聖戦士たちはどこへ行ったのか? - マリへのフランスの介入

フランスは砂漠で勝利しているが、長期的にはより厳しいときに直面している

1月26日にフランスの兵士が北部の町ガオに乱入した時、彼らは聖戦士たちを撃退するための3週間の作戦に決定的な勝利を得た。しかし、その勝利が本当に感じられたのは2日後に伝説の町トンブクトゥの泥でできた通りを行進した時だった。最後の砦の離れたキダルの反乱軍は、依然としていくらかの影響力を持っているが、交渉を望んでいると伝えられる。

フランスはその介入をアフリカ軍との共同行動であると示すことに執心しているが、その兵士たちはナイジェリア、セネガル、コートジボワールやほかのさまざまな軍隊が到着するのを待たなかった。1,000人強のマリ軍を伴った2,900人程度のフランス軍は、去年の4月以来アル=カーイダに率いられた反乱軍によって占領されているマリの広大な砂漠の広がりの中の3つの大きな町へ迅速な襲撃をくらわせた。

反乱軍のその地勢の知識とゲリラ戦の経験にもかかわらず、彼らは伝統的な軍のように戦うことを選んだ。町を奪って守り、車で道に沿って進むことはフランスのジェット機に格好の目標を与えた。今、彼らはよりよくできるやり方に立ち戻るだろう。砂漠の中でゲリラとして生き残るのだ。

では次に何が起こるのか?フランスはマリが安定するまでとどまると約束しているが、それはその努力を率いることを意図してはいない。その仕事は、マリ軍はもちろんアフリカの援軍も同様にやることになる。彼らはひどく試されるだろう。

聖戦士とトゥアレグ反乱集団のマリでの緩やかな混合は消散している。肌の色のうすいものたちやアラブ系は北の砂漠の中に行く傾向がある。肌の黒いものたちは南の乾燥した農耕地帯に逃れた。

彼らは以前ほどまとまっていない。フランスとそのマリの同盟者たちの狙いは、主にナイジェリアやその向こうからやってきた宗教的狂信者たちをマリ人やそれほど熱狂的ではない反乱軍と分けることだ。過激派アンサル・ディーン集団から別れたものは、すでに話し合いの準備ができているかもしれない。独立ではなくとも自治を要求しているトゥアレググループのいくらかもそうかもしれない。しかし、より反抗的な狂信者たちは、資金と指導力の点で反乱軍の中で優位に立っているかもしれない。1月の初めに短期間反乱軍によって占領された町のディアバリーの人々は、アラビア語を話す外国人が命令していたと語る。

強硬派は戦いを続けそうだ。彼らはテロリスト攻撃を始めるよりもむしろ誘拐と密輸に集中したものだが、彼らの中には自動車爆弾と自爆テロ用の服の作り方を知っているものもいる。彼らは、ガオ、キダル、トンブクトゥでの守りを失えばマリやフランス、そしてその同盟軍を目標にするかもしれない。

何年にもわたるアメリカの訓練の後でさえも、自身規律のないマリの軍隊は、反乱軍にはかなわない。マリの兵士たちは、去年の終わりに、おそらく聖戦士たちと結びつけて、ディアバリーのそばのバスの中で16人の非武装のムスリム宗教家たちを殺したと言われる。多くの信心深いムスリムたちは怒り、反乱軍シンパになっているかもしれない。

マリ軍とトゥアレグ少数派との間の関係は、間違いなく悪いままだ。1990年代の蜂起の後で、トゥアレグは彼らを統合する計画の下で、その軍と警察に参加するよう奨励された。しかし、去年北部をトゥアレグ反乱軍が侵略した時、多くが脱走した。マリの兵士たちは報復殺害を犯しているかもしれない。

EU訓練チームが、とりわけ人権尊重のために、マリ軍を教育しようとするためにすぐに到着することが期待される。ヨーロッパ人はまた、ほとんどが砂漠の戦争の経験がない15か国の西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)に属する様々な国からの軍隊のいくらかを訓練する助けをするかもしれない。

一方、マリの政治は依然として混乱している。「安定のためには選挙が必要だ。」ある西側の外交官は、公正な選挙がその国の北半分の軍による再征服と同じくらい重要だと付け加えながら語る。ほぼ1年前の軍事クーデターの後で、きちんとした政府は現れていない。しかし1月25日に、運が良ければ選挙につながる一連の段階を設計し、反乱軍を取り入れる提案を含んだ計画を閣議決定した。首都バマコで、そのような価値のある考えがすぐに実現されると信じるものはほとんどいない。マリを元に戻す難しい部分はやっと始まったところだ。
 

発行日: 
2013-02-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加