10代の隠語 - ドイツの方言

 

純粋主義者は認めないかも知れないが、多民族方言が広がっている
 
ドイツで13の言語がユネスコの絶滅危惧リストに載っている。都心の10代の隠語であるキーツドイツ語はその中にはない。「明日私は映画に行く。」を意味する「Morgen ich geh Kino.」と、若いクロイツべルクの住人は言うかも知れない。標準的なドイツ語では、動詞が2番目に来て、省略された「へ」が付け加えられた「Morgen gehe ich ins Kino.」と言うだろう。トルコ語やアラビア語から借りた言葉もまた持ち込まれるかも知れない。
 
このような言葉は、ベルリンや他の大都市で聞くことができる。ほとんどのドイツ人は、その話者は移民かその子供たちだと推測する。その話題について新たな本を書いたポツダム大学の言語学者、ハイケ・ヴィーゼは、必ずしもそうではないと語る。ドイツルーツの子供たちも含んだ「多言語地域にいるすべてのタイプの子供たちが」キーツドイツ語を話す。外国の類似語もある。オランダのstraattaal(街路の言葉)やスウェーデンのストックホルムの多民族地域のために名付けられたRinkeby-svenskaなどだ。
 
キーツドイツ語は、1990年代に学者によって気付かれたがおそらく10年かそれ以上古い、新たな方言だとヴィーセ女史は語る。それは、標準的なドイツ語よりもより大きな表現力を許す独自の文法を持っている。動詞を詰めることによって、キーツドイツ語は、誰が何をしているかと言うだけではなく、いつ、ということも強調できる。「Musstu」は「あなた」と「しなければならない」の気の利いた融合だ。言語学者は方言の死を悼んだものだが、今、彼らは一つが「リアルタイム」で成長するのを見ることができる、とヴィーゼ女史は語る。
 
そのような意見は、人々を怒らすことができ、いくつかの場合、ヴィーゼ女史に低俗な電子メールを送るほどだ。少なくとも、ドイツのルーツを持たない子供たちの1/3と、ドイツ語を話す家に育った子供たちの1/10が標準的なドイツ語を正しく話さない。学ぶことなしには、雇われるのが難しく、最後には失業手当に頼るかも知れない。正しいホホドイツ語の替わりにキーツドイツ語を口走ることは、居候の未来の受容を示唆する。
 
キーツドイツ語は、方言ではなく話し方だ、とバンベルク大学のドイツ語教授ヘルムット・グリュックは語る。そのようななまりはしばしば、絆の感覚をはぐくむために学生や兵士などの集団で発展する。純粋主義者は、その縮んだ文法と語彙に不平を言う。しかし、ヴィーゼ女史は、若者は標準語も話すべきだと考えているが、キーツドイツ語は「ブロークンなドイツ語」ではない、と主張する。それは、異なった起源を持つ人々を排斥するのではなく混ぜ合わせるよう促す。キーツドイツ語の話者の中には、傷を抱える者すらいる。その耳慣れない言葉は、1995年に出版された「Kanak Spark」(Kanakeはある外国人を侮辱する言葉)で評判を得た。喜劇がそれを増幅した。今では、クロイツべルクに足を踏み入れたこともない若者の間でこだまを聞くことができる。キーツドイツ語はここにいるんだ、おしゃれさんたち。
 
 
発行日: 
2012-02-11
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加