小川を上げる - ヴェトナムの洪水管理

低地にある町は洪水を防ぐために抜本的な行動をとらなければならない

ホーチミン市(地元ではHCMCと呼ばれる)の川と運河は、そのバイクが動けない地区を通る血管のように曲がりくねって流れる。その町の場所は、安く物を作り南シナ海に簡単に接続する近くの港にトラックを運ぶ製造業者にとって良いところにある。しかし、それは、洪水を防ぐためのその町の非現実的な運動に精通している都市計画者たちを心配している。

かつてサイゴンと呼ばれたHCMCは、今のところ破壊的な洪水から免れており、支援者たちは今のところ助けるのに熱心だ。例えば世界銀行は、数少ない中央の地区の雨水と運河の社会資本を更新しており、4月8日には、オランダの町ロッテルダムからの役人が、HCMCが気候変動に適応するのを助けるために設計されたオランダとヴェトナムの合同計画を促進するために町にいた。しかし、町の半分近くは海抜1メートル以下にあり、地盤沈下を引き起こす地下水くみ上げは巨大な見たこともない影響を持つかもしれない、と科学者たちは語る。アジア開発銀行によれば、その町の70%近くは、すでに極度の洪水に対して脆弱だという。

幾分かはヴェトナムの2007年の世界貿易機関への加盟により多くの開発業者が建設できるところどこでも建設した不動産ブームのために、洪水リスクはHCMCの低地地区で上昇している。一つの潜在的な犠牲者は、HCMCの東の郊外のハイテクパーク内部にあるインテルの工場だ。その町はヴェトナムに投資されている外国直接投資の半分以上を占めており、輸出は弱い消費者需要を相殺する役に立っているので、そのような大企業への脅威は厄介だ。

ヴェトナムでは、都市部の洪水はまた、コレラや赤痢の勃発の形で、公衆衛生リスクを課す。そして、登録されていない移民を含んだHCMCの人口は、870万人にも上るかもしれず、毎年50万人までも増えている。薄っぺらな掘っ立て小屋を湿地がちの郊外に建てている貧しい移民たちは、洪水の初期の犠牲者だろう。

その町の建築コンサルタントのメリッサ・メリーウェザーは、幾分かは中央地区での拡大の余地は少ないので、その最高の計画者ですらも、開発業者が洪水が起こりがちな地区に建設するのを止めることはできない、と語る。

政府は172キロの環状堤防システムを26億ドルで、サイゴン川の西側の都市部を守るために建設する計画を促進している。しかしまだ財源が確保できておらず、世界銀行はそのような大規模洪水管理法は持続可能ではないかもしれない、といっている。

より良い選択は、ニューオリンズなどの他の洪水が起こりがちな地域で似たような計画を管理しているオランダのコンサルタント会社ロイヤル・ハスコニングDHVによって提案された、より小さな1,400万ドルの堤防かもしれない。しかし農業地方開発省の役人たちは、一般的に、キックバックの機会を提供する高価な社会資本計画を好む。「彼らは堤防が好きなんだ。」HCMCのヴェトナム国立大学の教授Ho Long Phiは語る。

Phi氏は、サイゴンの最高の洪水管理資産かもしれない。多くのヴェトナム人役人とは違って、彼は大きな洪水防御手法が必ずしも良いわけではなく、もしその町が長期的に繁栄するつもりなら自然と対立するよりもむしろともに働く必要がある、と理解している。現在の政策は、洪水リスクを将来世代に移転するだけだろう。Phi氏の見方では、洪水防御のための政府の近視眼的なやり方を変えるかもしれないたった一つの方法は、大災害だ。
 

発行日: 
2013-05-04
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加