胸をたたく - フェミニストのデモ

若いフェミニストたちが古い闘争を生き返らせている。女性の体への権利だ

神話はなかなか死なない。少数のフェミニストが1968年のアトランティック・シティでのミス・アメリカの見世物に反抗した時、彼女たちはブラジャーを燃やさなかった。しかしながら、彼女たちは、ヒツジに王冠を授ける一方で、少しのブラジャー(と化粧品とハイヒールの靴)を「自由のごみ箱」に投げ捨てた。

今、ブラは本格的に外される。フェメンのメンバーは、そのグループが売春旅行に反対して2008年にウクライナで始まって以来、100回のトップレスデモを行っている。衝撃を増すために、彼女たちはメイドや尼の格好をするか、付け髭をする。他の小道具には、生肉や消火器が含まれる。パリのノートルダム寺院で、極右の歴史家がそこで自分を打ち抜いた翌日の5月22日に、ある抵抗者が偽の自殺を行った。彼女のトップレスの裸体にはスローガンがかかれていた。「ファシズムを地獄で眠らせろ。」

去年、フェメンの「性過激派」は、彼女たちが言うには無言で食欲低下を促進している棒のように細いモデルたちに対する運動をするために、ミラノのファッションウィークに押し入った。今月、あるベルリンの活動家がバービー人形の家の等身大のレプリカの公開で、バービーをはりつけにして燃やした十字架を振り回した。

そのような人目を引く行動は、依然として完全な平等からは離れているが、過去40年間で大きな進歩の記録を持っている法的経済的な解放という主流派のフェミニストの活動から離れた動きを示す。今、戦場は体だ。ドイツのフェミニスト雑誌EMMAの編集者アリズ・シュヴァーツァーは、フェメンの活動に「興奮した。」彼女たちは伝統的なフェミニストたちと同じ悪と戦っている、と彼女は言う。ポルノと売春だ。女性の裸は「バーガーから賭けサイトまですべて」を売るために使われている、とオンラインフォーラムのEveryday Sexism Projectのローラ・ベイツは語る。

その狙いは、裸の女性の体が男性の消費のための商品ではなく、政治的な道具であると示すことだ。ほとんどの合法的な手段はすでにやりつくされている、とフェミニズムについてのフランスの歴史家ジェヌヴィエーヌ・フレッセは語る。だから運動家は代わりに公共空間を使っているのだ。英国のフェミニストで新しい本『公的な女性:The Public Woman』の著者ジョーン・スミスは、公式な平等は女性を完全に安全または自由に感じさせていない、という。「だまされている、という感覚があるのだ。」

フェメンには、いくつかの活気のある仲間がある。SlutWalksは、あるトロントの警察官が女子学生たちに安全でいるためには「売春婦のような格好をすることを避ける」よう助言をした後で、2011年にカナダで始まった。行進は、それ以来、オーストラリア、ブラジル、英国、インド、そしてイスラエルで起こっている。行進する女性のほとんどは、セクシーになる権利を主張して、刺激的な格好をする。他の人たちは、保守的な格好で歩き、「これが私が強姦された時に着ていたものだ」を書いた旗を持つ。Armpits4August運動は、美しさの規範に挑戦するために、1か月間わき毛を伸ばすよう女性に促す。2008年にフランスのフェミニストによって立ち上げられた先鋒隊のLa Barbeのメンバーは、ひげを生やして男性が支配的な会議に入り込み、上司の男をバカにして祝福する。

多くはフェメンの大胆さを賞賛する。しかし、不快な矛盾を見つけ出すものもいる。男性の覗き趣味の風刺である、彼女たちのデモは、両天秤だ、とシュヴァーツァー女史はいう。「それもまた消費されうる。」今月、英国の「若者雑誌」のZooは、みだらのキャプションをつけたトップレスのデモ参加者の写真を掲載した。いやらしい目つき、あざけり、そして脅しにもかかわらず、フェメンは、すべての侮蔑は女性が自身の体を管理することを否定する父権社会を強調する役に立つと反論する。そしてみだらに見つめる人々は、女性の胸に大胆に書かれたメッセージを見ることなしに立ち去らない。

より大きな危険は、収益の減少かもしれない。注意は短期間しか続かない。メディアの市場はすでにヌードであふれている。先月のハノーファでの貿易フェアで、ロシアの大統領ウラジーミル・プーチンに対するフェメンの目立つ行動は、ほとんど波を起こさなかった。ほとんどの人々は「ただ肩をすくめただけだった」とドイツの社外学者ディーター・ルヒトは語る。

ムスリムのフェミニストブロガーのヒンド・マッキは、フェメンの露出症を非難する。「自分たち自身を性玩具のように見えるようにすることは、後退だ。」彼女は語る。サラフィの聖職者にそのトップレスの写真をオンラインに公開したとして石打ちの刑にすると脅されたチュニジア人のアミナ・タイラーを助けるために先月フェミンが「トップレスジハードの日」を宣言した時、彼女は難色を示した。フェミンの懸念は「我々のものではない。」マッキ女史は語った。5月19日に、チュニジアの警察は、ある墓場の壁に彼女が「フェミン」と書いた後にタイラー女史を逮捕した。フェミンは、これがその運動を維持するだろうという。

批判は、フェミンのパリ支部と訓練所の指導者で22歳のイナ・シェフチェンコ(彼女は去年あるキエフの丘の上で大きな木製の十字架にチェーンソウをかけようとした後で、そこへの亡命が認められた)をひるませない。彼女は「将軍」と呼ぶフェミニストの理論家たちに敬意を表するが、フェミンの兵士たちは「道に出て戦う」という。そのグループは、そのメッセージをトーンダウンすることも、そのトップレスのトレードマークを覆うこともしない、と彼女は言う。「我々は、女性として世界中に一つの敵を持っている。父権主義だ。」

そのようなレトリックは、実際的な現在のフェミニストにとって強い肉かもしれない。しかし、フェミンの精神は感染性だ。ケンブリッジ大学の学生たちは、今月モードリン・カレッジに、ビキニを着た少女たちと子供用プールを伴った「性差別的で女性嫌いな」女性ゼリーレスリング競技を禁止するよう強いた。そこには、トップレスのデモは必要ない。
 

発行日: 
2013-05-25
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加