人生を捕まえろ! - フェイスブックはあなたにとって悪い

ソーシャルネットワークを使うことは、人々をより悲惨にするようだ

フェイスブックに参加する衝動に抵抗している人々は、最新の研究を呼んだ時、確かに立証されたと感じるだろう。ミシガン大学のイーサン・クロスとベルギーのルーヴェン大学のフィリッペ・フェドユンによって行われた、パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載されたばかりの研究は、誰かがフェイスブックを使えば使うほど、人生に満足しなくなることを示している。

フェイスブックを使うことは、嫉妬、社会的緊張、孤立、そして鬱と組み合わさるということを、過去の調査は見つけている。しかし、これらの研究は、すべて「横断的」なもの、すなわちその時のスナップショットだ。そう言うものだから、それらは相関と原因を混同する危険がある。たぶん、ソーシャルメディアにより多くの時間を費やす人々は、最初の段階で負の感情を持つ傾向を持っているだろう。クロス博士とフェドユン博士によって行われた研究は、フェイスブック利用者がいかにしてその感情を変化させたかを追うために、長期にわたって彼らを追った最初のものだ。

その研究者たちは、この研究のために82人のフェイスブック利用者を募集した。10代後半から20代前半のこれらのヴォランティアたちは、そのフェイスブック活動を2週間観察され、1日に5回心の状態と(電話や他の人との対面での会議といった)直接の社会的接触を報告することに合意した。これらの報告は、午前10時から深夜の間に送られる、短い質問に答えるよう彼らに頼むテキストメッセージによって思い出させられた。

研究者たちがその結果を分析した時、彼らは二つの調査の間にヴォランティアがフェイスブックを使えば使うほど、次に彼が質問に答えるときに悪い感情の報告をすることを見つけた。ヴォランティアはまた、研究の初めと終わりで、生活についての満足を格付けするよう頼まれた。フェイスブックをたくさん使った人は、そのサイトにそれほど頻繁に訪れていない人よりも、満足の減少を報告しそうだ。対照的に、ヴォランティアが持った直接的な社会的接触の量と彼がどれほど前向きに感じたかの間には正の関係があった。つまり、ヴォランティアが現実世界でより社会化していれば、次に彼らが質問事項に応えた時、より正の感情を感じるのだ。

ヴォランティアの性別は、これらの発見に何の影響も与えなかった。そして、彼らのソーシャルネットワークの大きさ、フェイスブックを使い始めた動機、その孤独、沈み具合または自尊心の水準もそうだ。クロス博士とフェドユン博士はそれ故に、フェイスブックは幸福を増進するよりもそれを侵食するのだと結論付けた。

彼らの研究は、なぜフェイスブックでの社交が対面でのそれと異なった影響を持つのかを解きほぐさない。しかし、どちらもドイツのフンボルト大学とダルムシュタット技術大学の社会学者たちによって行われた先の調査は、根本原因を見つけているかもしれない。その発見を2月にライプツィヒでの会議で発表したこれらの研究者たちは、ほとんどが20代である584人のフェイスブック利用者を調査した。彼らは、フェイスブックを使うことによってもっとも一般的に惹き起こされる感情が羨望であることを見つけた。写真を変え、成果を増幅し、機知にとんだ言葉を盗用する仲間たちと自分たち自身を終わりなく比べることは、フェイスブックの利用者を少し嫉妬深いもの以上にしうる。対照的に、実生活の対面者は、より見たままだ。

どちらの研究も証明していないのは、このすべてがフェイスブックの若いユーザーにしか当てはまらないのかどうかだ。より齢を重ねた人々はより円熟しているかもしれず、故に見せかけであれ本当であれその友人の成功をそれほどねたまないかもしれない。もしかしたら。
 

発行日: 
2013-08-17
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加