そのサイはいかにしてその毛を手に入れたのか - 進化

ケサイのような氷河期の大動物は、もともとはチベットのものかもしれない

いま、ゾウやサイは熱帯の種だ。けれども、最近まで、彼らは北極海まで北をさまよっていた。最後のケサイは約8,000年前に死んだ。毛の生えたマンモスは更に3,500年生き、人類が彼らのシベリアの避難所に到達した時初めて倒れた。しかしながら、誰も知らないのは、これらの動物がいつどこで、そのような高緯度に生息することができるようになるべくその名を表す毛を進化させたか、と言うことだ。もっともよい推測は、260万年前に氷が世界を掴み始めるにつれて、彼らが徐々にそれを成長させたというものだった。

しかし、ケサイの場合、ロサンゼルス郡自然史博物館の王晓明と北京の中国科学院古脊椎动物与古人类の邓涛は同意しない。彼らは、ケサイは氷河期のツンドラが完全に形成されてから到達したと考えており、他の動物も同じだったかもしれないと疑っている。彼らの見方では、サイに毛が生える突然変異を起こさせたのは、地球規模の気候変動ではなく、むしろ地理的な高地への旅だったのだ。彼らは、動物たちがプレートの地殻変動によって持ち上げられ、世界の最上階のスイートであるチベット高原の住人になった時、その変化が起こったと信じる。

中国とアメリカの地質学会の合同会議で説明したように、最近は四川省の省都成都に保管されているその二人の研究者の証拠は、ケサイの原始種の骨の一部(頭蓋骨、顎骨、そしていくつかの脊椎)だ。チベット南西部のツァンダ盆地で見つかったこの標本は、370万年前のもので、氷河期がやってくるよりもかなり前だ。それは氷河時代のケサイよりも小さいが、似ていると認められる。特に、その角は失われているが、それが頭蓋骨についていた場所は、氷河期のケサイの平らな角を連想させるとさかのようなものの横についている。これらのサイは、たぶんその角を、食料を覆った雪をこすり落とすために使ったのだろう。

いまのところ、ツァンダ盆地は海抜4,000メートルだ。しかし、その際のそばで見つかった化石の巻貝は、それが生きていた時その地域は5,500メートルにもなっていたことを示唆する。ゆえに、チベットを作りだしたインドとアジアの衝突の間に持ち上げられた後に、沈んだに違いない。そのような高度は、毛、平らな角、そしてほかの寒さへの適応のために必要な進化のための選択的圧力のようなものを生んだだろう。これが起こった後に、氷河期が世界の他の部分を彼らにとって友好的な場所にしたのだろう。

サイは古代の種だ。凍った標本の遺伝子を見ることによって証明されたように、ケサイのもっとも近縁な生きている子孫は、スマトラサイだ。その二つが属する血統が、他の4つのサイの種につながるものと別れたのは、チベットが今より低かった2,600万年程度前なので、王博士と邓博士の仮説は妥当だ。そしてもしそれがサイについて当てはまるのならば、他の氷河期の種についてもあてはまるかもしれない。

マンモスの先祖はまだチベットでは見つかっていないけれども、ゾウは人々がやって来るまで南アジアと中国の多くの両方でたくさんいた(彼らは今ではどちらでも少ない)。しかし、王博士と邓博士は、ひとつの潜在的に適切な発見をしている。彼らがチベットのヤクとアメリカのバイソンのDNAを比較した時、彼らはその二つの種が近接であることを見つけた。バイソンは、氷河期の大型動物の最大の生きている代表だ。たぶん、これらの古いアメリカ西部の象徴は、世界を半周まわったチベットの隠れ家でその生命を始めたのだろう。
 

発行日: 
2013-08-24
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加