ああ、無情 - ヨーロッパの起業家

ヨーロッパは、ユーロ危機を持っているだけではなく、成長危機も持っている。それは、野心的な起業家を奨励するのに慢性的に失敗しているためだ
 
東ベルリンのザンクト・オーバーホルツは、その地区のどのバーよりも流行だ。落書きに覆われたドア、傍若無人なアート、鋭いファッション、そしてBGMのビースティ・ボーイズ。それは、生まれつつある大事業家を探すような場所には、最初は見えない。しかし、彼らの存在には大きな意味がある。ヨーロッパの文化は、起業家にひどく無愛想だ。新興企業を巨大なものに育てようと思うことは、ピアスやパフォーマンスアートのように、まったくカウンターカルチャー的なのだ。
 
オーバーホルツは、ベルリンの若い新興企業シーンの中心になっている。それは起業家的な人材を世界中からその町に集めているのだ。常連は、コンピューター・プログラマーたちが「協働」地区で潜在的なボスたちとコーヒーを飲みながら歓談している2階から出発する。一度彼らが資本をひきつければ、彼らはそのカフェがオフィススペースを安く貸し出している上階へ移る。立ち上がっている事業は、しばしばベッドを机に使っているそのカフェのアパートに動くかもしれない。立ち上がって5年目になる音を分かち合うウェブサイトサウンドクラウドは、その初期をオーバーホルツで過ごした。オンライン・プライヴェート・ショッピング・クラブのブランズ4フレンズもそうだった。急速に拡大する電子ブックプラットフォームのTxtrは、そのアパートの一角に依然としてプログラマーを住まわせている。
 
それは、事業を始めるのに魅惑的な場所だ。ベルリンの若々しい顔をした前途有望な人々は、ほかの場所ではほとんど十分な誘惑と症例を売ることができないので、その場所は好都合だ。彼らはその会社を成長するのを助ける専門的経営者を雇うのに苦労する。ヨーロッパの高級職は極端にリスク回避的だからだ。彼らの若い会社は、既存のヨーロッパの会社が小さな会社と取引することを好まない傾向にあることをすぐに見つけるだろう。ほとんどの資本源は彼らを避ける。規制が彼らを拘束する。そして、ほとんどがそうなるだろうが、失敗すると、彼らはただ埃を落としてすべてをやり直すことを許されない。ヨーロッパでは、事業の破裂は道徳的な失敗同然の永続するシミを残す。
 
 
 
巨人は皆老いる
 
大陸ヨーロッパは成長へ向かう新たな事業作り出すのに問題を抱えているとデータは示す。多くの国にわたって比較できるデータを収集するグローバル・アントルプルヌアーシップ・モニターによれば、2010年に「初期段階」の起業家は、イタリアの大人人口のたった2.3%、ドイツの4.2%、フランスの5・8%を占めているにすぎないという。ヨーロッパ諸国は低い。そして多くの場合かなり低い。中国の14%やブラジルの17%は言うに及ばず、アメリカでも7.6%なのだ。
 
ヨーロッパの起業家たちは、数も少なく、その見通しについても、悲観的だ。会計会社のアーンスト&ヤングによる研究は、去年、ドイツ、イタリア、そしてフランスの起業家たちは、アメリカ、カナダ、ブラジルの起業家たちよりも、自国を新興企業を始める場所としてはるかに信頼していないことを示した。フランスの起業家で自国が最善の環境を提供していると言った人はほとんどいなかった。ブラジル人の60%、日本人の42%、そしてカナダ人の70%が、母国ほど良い場所はないと考えているのにだ。次のマイクロソフトやグーグルを生み出す最善の機会を持っている町はどこかと聞かれて、アーンスト&ヤングのビジネスマンたちは上海、サンフランシスコ、そしてムンバイを選んだ。(公平を期して言えば、ロンドンの名も見ることができるが。)
 
