売春をして - フランスと売春

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

新しい政府はもっとも古い職業を廃止したいと思っている

初心者にとって、森の中の道路のわきに閃いている地面の上の棒に結び付けられたみすぼらしい青いビニール袋は、単なるゴミかもしれない。しかし、木の下にいる女性のその太ももまである白いブーツときついショーツは、何か違うことをあらわしている。売春はパリの高級な部分から追われているので、女性たちはその取引を他の所で営んでいる。首都の外の森から、繁栄する事業が歩道で広く昼間に始まり夜遅くまで続くかなり移民の多い18区のバルベス大通りに至るまで広がっているのだ。

先月社会主義者の女性大臣ナジャット・ヴァロー=ベルカセムは、その取引を全部禁止したいと宣言して、騒ぎの原因となった。「問題は、(答えがイエスである)我々が売春を禁止したいかということではなく、いかにしてそれをする手段を自分たち自身に与えるか、だ。」と彼女は言った。1年前、国会は、フランスの「廃止主義者」の見方とその「売春なき社会」を作り出す欲望を再確認する決議を可決した。売春それ自身は違法ではないが、売春宿は、客引きや(3月にドミニク・ストラス=カーンにかけられた罪である)売春あっせんのように、違法だ。今、その大臣は顧客も同様に犯罪化するというより厳しい考えを提起している。

マスクをしたり、服装倒錯をしたりした多くの売春婦たちが、最近、それに反対し彼女たちの権利を求めてパリの町中を行進した。一つのグループは、「タルトになる誇り」を宣言する旗を持っていた。犯罪化がその仕事を地下に潜らせ、健康リスクを増し、彼女たちをより違法商人のなすがままにすると論ずる者もいる。多くの少女たちが、彼女たちをフランスに連れてきた違法商人によって課された5,000ユーロ(6,100ドル)から5万ユーロの間の金額を支払うために売春をすることを強いられている。過去15年以上にわたって、外国のネットワークが国内のものにとってかわっている。1994年にフランスで働いていた売春婦の25%以下が外国人だった。今では、その数字は90%を超えており、ほぼ2/3のあっせん者は外国人だ。半分以上の女性たちは東ヨーロッパがアフリカから来ており、少女たちの新たな流行は英語を話すナイジェリアからだ。

フランスは売春を収容する長い歴史を持っている。ナポレオンの下で、売春婦は登録され、健康検査をされ、売春宿は合法だった。売春婦は、王宮の街路樹の下を顧客とともに自由にさまよったものだった。1840年に、パリには200程度の売春宿があり、その客間はドガやロートレックによって19世紀後半の画題にされ、英国のエドワード7世に好まれた。寛容は、しかしながら、売春宿が違法となった1946年に突然終わった。売春を制限する法はそれ以来徐々に厳しくなっている。

警察の努力は、今では、内務大臣のマニュエル・ヴァルスが「新たな奴隷制度」と呼ぶものに関与している、違法商人に集中している。2010年に、フランスは、ほとんどが東ヨーロッパとバルカンで運営されている39の国際的な売春の輪を取り除いた。しかし、スウェーデンがしているように、顧客を犯罪化することは、新たな法と異なった警察のやり方を必要とするだろう。

現状は、売春を取り締まることは、それを移すだけの傾向にある。2003年に、当時の内部大臣のニコラ・サルコジは、客引きを違法にした。それ以来、それは近所ではより見えなくなっている。しかし、パリの警察長官によると、首都の西の端であるボワ・デ・ブローニュで営業する売春婦の数は2011年だけで倍になっているという。彼の前任者は警察に、売春婦によって使われているそこに止められたヴァンを取り除くよう命じた。しかし、議会報告が去年認めたように、「売春は消えるどころではなく、(サン・ジェルマンの森のような場所に)地理的に動いただけだ」。そのビニール袋はしばらくの間はためきそうだ。
 

発行日: 
2012-07-14
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメントを追加