外国でのヨーロッパ - ヨーロッパの海外派兵

軍隊を外国に展開するヨーロッパの能力は落ちているが、マリはそれが依然として必要だと示す

若い男たちが戦争に行く時、危険を避けたものに憤りが向かう。イラクでは、アメリカ人たちはフランス人をチーズを食べる降伏した猿だと非難した。マリへの介入で、フランスの政治家は、聖戦士たちとの戦いで特にヨーロッパの仲間がいないことによって狼狽している。

フランスの保守的な野党指導者ジャン=フランソワ・コぺは、「いまのところ、わが国だけが前線に立っている。」と不平を言うものの一人だった。ル・モンド紙の漫画家プラントゥは、フランソワ・オランド大統領を戦いに乗り込むタンタンとして、そしてヨーロッパ連合をその車から「あなたと一緒にいるよ!」と呼びかける喜劇的に不適切な警察官のデュポンとデュボンとして描いた。

そのような批判は厳しい。英国人、ベルギー人、デンマーク人、イタリア人、ドイツ人、そしてカナダ人は空輸支援を申し出た。アメリカ人は諜報と空中給油を申し出ることを考えている。普通EU外相のキャシー・アシュトンをあざけるフランスの高官たちは、1月17日に彼女が緊急外相会談を開き、マリへの計画された軍事訓練ミッションの展開のスピードを上げる準備ができていることに喜んでいる。

しかし、現実はフランスだけがその民兵たちを押し返すのに危険な道に軍隊を置いている。秋に北部マリの再征服を主導する予定だったアフリカ軍はめちゃくちゃに送られているが、多くがその能力について心配している。ヨーロッパやアメリカでは、誰もサヘルにタリバン型の避難所が出現することによっておこる危険について議論していない。(フランスではない)ある上級安全保障筋にとって、その地域は「アル=カーイダの最も早く成長するフランチャイズ」になっている。

その地域のかつての植民地宗主国として、そして聖戦士たちの脅威の目標として、フランスはほかの国よりも鋭く危険を感じている。そして、ヨーロッパ諸国の中で、フランスと英国だけしか急に外国で戦う意思と手段を持っていないというのが事実だ。フランスは決して前線の役割を望んではいない。代わりに、彼らは多国籍の西アフリカ軍の中にヨーロッパの訓練ミッションに包まれた小さなフランス人専門家の分遣隊を送り、すべてを南部マリが民主主義に戻り北のいくつかの反乱軍と和解することを促進する政治的戦略にくるんで、国連の任務で封をすることを望んでいた。聖戦士たちの南部への先制襲撃こそがフランスの間接策を放棄するよう強いたのだった。

依然として、マリはEUの(短期で展開できる約1,500人の兵士の編隊である)「戦闘集団」が引き受けうる偶発事件の一種だ。現在当番の「ワイマール戦闘集団」は、フランスとドイツが寄与して、ポーランドが率いている。しかし、すでにアフガニスタンに関与しているポーランドにとってマリはあまりに多すぎる外国での戦争だ。そして、ドイツはいつでも軍隊を送ることに二の足を踏む。2007年に打ち立てられたその戦闘集団は一度も行動を起こしたことがない。彼らへの熱狂はすでに衰えている。6か月ごとに二つの戦闘集団が準備することになっているが、寄与の欠如により、これは一つに減っている。

フランスが自主EU軍の考えを呼ぶように、ヨーロッパ防衛は不幸な歴史を持っている。フランスは1954年にヨーロッパ軍の考えに失敗した。1990年代のバルカン戦争中のヨーロッパ諸国のアメリカ依存のより、1998年のサン・マロサミットでトニー・ブレアとジャック・シラクによってはじめられたより大きなEU軍事力の考えが生き返った。しかし、その計画は、フランスがNATOを侵食しようとしたことを恐れたアメリカと衝突し、それから2003年のイラク戦争での仏英のいさかいによって止まった。2009年にフランスがNATOの指揮下に戻ることを再確認した後で、アメリカはより強いEUの軍事的役割を奨励している。しかし、去年英国は新しいEU軍事本部の計画に拒否権を発動した。英国などの要請で、NATOがリビアでの戦争の責任を負い、EUを傍観者のままにした。

今、新たな仏英実用主義が地位を得ている。フランスは慎重に組織づくりを脇に置き、英国は静かに穏やかなEU作戦の利益を受け入れている。もっとも目につくのは、ソマリアでの反海賊海軍警備のアタランタ作戦だ。去年、1機のイタリアのヘリコプターが海賊の補給基地を襲うために送られた。EUは今では、(ウガンダを拠点にして)ソマリ軍への訓練ミッションを行い、ソマリアのアフリカ介入軍のために支払い、自国の沿岸を守るために近隣諸国を訓練している。これは海賊行為を減らしており、ソマリアでのより良い未来への望みを増やしている。このうちのいくらかはサヘルに応用されている。堕落したマリ軍の訓練は別にして、EUは資金と兵站でアフリカの分遣隊を助ける。それはすでにニジェールで軍隊を訓練しており、間もなく新たなリビア政府がその国境を守る助けをするかもしれない。
 

魅力的ではないが、避けられない?

フランス人は単独でやることをやむをえないと感じるかもしれないが、出ていくためには彼らはEUとアフリカ諸国に頼らなければならないだろう。フランスと英国は初日に戦う野望を維持するけれども、そのすべての欠点にもかかわらず100日やそれを越えて安定を維持するのを助けるために彼らはEUを欲する、ということをマリは示す。

ヨーロッパの戦略的見通しは変わっている。アメリカが軸を太平洋に移すにつれ、ヨーロッパは自身の安全とその「隣近所」の安定について責任を持つ必要がある。しかし、そうするための彼らの手段は衰えている。債務危機は、しばしば調整されない方法で、彼らの防衛予算の削減を多くの国に強いている。英国とフランスも節減している。

より多くの資金、兵士、装備があったとしても、外国の戦争での成功の公式は不思議なままだ。イラク、アフガニスタン、そしてリビアでさえも、西側の介入の成功例の資格は決してない。ヨーロッパ人の中には、これらが海外での冒険の欲求を終わらせるだろうことを望んだものもいる。しかし、マリでの戦争は予期せぬ形でやって来て、避けられないかもしれない。良きに就け悪しきにつけ、それは最後のヨーロッパの介入ではないだろう。

Charlemagne欄より    
 

発行日: 
2013-01-19
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加