きれいな料理 - 食料廃棄

あまりに多くの食料が投げ捨てられる

国際的なパーティーは素晴らしい夕食で注目される。しかし、現れる世界食糧危機について議論した最近のストックホルムでの世界水週間会議の代表団は、彼らが説教していることについて実践した。昼食には肉がなく、いかなる残った代替肉やキヌアは、バイオガスを作るために送られた。

ほかの人がとてもつましくなるといいなぁ。そのイヴェントを組織したストックホルム国際水研究所のトーグニー・ホルムグレンは、世界の生産している食料の半分までもが食べられないと説明する。インドでは、40%までが市場に行くまでに腐る。アメリカ人は彼らが買ったものの40%を捨て、1,650億ドルを無駄にしている。

しかし、アメリカは、レストランが名目上は犬のためであるがしばしば人のための余った食料を包むつましい「ドギー・バッグ」を持っている。ほとんどの国はそれらを避ける。おそらくうわべのけち臭さか、衛生についての心配のためにだ。旅行ブログは、フランスやスペインで外で食べる時、ドギ-・バッグを求めることによって軽蔑にさらされる危険を冒さないよう警告するものすらある。

レストランが年に60万トンの食糧を捨てている英国では、持続可能なレストラン協会が、ドギー・ボックスを促進する運動の「捨てるのはもったいない」を始めている。それは、ロンドンでもっともよく知られたホテルの一つであるクラリッジスのフォイヤー・バーを含んだ軽食堂を登録している。

食料の倹約は、貧しい人々も助けうる。オレゴン州ポートランドの慈善団体の都市の落穂ひろい(Urban Gleaner)は、ホテルや店、軽食堂からの使われなかった食料を集める。英国の慈善団体であるフェアシェア(FareShare)は、それを主に製造業者から集めている。それは、その国の300万トンの年間食料廃棄の1%が7,000万の食事を提供しうると推計する。
 

発行日: 
2012-09-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加