農業文化的争い - 農民とEU

農民はそれ以外の人々がヨーロッパについて感じるのと同じように感じている - ただ、より激しく

空は大きく、地平線はゴシック様式の塔と風車に貫かれ、そして平らで肥沃な土地には運河が縦横に走っている。町では店でダンプリング、ニシン、そしてウォッカを売っている。しかし、これは誇らしげなイングランドだ。実に、リンカーンシャーは英国のよりユーロ懐疑的な郡の一つだ。ここで、EUを去るための活動をしている連合王国独立党は、2010年の選挙でその現在の指導者が庶民院議員に対抗してたったバッキンガム以外では最高の結果を得た。農業とユーロ懐疑主義はきつく結びついている。2012年に、世論調査会社のIpsos-MORIは、地方の有権者が都会の人たちに比べて2倍EUを差し迫った懸念だとみなしていることを見つけた。フランシス・ディモケとその息子ヘンリーは二つのそのような例だ。ホーンキャッスルで3,000エーカーの農場を経営する一家の34代目と35代目の彼らは、EUの短所によって苦しめられている。「私の羊飼いは今朝もうすぐ泣きそうだった。」その共通農業政策(CAP)基金が少数のタグ付けされていない羊への懲罰として(不正確に、と彼は主張する)減らされると説明する、愛想よく髪をふり乱した父親のディモケは不平を言う。

彼は、それに基づいてブリュッセルが支払いをする「終わりなき書類仕事と苦闘している」と認める。この点は、彼だけではない。ラウスでの情報交換会で、農民たちは最新の厄介な規制のニュースに首をふる。「私を驚かす軽いつねりは、生け垣を取り除くルールが母屋の庭地の中では適用されないということだ。」ある話し手は告白するように言う。より悪く現れるのは、面倒な新しい環境条件の形と、そして潜在的に、英国が特化している大農場への支援の削減だ。

英国はそのルールを他のEU加盟国よりも徹底的に実行する、とディモケ氏は不平を言う。その国の農民たちは「何光年も」そのヨーロッパの競争者の先を言っている、と地方土地事業協会のニコラ・キュリーは同意し、この「恒久的な悩みの種」が彼らを商業的不利に置いている、と付け加える。

安い東ヨーロッパの労働力の流入は、多くの地方の仲間をうんざりさせる。移民の野菜摘み取り人は地元の警察力を緊張させる。2011年に、彼らの多くが拠点としている優雅なリンカーンシャーの町ボストンで、一人が無許可のウォッカ蒸留所でたばこに火をつけ、死に至る爆発が町を揺さぶった。ブロッコリー摘みのジャレックは、東ヨーロッパ人の中には5年も英国で過ごし、「依然として英語がしゃべれない」者がいると認める。そして農民たちは、この安い労働力を雇うことからの節約に移らなければならない、とディモケ氏は注記する。「スーパーマーケットは、利益を出すためにそれがいくらするのかを正確に知っているのだ。」

とりわけ、地方は、伝統と場所の感覚から外れたヨーロッパハーモナイゼーションに抵抗する。リンカーンシャーの沿岸で野菜を育てる一人の土地所有者は、彼らの大陸の相手と比べて英国の農民はかなり世代にわたってその土地を管理していると不平を言う。彼らはいかに多様な持続可能な光景を育てるかを教える部外者を必要としていない。外国人労働者の問題は、彼らが英国の地方共同体の生活に投資しないことだ、と彼は付け加える。代わりに、彼らはその金を母国に送り、最後には自分も後に続くのだ。

しかし、地方のユーロ懐疑主義は実用主義によって滑らかにされる。CAPがなければ、ディモケ氏は彼が農業をしてきた22年間のうちたった5年しか生活費を稼げなかっただろう、と彼は認める。キュリー女史は、英国がよりバイオテクノロジー、農業訓練、そして(硝酸塩の素として)シェールガスに投資する必要があると主張するけれども、その国の有権者がEUを去った時に同じ水準の支払いを容認するかについては疑問を呈する。大量移民によって引き起こされるすべての緊張にもかかわらず、英国の労働者は冷たいフェンランドの雨の中で野菜を積むのに1週間も続かないだろうということはすべての人が受け入れる。地方の仲間はEUについて不平を言うが、それを去ることを恐れている。彼らはほかの英国人のようなものだ。ただもっとそうなだけだ。
 

発行日: 
2013-03-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加