炭素捕獲は開発のために熟した機会だ - エネルギーと環境技術

その過程は機能するが、公的な動機づけはほとんどない

数年前、温室効果ガスの管理に反対する合衆国のテレビで放映される広告は、次の言葉で結ばれた。「二酸化炭素。彼らはそれを汚染と呼ぶ。我々はそれを生命と呼ぶ。」

その広告は、なぜ誰かがCO2に懸念を持っているかもしれないのかの理由のその皮肉な困惑のために、環境運動家たちによってあざ笑われた。だが、それは、気候変動の脅威を解決するもっとも見通しのあるやり方の一つであるようにいま見えるものを指し示す。二酸化炭素を解決されるべき問題ではなく、利用すべき機会としてみるのだ。

もし世界が大気中の温室効果ガスの長期的な上限を持っているのならば、燃焼する化石燃料からの排出を捕らえ貯蔵することは重要なことのように見える。

石油、ガス、そして石炭は世界のエネルギーの約80%を供給し、いかに今後数十年間でそれが必要不可欠ではあり続けないようにするかを見極めるのは難しい。

しかしながら、彼らの温室効果ガス排出の管理を管理するのは、極度に難しい。1時間当たりのメガワットの電気ごとの排出をほぼ半分にした石炭から天然ガスへの発電方法の交替は合衆国でいくらかの印象的な影響があったが、どれだけ進歩ができるかについては制限がある。

豊かな国々の政府に支持された監視団体の国際エネルギー機関は、世界中でのシェールガスの豊富な埋蔵量が生産技術の進歩によって鍵を解かれている「ガスの黄金時代」が3.5度の世界的気温上昇につながるだろう、と今年警告した。

しかしながら、炭素捕獲技術の開発は、遅れと後退に悩まされている。

例えば英国では、潜在的に10億ドルの資金にふさわしい4つの炭素捕獲計画の候補者名簿を、10月終わりに政府が発表した。前の政府が4つの候補者名簿を決めてから4年以上がたっていた。「2020年までに」商業炭素捕獲工場の操業を見たかったけれども、英国は今ではそのゴールを「2020年代」だと言っている。

合衆国、カナダ、オランダ、そしてほかのいくつかの国でも計画は棚上げされている。

より一層の進歩を推進するために政府と産業をまとめている国際的なシンクタンク、グローバルCCS研究所は、ここまで12か月で9つの新しい計画が立ち上げられたが、8つが取り消された、と10月に語った。

それは警告した。地球規模の温度上昇を受け入れられる上限に保ちそうな水準に二酸化炭素の排出を保つためには「かなりの数の新しい計画が増加する必要があることははっきりしている。」

炭素捕獲が新しい技術である、ということがそれほど問題となっているわけではない。その過程の要素のすべては、今では使われているからだ。むしろ、それを大規模に行うには管理が難しく、高価だ、ということが問題なのだ。

はっきりとした経済的動機付けなしには会社はその技術には投資しないし、先進世界中で公的と民間の両方で金融制約があるので政府がこのような動機づけを供給するのは難しい。

結果として、炭素捕獲の最大の進歩は、典型的には石油回復の強化といったほかの目的に二酸化炭素が使われる計画で起こっている。

1970年代以来、石油会社は二酸化炭素を油田に注入し、より多くの原油を絞り出している。テキサスでは、かなりが自然界から、それを得るためにトン当たり約30ドル払っている。

それは依然として利用できる方法の多くを使った炭素捕獲の費用よりも安いが、費用は下がるという広い望みがある。

ゼネラル・エレクトリックとノルウェーのサーガスは、トン当たり30トンをかなり下回る望みのある、そのCO2排出の90%を捕らえるだろうガス火力発電所を売る合弁事業を立ち上げた。

今のところ、会社は、政府の助けを得た石油回復のために炭素捕獲計画を推進している。

シアトルのサミット・パワーは、石油回復のために使われる年に約300万トンのCO2を生産する西テキサスに建てられた400MWの石炭火力発電所のテキサス・クリーン・エネルギー・プロジェクト〈TCEP〉で進歩している。

ジョージアのサザン・カンパニーは、同じように石油回復のための炭素捕獲能力を持った石炭火力発電所をミシシッピー州ケンパーに建設している。TCEPのように、その技術は石炭のガス化とそれからそのガスを燃やすことを伴う。サザンとその提携者の土木工学会社KBRは、費用を下げ続けるをの助けるためにCO2を売りながら、「豊富で利用されていない石炭資源によって生産されたきれい、安全、信頼できる、そしてお手頃なエネルギーを供給する方法として、世界中にその技術を売っている。

世界の発電所によって生産されたすべてのCO2のための市場を供給するのに十分な世界の石油産業からの需要はないが、きれいな空気タスクフォースのような環境グループは、炭素捕獲をより商業的に魅力のあるものにすることによって、強化された石油回復はそれを効率的な技術にするのに必要な時間を大きく5-10年減らしうると論ずる。

しかしながら、潜在的にはより興味深い別のやり方がある。石油会社のBPやコノコフィリップスとともにヴェンチャーキャピタルの後押しを受けた別のテキサスの会社スカイオニックは、産業廃棄ガスからCO2を捕らえ、それを商業価値のある炭酸や重炭酸に鉱化する技術を開発している。

その過程は既存工場を改造することができ、しばしば議論を呼ぶCO2の地下貯蔵を必要としない。

それはまだ初期段階だが、それがお手頃価格で大規模に作ることができるならば、それは世界が化石燃料の悪影響を避けながらそれを使い続けることができるようにするのに重要な役割を果たすだろう。
 

発行日: 
2012-11-12
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加