コスモスが帰ってくる - ニューヨークのサッカー

かつてアメリカのサッカーの同義語だったそのチームは再生する

「サッカーがついに合衆国に到達した、と世界に向かっていま言うことができる。」1975年にニューヨーク・コスモスと470万ドルの価値があると言われた契約に調印した時、ペレは言った。それは、その偉大なブラジル人を世界で最も高給のスポーツ選手にし、コスモスを町で最も人気の切符にした。そのチームは、西ドイツを率いて1974年のワールドカップを制したフランツ・ベッケンバウアーといった国際的な偉人を詰め込んでいた。その魅力は、当時コスモスがプレーしていたジャイアンツスタジアムに7.7万人のファンを惹きつけた。1977年にペレが去ると、観客数は伸び悩み、8年後、チームは解散した。30年後、コスモスは戻ってきた。

アメリカのサッカーは、今はとても異なった状態にある。より多くの高校生が野球よりもサッカーをする。あるEPSNの投票は、12歳から24歳までのアメリカ人は、プロサッカーを、ヘルメットをかぶってパッドを入れた種類のフットボールに次いで2番目に位置付けていることを示した。メジャーリーグサッカーの観客はNHLやNBAの試合よりも多い。アメリカの一部リーグのMLSは母国の選手と、ティエリ・アンリやロビー・キーンといった国際的な選手が混在している。デヴィッド・ベッカムは、LAギャラクシーでの5年契約を終えたところだ。

コスモスは、ニュージャージーに既に存在しているプロチームとしてたくさんの国内試合を行う。MLSはまた、2016年までに、クイーンズに立ち上げる計画を持っている。NYコスモスの会長兼社長のシームス・オブライエンは、「ロンドンには7つか8つのチームがある」と注記して、ニューヨークには3チームのための余地があると考えている。コスモスが依然としてよく知られており、忠実なファン基盤を維持しているので、彼は利点を持つと説明する。しかし彼は、「ビジネスを歴史の上に作ることはできず、よいビジネスモデルが必要だ。」と認識している。その一部として、クイーンズとの境近くのロングアイランドに新しい2.5万人の競技場が作られている。

6万の若い選手を持つロングアイランドジュニアサッカーリーグのアディ・マテイ=イアイアは、コスモスの復活に興奮している。彼らの成功は、1970年代のユースサッカーの成長を加速するのに大きく貢献した、と彼女は語る。今、彼女は、ペレなしでも同じことが再び起こることを望んでいる。
 

発行日: 
2013-02-16
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加