このすべてにもかかわらず、ヨーロッパはたくさんの売店や理容店などを生み出している。それが十分に生み出していないのは、素早く成長し、最後には大きくなる革新的な会社だ。2003年にヨーロッパの起業家的な差を分析して、欧州委員会は、1990年代にアメリカの中規模企業の19%が急成長していると分類されたのに対して6つの欧州連合諸国では平均たった4%だったと示した研究を引用した。世界中の起業家を促進するカウフマン財団は、新たな職の提供にアメリカがヨーロッパを凌駕している一つの理由は、オンライン小売のアマゾンやオンラインオークションのイーベイといった新しく急成長する会社を生み出す能力があることだと説得的に論ずる。そして職の点でいえば、新たな小さな企業が付加的利点を持っている。彼らは既存の大企業よりも、たくさんの労働者をアジアの安い供給者にアウトソースしそうにない。
 
ヨーロッパは、いつもそれほど遅れているわけではない。英国の産業革命が1848年以後に大陸に広がった時、野心と資本へのアクセスが若者を遠くに連れて行くことができた。アウグスト・タイセンはドイツの鉄鋼グループであるタイセンクルップを設立し、ウージェンヌ・シュエレールがフランスの美容帝国ロレアルを創立し、A.P.モラーはデンマークの海運大手A.P.モラー=マースクの行く手を定めた。ヨーロッパの大企業の大多数は、前世紀の変わり目に生まれた。ドイツの中企業の多くもそうだし、ロンバルディアからスコットランドの低地帯に至るまでの製造業者の群もそうだ。
 
世界大戦後、ヨーロッパはこの多産さを回復していない。その荒廃はヨーロッパ人をかつてよりもさらにリスク回避的にした。1914年以前に密接につながっていた市場は、バラバラに戻った、とロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの事業歴史家レスリー・ハンナは語る。それは、特に欧州連合の単一市場の前の数十年間で、新たな企業が規模を作り、巨人に成長する能力を制限した。シンクタンクのブリューゲルのニコラス・ヴェロンとトーマス・フィリポンによる世界の500の大きな公開企業の分析によると、ヨーロッパは1950-2007年の間に、ヨーロッパはたった12の新しい会社を生んだだけだという。アメリカは同じ期間に52を生んだ。ヨーロッパは1975-2007年の間にたった三つの新しい大きな上場会社を持っただけだった。そのうち二つは、大陸ヨーロッパよりも起業に対する姿勢がアメリカにより近い英国かアイルランドで始まった。ヨーロッパの大きな非公開会社も、ほとんどが1950年以前からのものであり、しばしば大昔のものだ。
 
もしヨーロッパがより起業家的だったら、それほどに貧弱にしか大企業を生まなかったことはなかっただろう、とその委員会からのみんなが言う。そして、それはより成功した新たな技術企業を生み出しただろう。起業家精神は、インターネットを通して出てくる必要はないが、過去数十年間で多くのそれがそうだった。ドイツのように技術教育を受けた人を豊富に備えた経済がたった一つの世界的に重要なBtoCのインターネット会社を生み出していないということは、起業家精神に大きな問題があることを示唆する。
 
「なぜグーグルはドイツで作られなかったのか?」昨年の会談でオンライン音楽サーヴィスのナップスターの元社長コンラッド・ヒルバースは尋ねた。リスクをとる起業家的文化の欠如が、彼の答えの一部だった。デンマーク人とスウェーデン人によって設立されたインターネットの音声・ヴィデオ電話企業のスカイプ、スウェーデンのオンライン音楽サーヴィスのスポッティファイ、そして英国のオンライン貸し手のウォンガのような企業は、その絵がありえたほど悪くないことを示唆する。しかし、ヨーロッパの起業家たちは、依然としてインターネットを十分に代表していない。「けれどもいくらかの生命の兆候がある。」ヴェテランのイスラエルのハイテク起業家で「エンジェル投資家」であるヨッシ・ヴァルディは語る。その地域は「半睡眠」だと。
 
 
 
