ゴール!ゴール!ゴール! - ドイツサッカー

ドイツのサッカーの勝利は、そのヨーロッパでの役割についてなんといっているか

今年のチャンピオンズ・リーグで、ドイツのクラブが優勝する。豊かな南部からのバイエルン・ミュンヘンであれ、ブルーカラーのヴェストファーレンからのボルシア・ドルトムントであれ、他のヨーロッパ人は不快な気持ちを持つかもしれない。この、(初めて)ロンドンのウェンブリースタジアムでどちらもドイツの決勝が行われることは、ドイツの優勢の別の兆候ではないのか?たぶん適切に、そこに就くために、彼らはユーロ危機の国からのライヴァル(バルセロナとレアル・マドリー)を処刑した。

サッカーは戦後のドイツ史を反映する。多くのドイツ人にとって、その国の心理的な再生は、スイスで西ドイツがハンガリーに勝って最初のワールドカップを勝ち取った1954年の「ベルンの奇跡」とともにやってきた。別の奇跡ヴァーチャフツワンダー(経済の奇跡)は、真っ最中だった。3年前に、パリ条約が調印された。3年後にローマ条約だろう。ヨーロッパ共同体が作られており、ドイツ人は再び大陸の家族の一員だと感じた。

それが経済的に成長するにしたがって、西ドイツはさらにサッカーの成功を収穫した。「皇帝フランツ」ベッケンバウアーが、主将として1974年にそれを2度目の、そしてコーチとして統一の年の1990年に3度目のワールドカップに導いた。しかし、1990年代後半に、ドイツは「ヨーロッパの病人」だった。その経済は停滞し、サッカーもそうだった。現在のヨーロッパのための教訓は、ドイツが次に何をしたかに現れる、とケルンドイツスポーツ大学の教授、マルティン・ノルテは語る。

それは改革した。2003年から、その国はその労働市場をひっくり返し、福祉から費用を絞り出し、その労働力をより柔軟にした。同時に、頭の固いサッカー協会は、1部と2部リーグの36チームにタレントアカデミーを立ち上げるよう言った。これらは見込みのある若者を育て、ドイツ産業での二重教育制度に似た寄宿学校で彼らを教育する。

同じくドイツに典型的なのは、持続可能な実力主義への合意だった、とノルテ氏は語る。選手の給料に上限を決める法はない。しかし、関係者は皆、国際的な標準で合理的に、その資金を保つことに合意した。産業も同じことをし、組合と従業員が賃金を抑制することに合意している。

もっとも目に見えることは、ドイツが開いたことだ。(2012年に100万人以上の純流入があった)ドイツの職に移民が押し寄せたように、選手たちもドイツのクラブに参加した。バイエルンとドルトムントの中には、4人のブラジル人、3人のポーランド人、ペルー系イタリア人、セルビア人、クロアチア人、コソヴォから亡命してきたスイス人、フィリピン・ナイジェリア系のオーストリア人、ウクライナ人、そして二人のオーストラリア人などがいる。ドイツ人選手の中には、何人かの二重国籍の選手や「移民の背景」を持つものがいる。小説家のトーマス・マンがかつて言ったように、もし選択がドイツのヨーロッパなのかヨーロッパのドイツなのか、ということならば、サッカーは2番目を指し示す。
 

発行日: 
2013-05-25
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加