原生林の中に - 遺伝子組み換えの木

あるGM品種が、間もなく慎重に自由化されるかもしれない

伝承によれば、昔々、リスはメインからフロリダまで地面に触れることなしにアメリカの栗の森を通って移動することができたという。北アメリカの栗の木の数は、当時約40億本あったと計算される。もはやそうではない。斧とチェーンソウは、責任の一端を担わなければならない。しかし、一番の犯人は、栗の木を枯らす原因となる菌の、クリ胴枯病菌だ。19世紀後半に、アジアからのいくつかの感染した見本が、クリ胴枯病菌を北アメリカにもたらした。1950年までに、栗の木はその大陸のほとんどの場所で、思い出を少し超える程度のものとなった。

しかしながら、アメリカの栗の木は、遺伝子工学のおかげで、再び増え始めようとしている。今月、農業省の警戒した目の下で、ジョージア、ニューヨーク、そしてヴァージニアで、三つの実験的区画が植林される。その普通の遺伝子補完物とともに、これらの木は、その金からそれらを守ると研究者たちが望んでいる少数の他のものとともに備え付けられている。

その計画は、その数が菌による病気や病害虫によって破壊されている木の種類を救うために遺伝子工学を使うという考えを見るために設立された特殊法人である森林健康計画(FHI)によって組織されている。それは、いくつかの大学で後援付研究をしており、今月の試験は最初の大きな実地テストだ。もしそれがうまく行けば、FHIは、アメリカの森林地帯にその種を再び打ち立てるという意図を持って、遺伝子組み換えの栗の木を野生に飢える許可を政府に求めるだろう。そしてもしそれがうまく行けば、それは(甲虫由来の菌の感染であるニレ立枯病によって破壊されている)楡の木、(北アメリカではアオナガタマムシと呼ばれる甲虫によって、ヨーロッパではトネリコ枝枯れ病と呼ばれる菌による病気によって脅かされている)トネリコの木、そして(樹液を吸う虫の羊毛カサアブラムシによって悩まされる)混乱させることに栂として知られるモミの木を復旧する計画のモデルを提供しうる。

栗の木保護のための遺伝子探査は、シラキュースのニューヨーク州立大学のウィリアム・パウエルとアセンズのジョージア大学のスコット・メルクルによって、1990年にはじめられた。パウエル博士は、栗の木の立ち枯れ症状の多くは、クリ胴枯病菌が育つときに生み出すシュウ酸によるものだと知っていた。彼はまた、シュウ酸を無毒化するしゅう酸オキシダーゼという酵素を小麦が持っていることも知っていた。彼とそのチームは、それ故に、しゅう酸オキシダーゼをエンコードする遺伝子を小麦から栗の木に移した。去年の夏、彼らはシュウ酸が実に立ち枯れ耐性を強化できることを示したのだ。

数年前、FHIはパウエル博士など数人の研究者に、中国とアメリカの栗の木を交配しているグループのアメリカ栗の木財団の作業を見る関連研究をするよう頼んだ。クリ胴枯病菌はアジア原産なので、アジアの木はそれに耐性を持つよう進化している。その財団は、守られるのに十分な中国産だが、現地のものとして合格するのに十分なアメリカ産であると雑種を作ることを望んだ。

二つの種の遺伝子の助けを得て、パウエル博士とその協力者たちは、27の中国の栗の木の遺伝子をアメリカの木で試し始めた。今月植えられる予定の800本の木は、これらの遺伝子、もともとの小麦の遺伝子、そしてほかの木の種類からの6つのさらなる遺伝子の様々な組み合わせを含む。そしてその結果はすぐに来て当然だ。枯れ耐性の実地試験は、木々が数歳の時に一般的にされるが、パウエル氏のチームは、木々が1歳以下の時にその木が耐性を持つかどうかを知ることができると彼らが信じている、若木の葉の試験を案出している。

その試験自身は、3年間続き、それを行う研究者たちは、遺伝子組み換えした栗の木が現地のエコシステムにいかに合うか、そしてそれらがどれほど健康かを監視する。もしそれらがフィットすることができ、そしてフィットしているのならば、それらを野生に放つかどうかの決定が、それからなされるだろう。それは、農業省、環境保護庁、そして食品医薬品局次第だろう。

今まで、遺伝子組み換えの木は厳しい商業的な狙いを持っていた。成長の速度を上げ、植林を意図した種の環境的耐久力を拡張することだ。遺伝子組み換えのこの使い方は、そのような「超木」が逃れ出て野生の森林に損害を与えるかもしれないと恐れる環境主義者に反対されている。けれども、FHIの目的は、原生林をいやすことであり、それらを傷つけることではない。もし曽於実験がその仕事をしうる栗の木の種族を作るのならば、いかに熱心な環境主義者がそれを受け止めるのかを見るのは興味深い。
 

発行日: 
2013-05-04
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加