十分なレッドブルではなく、あまりに少ないヴァージン
 
ヨーロッパは起業家的な成功物語を持っている。もっとも豊かなのは、ファストファッション帝国のインディテックスを設立する前に13歳で衣料品店で働き始めたスペインのアマンシオ・オルテガだ。オーストリアには、エナジー飲料メーカーのレッドブルを始めたディートリッヒ・マテシッツがいる。フランスには、消費者に極度の低価格を提供して携帯電話革命を始めたシャヴィアー・ニールがいる。英国にはリチャード・ブランソン卿がいる。しかし、そのリストは短い。そして、リチャード卿を除いた多くのヨーロッパ人起業家は、彼らの成功を隠す。オルテガ氏は決してメディアインタヴューを受けない。彼の写真はたった2枚しか公表されていないようだ。スウェーデンの家具小売りIKEAの億万長者の創業者イングヴァル・カンプラードは、注意深く金権政治家の雰囲気のどんな兆しも避ける。
 
多くの意欲的な起業家たちは、単に去る。シリコンヴァレーには約5万人のドイツ人がおり、サンフランシスコのベイエリアにはフランス人創業者の500の新興企業があると推定されている。彼らがそこで見つけた一つの事は、失敗する自由だ。もしフランスであなたの会社が倒産すれば、2度目のチャンスはない、と急速に成長する事業ネットワーキングウェブサイトであるヴィアデオのフランス人創業者ダン・サーファティは語る。何が起業家を妨げるのかを発見しようとして、その委員会は去年破産枠組みを調査し、多くの国が、破産のほんのわずかな部分が完全な詐欺であるだけだが、誠実に破産した起業家を多かれ少なかれ詐欺師のように扱っていることを見つけた。失敗した起業家を何年間も刑務所に拘置する国もある。英国は破産後12か月でその債務を免責する。アメリカでは、普通、より早い。その委員会によれば、ドイツでは、再出発をするために6年がかかると予想する。フランスでは、9年だと予想する。ドイツでは、破産すれば大会社での上級職を人生にわたって禁止されうる。
 
二番目に重要な障害は、金融だ。「友人、バカ、そして家族」から100万ユーロ(120万ドル)もの最初の資本を得ることはかなり簡単だ。ドイツのオリヴァー、マーク、アレクサンダーのSamwer兄弟のような技術起業家は、最初のドットコム・ブームで富をなし、そのようなとても若い新興企業のエンジェル投資家になった。ドイツでは、起業資金は過去5年間でだいたい5倍になった、とミュンヘンのヴェンチャーキャピタル企業アーリーバード・ヴェンチャー・キャピタルのヘンドリック・ブランディスは語る。
 
考えを本当のビジネスモデルに変えるよう働くために企業が必要とする150万から400万ユーロで、資金は絶望的に供給不足だ。年金基金のような機関投資家は、ヨーロッパのヴェンチャーキャピタルを不良資産だとみなしている。ヨーロッパのヴェンチャーキャピタル企業は、ドットコムバブルがはじけた後の2000-10年の間に、カネを失った。ヨーロッパのヴェンチャーキャピタルに投資された合計資金は、2007年の82億ドルから去年の41億ドルに半分になった。その多くは、民間投資家からよりもむしろ政府から今では来ている。
 
ヨーロッパに素晴らしい考えを持った十分な野心的な起業家がいれば、資金はアメリカや他の所からやってくると論ずる者もいる。これにはいくらかの真実もある。しかし、とても若い企業に資金を入れる投資家は、自分の言語と文化で運営することを好む。だから、新興企業はほとんどが自分の国からの支持者に頼っている。
 
企業が、成功のように見えるものを打ち立てるための2,000万ユーロかそこらまでの調達を探しているときの資金調達の第三段階では、アメリカの資金はたくさんの失敗を相殺するために大ヒットに頼っているので、そのようなことは起こることが知られている本国か、高成長の新興市場で起業家をより支援しそうではあるが、それはますます利用可能だ。そしていずれにしても、ヨーロッパの起業家は、彼らが2,000万ユーロの段階に到達するずっと前に緩衝物に当たっている。
 
