現れそうだ。しかし、それは簡単ではないだろう。エジプトでのEMPの買収から6か月後、革命が起きた。政府はインターネットと携帯電話網のスイッチを切った。(その会社はそれからその収入の10%をシリアで稼いでいたヨルダンで事業を買った。今その割合は0だ。)

携帯資金の早い吸収はEMPを助けたかもしれないが、その成功はそれに頼らない。M-Peseの成功は、幾分かは銀行が電話会社が金融サーヴィスを提供するのを止めようとしているために、ケニア以外では期待に応えていない。しかし、EMPのオープンアクセスのモデルは、銀行のカードか携帯電話のどちらが電子支払いの主要な手段になるかについてあいまいだ。

政府も電子支払いに熱心だ。「現金使用や受領がより少なくなれば、より多くの人々が公式な納税する経済に引きこまれる。」エドワーズ氏は語る。EMPは、カメルーンのドゥアラ港で完全のキャッシュレス支払いを管理する契約を勝ち取った。紙なしの制度は遅れと不正を減らしてしかるべきだ。その会社は支払いに使うことができる国民IDカードの導入についてナイジェリア政府とともに作業している。「人々はリスクなしに支払いをする必要がある。」彼は語る。「そして現金はその仕事をしない。」
 

発行日: 
2013-09-14
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメントを追加