部屋の中の象 - 法廷動物学

象牙の年代を定めることは簡単になっている。密猟者よ、気をつけろ

象ほどカリスマ性のある大きな動物はほとんどない。そしてそのカリスマは彼らに政治的影響力を与える。例えば、7月1日に、バラク・オバマは、密猟された象牙の密輸を防ぐためのワシントン条約の参加国としてのアメリカの義務に権威を与えることを意図した執行命令を発表するために、彼のアフリカツアーのタンザニア行程を使った。

けれども、象牙取引のルールは、そのような貿易は合法だった1990年以前に殺された動物から来ていた時は、施行するのが難しい。驚くまでもなく、象牙を成長した時よりも古く見せる家内工業がある。しかし、ユタ大学のケヴィン・ウノとその同僚によって米国科学アカデミー紀要に掲載された論文は、それに対処するかもしれない。ウノ博士は、ある象牙のかけらが本当には正確に何歳なのか算定するために、科学のそれほど栄光のない挿話の一つである、核兵器の大気圏内実験をいかに使うかを説いている。

ウノ博士の方法は、以前には使われていなかったやり方で、象牙の炭素14含有を使う。放射線化学者が炭素14と呼ぶものは、宇宙線が窒素原子に与える行動によって、大気中に自然に生じる。それは、5,730年の半減期を持ち、人類の歴史に適切な年代測定物質として理想的で、それは考古学にとって素晴らしいことに本当の年代の数十年以内でそうすることができるのだ。けれども、それは、ある特定の象牙のかけらが、20年前を少し超える特定の日の前か後ろにそれを伸ばした象からとられたかどうかを当てるにはそれほど使えない。しかし、ウノ博士は、最近炭素14の2番目の下があることを認識した。それらの爆弾試験だ。そして、それらは彼に彼の求める正確さを与える。

ふつう、大気中の炭素14の量は、宇宙線がそれを作り出す率と光合成のようなものがそれを吸い込む率によって支配される。しかしながら、地上での爆弾実験が一般的だった1952-62年の間に、大気中の炭素14の量は、通常の水準のほぼ倍になるところまで跳ね上がった。それ以来、植物が余剰物を吸い込むにつれて、同じくほんの徐々にそれは減っている。そしてそれは古い均衡が取り戻されるまで下がり続けるだろう。この「爆弾曲線」として知られるものは、とても速く変わるので、最近の標本の炭素14の水準の年ごとの違いが検知できて当然だ。

この仮説を試すために、ウノ博士とその同僚は、1905-2008年の時代のわかったものの29の標本を見た。これらには、象の牙、葉、そして尾の毛、それから(そのすべての取引が寄生されている)カバの歯が含まれていた。彼らは、加速器質量分析と呼ばれる繊細な技術を使ってその標本の炭素14含有を測った。1955年以後に成長したこれらの組織にとって、研究者たちがそうだろうと望んだように、炭素14の集中は、爆弾曲線と近く合った。実に、これらの符合は、真実の年の数年以内に年齢を決定しうるのにとてもよかったのだ。

いまのところ、ウノ博士の技術はそれぞれ1,000ドルかかるので、特にアフリカの貧しい国などの場所には、それを展開するのに気が進まないところがあるかもしれない。しかし、象牙の違法取引が年に約10億ドルの価値があると計算される文脈では、それは巨額のカネではない。そしてもしそれが、過去40年で130万頭から60万頭にアフリカでその数が減っている象保全の役に立つのならば、多くはそれがカネがうまく使われたとみるだろう。
 

発行日: 
2013-07-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加