バイバイ、ブーメラン - 家族生活

大人になった子供に出ていくよういかにして説得するか

宗教学と創造的作文の卒業生で失業中のアンドリューは、両親とともにオレゴンに住んでいる。彼だけではない。全人口の36%に当たる、18歳から31歳までの2,160万人程度のアメリカ人は、依然として親の家に悩み暮らしている、とシンクタンクのピュー・リサーチ・センターは言う。この数字は、休日の間だけ家にとどまっているかもしれない学生を含んでいるので、少し間違っている。にもかかわらず、パパとママにくっついている若者の割合は、1968年に調査が始まって以来、最大だ。

アンドリューは、「強烈な情熱で」彼の状況を憎んでいる。それは、もちろん、安全で、乾いており、温かく、彼はその両親の助けに感謝している。しかし、彼は退屈で、欲求不満で、彼らの引き立ての下に帰るので彼の恋愛生活は「限られている」。(母親が彼に料理をさせないという事実は、二人のためにロマンティックな食事を準備することを挑戦にする。)

ママとパパについて言えば、不満を持っていない。しかし、両親はしばしばその大人になった子供が戻ってくることにうんざりする。2006年の映画『恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜(Failure to Launch)』の両親のように、35歳の息子が出ていくよう駆り立てるために彼と恋に落ちたふりをするようサラ・ジェシカ・パーカーを雇うところまで行く人はほとんどいないだろう。しかし、多くはソファの上のコブが人生を得るためにどのように刺激したらよいだろうと考えている。

食を得ることは、明白な第一歩だろう。16-24歳の16%程度は失業中だ。青年提言組織のジェネレーション・オポチュニティの長エヴァン・フェインバーグは「若者がアメリカンドリームを成し遂げる機会を持っていない」と不平を言う。

それは誇張だが、若者は彼らがオンラインに現れるやり方を磨くのに賢いだろう。たくさんの候補者と面接するよりもむしろ、会社はますます、最も雇いやすいような学生を見つけそれから接触するために、彼らをふるいにかける、と求人機関のエルム・タレントの長クリフ・ダンクは語る。職を見つけることのできない人々は、彼らの技能とスキルをソーシャルメディア上に列挙することを考慮すべきだ、と彼は言う。「指導力」のような雇用主が好むいくつかのキーワードをまぶすことも役立つかもしれない。

戻ってきた子供たちがさらに動くための一押しが必要ならば、いつでも家賃を請求することができる。最近の調査では、88%の年配者がその子供たちが支払うべきだと考えていた。あなたはまた、それが焦げたミートローフや縮んだシャツの原因になるかもしれないが、より多くの家事仕事をするよう要求することもできる。しかしながら、多くの親は、その大人になった子供たちを簡単な条件で住まわせる。ある意味では、これが財務的な意味をなさせる。不動産は、崩壊前よりも得るのが難しい。給与の低い若者は、もし今家賃を支払っていなければ、新しい家への頭金を十分に素早く貯めることができる。

多くの若いアメリカ人は、結婚していないので、その両親とともに住んでいる。18-31歳のたった25%しか2012年に配偶者を持っておらず、2007年の30%から下がった。若い男性は、まだ家に住んでいるのならば、しばしばまだ結婚しなくてもよいと考える、とテキサス大学の社会学者で「アメリカでの婚前性交渉」の共著者でもあるマーク・レグネルスは語る。出戻りは、依然として性交をしたいと思っているが、彼らもその両親も、両親の家で彼らがそうすることについて気まずく感じる、とレグネルス氏は語る。最後には、彼らを世界にとびたたせるのは、ママとパパからの講義よりもむしろ、欲望かもしれない。
 

発行日: 
2013-08-17
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加