三つ目の大きな障害物は労働法だ。もし若い企業がほとんど終わりそうな失敗や変動する需要を生き残るつもりならば、彼らは必要な時に職員の費用を素早くそして安く減らすことができる必要がある。それは、多くのヨーロッパ諸国で他の所よりもはるかに難しい。ヨーロッパでの人の解雇の複雑さと費用はアメリカのヴェンチャーキャピタルの大きな懸念だ、と去年ニューヨーク証券取引所に上場したフランスのスマートフォン用チップメーカーのセカンス・コミュニケーションズの社長ジョージ・カラムは語る。あるボストンの基金は、フランスの創業者がアメリカで事業を開始しようとしたが、家族の都合でフランスに戻らなければならなくなった新興企業へのその投資を引き揚げた。
 
大きな解雇パッケージに支払う費用(もっとも最近に雇った人にさえも6か月分の退職手当を払うのが普通だ)は、小さな企業にとって巨大な消耗になりうる。「サンフランシスコと共産主義の中国では、私は1か月か2か月分を支払うだけだ。」そのような敏感な問題に名前を載せることを望まない、悩まされているフランスの社長は語る。大きな解雇パッケージはまた、新興企業が彼らを大きな舞台に連れて行くことができる専門的経営者の求人をすること難しくしている。経験のある幹部は、やめることによって得られるそのような安心させるとっておきのものを差し控えることを嫌う。
 
2005年にスペインのオンラインヴィデオ会社モブズを始めたアニル・デ・メロは、金融危機の始まりで彼のできたばかりの会社が破綻するのを見た。彼は、破産が彼に新たな始まりを与えるだろうと考えた。しかし、事業債権者を処理した後、スペインの社会保障は彼の代わりにその会社の従業員に支払った退職金の返済を取り出すために、彼をさらに5年間追い回した。デ・メロ氏はほぼ完全に起業家になることをあきらめた。代わりに、彼は、労働法がそれほど邪魔をしないスイスで、携帯電話の利用者のローミング料金を下げる次の会社を立ち上げた。
 
そして、ヨーロッパの事業創業者は、起業家の主要な武器を行使することが難しいことがわかる。新興企業を雇用主にとって魅力的にするストックオプションと自由株だ。新規雇用者に自由株を与えることの法的複雑性は、法外に高い、と定期的にグーグルの株式単位を渡すグーグルから人材を現在引き抜こうとしているある起業家は語る。誰もがそれをしないよう助言する、と彼は語る。それは、起業家が人々をより危険な経歴に動かすよう試みる能力をさらに制限する。
 
すべてのこれらの制限は、ほかのものに感銘を与えるだろう起業家的成功的なものを、その大陸に欠乏させたままにしている。ガレージの中の狂人のために働きに行くことが億万長者への大博打を提供すると考えるものはほとんどいない。パリッ子の選択肢は、もしセルゲイ・ブリンの父親がロシアを発った後にアメリカの代わりにフランスを選べば、その息子がグーグルの共同創業者になる代わりに象牙の塔のコンピューター科学者になれるだろう、ということだ。
 
オッズは彼らに対してとても不利なので、ベルリン、ロンドン、ヘルシンキやほかのいくつかの場所で見られる事業の希望のきらめきは、見たところ不釣り合いな望みの原因となっている。もし必要な野生の心がこれらの状況で生き残ることができるのならば、もし邪魔されなければ彼らはどれほど繁栄できるだろう?
 
