依然として出血している - 女性器切除

野蛮な習慣は少し珍しく、そして少し人気が無くなっている

「私は出血でほとんど死にそうだった。」12歳の時に女性器切除(FGM)に苦しんだ女性人権活動家ボガレッチ・ゲブレは語る。彼女の組織ケンバティ・メンティ・ゲジマは、彼女の母国エチオピアでその行為を減らすことで信頼されている。彼女は人々に辞めるようには言わない、と彼女は語る。彼女はただ、象徴的な傷から、少女の陰核のすべてか一部の除去、そして(陰唇を縫い合わせる)陰門封鎖にまでわたる、その処置は、聖書にもコーランにも書いてないし、文化や法律もそれを求めていないと説明するだけだ。アフリカの伝統に基づき老いも若きも男女問わず伴う、そのような「共同体の会話」は、UNICEFの新しい報告によって強調された、FGMを経験したエチオピア女性の数とそれが継続すべきだと考えるエチオピア女性の数との間の、びっくりさせる違いを説明するのに役立つかもしれない。

1.25億人以上の現在生きている少女と女性が、それがもっとも一般的な29の中東とアフリカ諸国で、何らかの形でのFGMを受けている。3,000万人が今後10年にわたってその危険がある。

その習慣はUNICEFが見た国の半分以上で減っているが、それがすでに珍しいところで最も劇的だ。中央アフリカ共和国では、切除された15-49歳の女性の割合は、1995年の43%から2010年には24%に下がっている。わずかな国では、その習慣がほとんどなくなったも同然だと新しいデータは示唆する。しかしながら、それがもっとも一般的な、エジプトやスーダンのような国々では、その流行がほとんど変わっていない。ケニアでは、それは民族によって変わる。FGMは今ではカレンジンとキクユ族では珍しく、メルの間ではほぼ消えている。しかし、95%以上のソマリ族とキシイ族の少女は依然として切られている。

両性でだが特に若者の間でのFGMへの支持は、その習慣がほぼ普遍的な国々でさえも、下がっているようだ。他の所での経験は、これが今後の実際の減少の先触れかもしれないことを示唆する。

いまのところ、特に西洋では、多くが犯人はより厳しく扱われるべきだという。本国でも外国でも行われればその習慣が違法である英国では、特にエジプト、ガンビア、ケニア、シエラレオネ、そしてソマリアからの移民の中には、依然としてその娘たちを夏休み中に切除させるために去らせている。子供たちの慈善団体であるNSPCCのジョン・キャメロンは、3週間前に立ち上げられたヘルプラインは、ほとんどが少女たちが危険にさらされていると心配した近所からの63の電話を受け取っている。それは25の事例を警察に通報している。彼らは調査しているが、まだ起訴にはつながっていない。

英国当局は、「チキン」で政治的に正しくなることについてあまりに心配しすぎている、とパリの弁護士リンダ・ウェイル=キュリエルは言う。彼女は、マリ出身の少女がその処置の後で亡くなり全国的な怒りを引き起こした1982年以来、FGMの犠牲者を弁護している。100人以上の親が訴追され、多くが2年までの有罪刑に処されている。二人の実行犯はより長い罪を宣告された。その一人で5年の刑を受けたハワ・グレオーは、そのあとで彼女の一時的な顧問のウェイル=キュリエル女史と力を合わせ、毎年フランスで切除されている多くの少女たちについての本を書いた。彼女は2度と少女たちを傷つけないという。
 

発行日: 
2013-07-27
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加