履歴損失削減 - 燃料節約型タイヤ

米のもみ殻から抽出されたシリカはより環境にやさしいタイヤを作る

タイヤは工学の注目すべき一片だ。滑りやすい曲がり角での高速運転で、それらはたった数平方センチメートルしか道路と接触しないが、それらは運転手がその過度の周りで安全にハンドルを切るのを助ける。かつて、それらは完全に天然ゴムからできていた。最近、それらはまた、ゴムのようなポリマー、鉄を編み込んだ層、そして繊維の補強物を含んでおり、そのすべては成績を改善し、燃料消費を削減する。今、イタリアのタイヤメーカー、ピレリは、彼らの材料の一つを籾殻から抽出することによって、さらに環境にやさしい燃料節約タイヤを製造している。

燃料を節約する一つの良い方法は、幾分かは車の重量が繰り返しそのタイヤを押しつぶすことによっておこる回転抵抗を減らすことだ。タイヤが弾むとき、それらは運動エネルギーを熱に変え、ゆえにそれを無駄にする。履歴現象損失として知られるそれは、タイヤのゴムに強い化学結合を持つ粉末素材を混ぜることによって削減できる。

過去には、選択できる素材は、石油製品の不完全燃焼によって作られるすすだらけの物質であるカーボンブラックだった。より最近には、(砂から出てくる二酸化ケイ素である)シリカが前線に来ている。シリカは履歴損失をタイヤの制御を減らすことなく下げるので、より良い。それは、ゆえに回転抵抗をその前身物と比べて約30%削減する。それは燃料消費換算で5-7%の削減だ。そしてシリカはまたタイヤが濡れた時の制御もよくする。
 

ブラジルが立ち直る

砂は安い。しかしそれをタイヤ使用に合うように加工することは努力と資金を必要とする。だからもし自然が使用に会うシリカの穀物を提供するのならば、それはボーナスだろう。そして実際自然はそうしてくれる。草は、脊椎動物と昆虫両方の草食生物をくじくために、植物化石と呼ばれる小さなシリカのかけらを含んでいる。ピレリの技術者は、それらの防御的な武器が、履歴損失を支配するためにタイヤに加えるのに理想的な大きさで、その十分な供給が米の脱穀からの残りである籾殻の中から利用できることを認識した。

もみ殻はかつてはごみだった。最近、それらは小規模発電機で燃料として使われるので、いくらかの価値を持っている。しかし、ピレリの視点からは、それはよいことだ。その会社が関心を持っているのは灰の中に残った植物化石であり、今まで灰は本当にごみだったからだ。その会社は、南部ブラジルの米作地域にある町のメレイロに工場を立ち上げ、植物化石を抽出し、それをタイヤの中に入れている。工場の電力を助けるために燃やされたもみ殻から灰はとれる。

1トンの米は約200キロのもみ殻を生産し、それらはひいては40キロのシリカを生み出す。その計画の責任者のダニエレ・ロレンツェッティによれば、2015年までにその工場は、ブラジルで作る40万トンのタイヤに必要なシリカのほぼ1/3を供給するという。

その技術は、特にほかの米生産地域で、急速に広がりうる。ブラジル人にとって、それはおいしい皮肉だろう。アマゾンの熱帯雨林はゴムの木のもともとの産地だったが、ブラジルのゴム産業は、アジアに輸出された種がライヴァルのプランテーションを立ち上げるのにつかわれた時破壊された。アジアの農産物を取り上げ、それをより良いタイヤを作るのに使うことによって、彼らは元に戻るだろう。
 

発行日: 
2013-01-05
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加