 
 
自由にあこがれて
 
それらは需要を抑圧し、金融をかつてないほどに難しくしているが、大恐慌とユーロ危機はヨーロッパ人のリスクの認識の長期的な変化をも特徴づけるかもしれない。幹部たちにとって、大会社が職員を解雇しているときに新興企業に参加することは、それほどのギャンブルではない。スペインでたくさんのテレコム会社を設立したアルゼンチン人の一連の起業家のマーティン・ヴァーサフスキは、その危機な2007年に始まったので、彼の今の事業である世界的なWi-Fi共同体のFonが求人するのは目立って簡単になったと語る。彼が雇いたかった技術者は、電話大手のテレフォニカやメディア会社のプリサを選んで彼を拒絶したものだ。今では、これらの会社は人々を解雇しているので、高い資格を持つ人々は新しい会社に入ることにより積極的だ。
 
「なぜあなたの会社からシリコンヴァレーに動くべきではないのか」と呼ばれた去年のスペインの起業家へのプレゼンテーションの中で、ヴァーサフスキ氏は、ソフトウェア技術者の給与は、現在カリフォルニアよりもヨーロッパで70%低いことを指摘した。何百万人もの若者が仕事を探している。そしてヨーロッパでは若い企業のために生活を苦しくするよう待っている弁護士ははるかに少なく、たくさんの保護され、競争的でない部門が崩壊の機が熟している。
 
政府は注意を払っている。数年前、起業家は政治家にとって優先的ではなかった、とバルセロナのIESEビジネススクールの起業家センター長マシュー・カレンソは語る。今では、政府の長と王家の人々が促進イヴェントに現れている。国々はよかれあしかれ事業創造を押し上げるすべてのコツのやり方を試そうとしており、その仕事に奉ずるコンサルタントの全産業がある。新興企業の群を作り、学界が事業をそれほど嫌わなくし、学童に起業家的起業家的考えをさらす枠組みがある。ドイツやほかの国は、成功した創業者たちはしばしば彼らの資金、連絡先、そして経験を本国に戻っての新興企業に使いまわすことを知って、起業するヨーロッパ人たちをまっすぐシリコンヴァレーに送る、国の支援する機関を立ち上げている。
 
フランス政府は、事業創業者にいくつかの有益なことをしている。カラム氏は研究への税控除を提示する方法を引用する。しかし、フランスの真の問題は、硬直的な労働法だと彼は続ける。支援目的で政府が提示できるもので、彼らが現在課している邪魔者を単に取り除くことほど有益なことはない、と企業家たちは言う。ドイツ政府は、起業家を助けるために、過去13年間で4つの大きな試みをしているが、それらはほとんど失敗してきた、とミュンヘンのルートヴィッヒマクシミリアン大学の革新・研究・技術管理・起業家研究所の所長、ディートマー・ハーホフは語る。
 
起業家精神を押し上げようとする政府の支部は、労働法のような、起業家にとっての本当の問題について何も十分に強力なことをしていない。再びいうと、ユーロ危機の深さは、かつてには障害だったものが変わることを許すかもしれない。イタリアの首相、マリオ・モンティは、会社を始める管理費用を1万ユーロから1ユーロに下げるという。イタリアとスペインはどちらも労働者を解雇することを幾分簡単にする一歩を踏み出している。
 
ベルリンの急速な上昇と国際的な訴え(その町での約半数の事業創業者はドイツ人ではない)は、起業家に訴える環境のために何が本当に問題なのかの実例になっている。国からの助けはなかった。その町は普通の計画に無駄遣いするには単に貧しすぎたのだ。しかし、それは住んで働くには安い場所で、特に会社を始めたり店を立ち上げたりしそうな外国人にとっては比較的やさしい。これは、純移民の目標が率が記録的な水準に上がった後に壊された英国とは対照的だ。
 
ザンクト・オーバーホルツカフェでは、バー、シェアオフィスやカフェクラッシェに加えて、防音の食器棚もある。それは秘密の電話をする場所、そして取引に失敗した時になく場所を提供する、と有機食品のオンラインストアの創業者であるフィリップ・フォン・サールは冗談を言う。ヨーロッパの起業家は、ほかのすべての起業家のように、来るべき年月で、それなりに泣くだろう。しかし、彼らの政府は、彼らが食品棚から出てゲームに戻るのを助けるために大きなことができる。
 
 
発行日: 
2012-07-28
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加