ごまかし(Shell)ゲームの終わり - 治外法権

多国籍企業へのいくつかの良いニュース

ジョージ・ワシントンとジミー・カーターの政権の間、外国人不法行為請求権法(ATS)は眠っていた。その法令は、アメリカの地方裁判所に、「国際法または米国が締約国である条約に違反して行われた不法行為に限り、外国人によって提起される民事訴訟」の第一審管轄権を与える。190歳で、それは1979年4月6日に、二人のパラグアイ人がパラグアイで犯された不法行為について元パラグアイの警察官を訴えることを許すのにつかわれた時、生き返った。

それ以来、ほぼ150件の訴訟が、アメリカやほかの会社が世界中で犯した活動に対し、提起された。4人の現地原告がATSを使って、ミャンマーで石油パイプラインの建設中に犯されたと申し立てられた人権侵害で、ロサンゼルスの連邦裁判所にユノカルを訴えた。ある人権機関は、二人の中国人民主活動家のために、中国でヤフーの子会社によって犯された活動に対して同社を訴えるのにそれを使った。とりわけ、ダイムラークライスラーとリオ・ティントに対するATS訴訟は保留中だ。ほとんどのATS訴訟は退けられたり解決されたりしているけれども、解決の費用は高くなるかもしれず、負の広報効果がある。

多国籍企業は、それ故に、4月17日に発表された最高裁のキオベル対ロイヤルダッチ石油(シェル)についての満場一致の決定を歓迎するだろう。それは、海外で犯された行動についてアメリカの裁判所へ会社に対して訴訟を起こす原告の能力を劇的に制限する。その裁定は、アメリカに住んでいる12人のナイジェリア人原告によって、ニューヨークに持ち込まれた訴訟から生まれた。彼らは、シェルが、オゴニランド地域でナイジェリアの軍隊によって犯された、殺人、強姦、泥棒、そして財産の破壊を含んだ人権侵害に共謀した、と申し立てる。連邦上訴裁判所は、ATSが法人責任訴訟に何の基礎も提供しないと論じて、彼らの訴訟を退けた。しかし、150のATS訴訟が示すように、他の裁判所は同意していない。最高裁は、その疑問を解決するためにその訴訟を聴取することに合意した。

2004年の以前の裁定では、その裁判所は、採用された時に認識されるだろう、大使を伴った海賊行為や犯罪といった「穏やかな数の国際法違反」への訴訟をATSは認めると裁定した。その裁判所のキオベル裁定は、さらに一歩踏み込んだ。それは、ATSが外国企業によって犯された行動には適用されないと考え、アメリカ法を合衆国外部で適用することに対しての強い僭越を注記した。「ATSが、合衆国を国際的規範の施行のための独自に手厚い法廷にするために可決されたと指し示すものは何もない。」首席裁判官のジョン・ロバーツは書いた。

別の一致意見の中で、ATSはアメリカが「不法行為者やほかの人類の共通の敵のための安全な港」になることを妨げる訴訟を許すべきだ、と論じて、その裁判所の4人のリベラル派が少し柔らかい方針をとった。しかし、その論法も依然として、外国人がアメリカの裁判所を使って外国で犯された行動について外国の会社を訴えることを許していない。アメリカの裁判所に世界の問題について判決を下してほしいと思う人々は、他を見なければならない。
 

発行日: 
2013-04-20
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加