ギャング戦争 - 南アフリカ

政府は現在のギャング暴力の大発生にどのように取り組むかについて自信がない
 
ケープフラットとはよく名づけたものだ。その町の一つであるマネンブルグの通りは、まっすぐで、平らで、ものさびしい。コミュニティ・センターの外の壁は、有刺鉄線が巻いてある。中では、慈善団体の子供のラジオ基金によって運営されるワークショップに参加している。
 
彼らはその地域を徘徊するギャングを、その名前を暗唱して、よく知っている。アメリカンズ、ハード・リヴィングス、ジャンキー・ファンキー・キッズといった具合だ。その子供たちの日中と夜中は、銃声にちりばめられている。彼らが銃声を聞くとき、その音がどれほど近いかを見るためにテレビの音を小さくし、屋内にとどまる。無実の人々がしばしば一斉射撃を浴びる。
 
南アフリカの西ケープ州でのギャングの暴力は、7月にその州の首相で全国的野党の民主同盟(DA)を率いるヘレン・ツィレが軍隊を送るよう要求するような度合いに達している。7人の子供たちを含んだ少なくとも23人が、過去5か月で殺されている。
 
何年にもわたって、ギャングは国中に広がっている。しかし、彼らは特に西ケープで活発だ。彼らは最初に、アパルトヘイト政府がケープタウンの(南アフリカの混血人種である)カラードをシティセンターの近くの古い地区からケープフラットの町に強制移住させた結果として現れた。現在、州政府は、西ケープで約130のギャングが10万人の構成員を持っていると計算する。戦略学研究所の組織犯罪専門家チャールズ・ゴレダマは、それよりも少ない75から100のギャングが暴力行為の準備をしているおそらく1万人の活動中の構成員を持っていると考えている。
 
過去20年間、ギャングは薬物の密輸とつながるようになっている。ケープタウンは目的地と積替地になっている。南アフリカ医療研究委員会は、その町がその国で最大の薬物市場の一つだと説明する。西ケープでの薬物関連犯罪の数は、2010年4月から2011年3月の間で7万を超えており、それをはるかにもっとも薬物に依存しがちにしている。
 
ツィレ女史の軍隊要求は、議論を呼んだ。警察大臣のナティ・ムテトヮと新しい全国警察長官のリア・ピイェガの両方が反対している。南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは、彼らに状況を調査し、報告するよう命じた。西ケープでの警察作戦長のピーター・ジェイコブス大将は、軍隊はギャングを扱うようには訓練されていないと語る。ツィレ女史は、警察がうまくその仕事ができるように、軍隊が最悪の地域の街路を単に警備してほしいと言っているだけだという。彼女は、ラヴェンダー・ヒルの人々が軍隊を欲しており、そのような地域では、かつて軍隊が送られた時に、暴力が大きく減ったのだと語る。
 
マネンブルグの子供たちは、警察を呼びこんでギャングと戦わせるという考えに笑う。警察はギャングたちよりも害のない子供たちをより逮捕しそうだろうと彼らは言う。2010年に不正で有罪とされた前警察長官のジャッキー・セレビの元で、ギャングと薬物に対応する特殊警察部隊が解散した。警察は特別な仕事に捧げた部隊に熱心ではない。ジェイコブス氏は、彼らが立ち上がったような特定の脅威に集中する現在の制度は、よりよく機能すると語る。
 
ツィレ女史は同意しない。彼女は、薬物とギャングに対するその運動は、特別部隊が解散してからもたついていると語る。地方政府高官は、ギャングが警察を殺したという目撃証言がある時でさえも、あまり訓練を受けていない役人によるごまかしの仕事は、判事がしばしば訴訟を裁判所から投げ出すことを意味するという。ジェイコブス氏は、そのような批判にはいくらかの真実があると受け入れるが、ほかの要素もまた影響していると主張する。
 
どのようにギャングに対処するのか、という質問は、政治的風味を持っている。西ケープは、全国を支配するアフリカ民族会議(ANC)の主要野党であるDAによって運営されているたった一つの州だ。DAはその領域を2014年の選挙で拡大したいと望んでいる。もし軍隊が送り込まれれば、それはDAの全国警察と政府に対する批判を支持するかもしれない。ANCは対照的に、軍隊を送ることはDAに統治能力がないというさらなる証拠になるだろうという。
 
ツィレ女史は、授業後のクラブ活動が子供たちをギャングから守る役に立つと望む。彼女は、薬物中毒者が治療を受けられるセンターを立ち上げることができるかどうか見るために法律顧問に助言を求めている。しかし彼女は、長期的に、ギャングを取り除くことは、教育と職の問題だと知っている。怒れる若者たちが働く動機づけを持つときだけ、彼らはギャングの魅力やそれが提供する不快で野卑で短い人生に抵抗するだろう。
 
 
発行日: 
2012-08-11
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加