経済の新たなルール:グローカルになれ

グローバリゼーションはアメリカから出ている一方通行だった。今、高いエネルギー価格、政治的リスク、そして技術変化が機会を元に戻している。ようこそ地方経済の時代へ。

もし、現在の合衆国経済が直面している巨大な範囲の機会と挑戦を例証する単一の会社があるのなら、それはイリノイ州ピオリアの重機大手、キャタピラーかもしれない。ほとんどのほかの企業と同じように、キャタピラーも金融危機の後に一撃を受けた。しかし、それ以来、それは立ち直った。いかにして?強い第2四半期の後で、その会社の2年連続の記録更新の年を送っており、その有名なブルドーザー、トラクターそして鉱山設備を世界的に700億ドル売りそうだ。

最近拡大した東ピオリア工場で製品がラインから出てくるにつれ、すべての製品がその最終目的地を示した旗で印をつけられる。たくさんの中国、インド、そしてオーストラリアの旗がはためいている。しかし、たくさんのアメリカの旗もあり、その数は増えている。「我々はこれらの旗を数年前に立てはじめた。私は労働者に世界化が必ずしもあなたの職を取る誰かについてのことではないということを理解してほしかった。」キャタピラーのCEOダグ・オバーヘルマンは語る。実に、キャタピラーは、多くの地域的市場と比べてそれほど単一の世界市場については考えていない。その会社は世界的だが、できるところでは石油価格や通貨のリスクから顧客の好みの変化まですべてに対して自然のヘッジを行う地元調達地元生産をしている。要点は、職と成長を多かれ少なかれ合衆国と世界のほかの部分との間で等しく分けあうということだ。

これは、いかに世界化が機能すると考えられているか、ということではない。ほんの最近まで、それは一方通行だとみられていた。40年かそこら前に成長する世界市場へのその突撃を率いたアメリカの会社がその大使で、賃金と上方への流動性が平坦化されるアメリカの労働者が犠牲者だった。核心的な考えは、世界化、技術革新、そして足枷を外された自由貿易は、歴史的そして地理的境界を消し、世界をかつてないほど経済的に相互連関しよく似たものにしているだろう。(フォーリン・アフィアーズ誌の記者トム・フリードマンは彼の本の題「フラット化する世界」でこの概念を立派に要約した。)このヴィジョンでは、すべての国が平坦な競技場の上におり、合衆国は熱心な成り上がり諸国からのさらに大きな競争圧力にさらされるだろう。それは、経済学者が大平穏と呼ぶ前例がないほど市場が落ち着いた期間である1980年代中ごろから2008年のもののように機能した。もはやそれほどでもない。

真実は、世界は我々が考えたほど平坦ではなく、それはより凸凹になっている。前提の欠点が焦点に入っている。次のことを考えよう。燃料価格と政治的リスクが上がる時、広範囲にわたる世界的供給網はそれほど経済的意味を持たない。合衆国の高度熟練労働者が運転するロボットが仕事をさらに安くできるようになるまで、中国の低賃金労働者は魅力的に見える。足枷を外された自由貿易は、世界の最も早く成長する経済がゲームのルールでプレーしなくなるまで偉大に見える。

金融危機以来、統合よりも分断化がより規範的になっている。ユーロ圏危機から中国での共産党の内輪もめまで、どこでもそれを見ることができる。ほんの過去数か月で、アルゼンチンがその最大の石油会社を再国有化し、いくつかの国がその国の通貨を資本管理下に置いた。EUから日本まで、中国からトルコまでの豊かな地域と貧しい地域が、課税を強化し、制限を輸出し、利己的な規制変更をしている。世界貿易機関の事務局長パスカル・ラミーは、保護主義の増大を「警告すべき」と呼び、1930年代に後戻りしているとやきもきする。

世界中にあるすべてのリスクを考えれば、アメリカの歴史的な3-4%の年間成長の代わりに、2%の経済が予見できる未来での新たな標準になっている。だから、新たな標準で生き残ったり、繁栄したりすることは可能なのだろうか?

その答えはイエスだが、それは、どこを見て、いかに軸を置くかを知っていればだ。この変動の新たな時代の鍵となる公理は、「地元のものはすべて明白な優先順位を持っている」ということだと、社会的雰囲気と市場を研究する金融研究者のピーター・アトウォーターは言う。それは、地域的な経済生態系と、すべての船を調達するのに世界市場に頼る代わりにいかにして故郷で職の創出を育てるかに、より大きく焦点を当てることを意味する。つまり、我々は世界化の神話と、故郷により近い未開発の経済力をいかにして解放するかに気づくことは必要だということだ。ここに地元経済の新しいルールのいくつかがある。
 

ルールその1:地元の銀行員が最善を知っている

大平穏の間に、金融は世界を支配した産業だった。それは世界化の車輪に油を差し、妖精のほこりのように資本を広げ、1975年にはだいたい11%だった合衆国での総法人利益の30%ほどを示すようになった。金融危機の後ですらも、銀行はかつてないほどに経済において大きな割合を示している。ゆっくりと、しかし確実に、それは変わっている。依然として構築中のドッド・フランク銀行規制は、いくつかの新しい銀行スキャンダルに続いてきつくされるかもしれない。大西洋両岸での規制者は銀行を抑制する新たな圧力をかけており、連銀すらも銀行に貸すことを強いて不動産市場を刺激する方法を考えているかもしれない。大衆の安全な金融制度への叫びが大きくなるにつれ、銀行が最後にはより小さく管理しやすい小片に分かれ、より多くの資本を持つよう強いられそうで、その産業を普通のレッセフェールの世界的事業から遠ざけ、より伝統的な銀行モデルに向かっている。

すでに、ヨーロッパでは、銀行業は国境線に沿って小さく分割されている。そこでは、銀行業の10年にわたる国境をまたいだ統合の巻き返しは、ユーロでの信用の欠如を強調し、大陸経済全体のより深い断絶を露出するので、悪いことだと判明するかもしれない。

しかし、合衆国では、銀行業の変化は幸福な事件かもしれない。管理するのに大きすぎる組織は抑制されるか分割すらされるかもしれず、小さな存在に彼らができる最善のことに集中させ、それを野心的な取引か地元の貸し付けにする。(地面に近くなることで、そのような商業銀行は彼らの消費者についてよりよく知るようになり、それはリスクを和らげ小事業への資本の流れを増やしうる。)利幅が縮むにつれ、銀行の課す手数料は高くなるかもしれない。しかし、銀行業はまた、その素晴らしい人生でのそれらしいやり方になるかもしれず、「それは人々を地元の共同体に再び結びつけるという点で一定の利点を持つ。」とアトウォーターは語る。
 

ルールその2:製造業が重要だ

金融が背景に次第に消えてゆくにつれ、製造業が真ん中につけ、それぞれの故郷の業績が周りの経済に重要な持越し効果をもたらす。

製造業が世界的な成長駆動者として伝統的な役割を回復するにつれ、世界が新たな産業革命の縁にいつというのは過度に劇的になっているものではない。世界産出における製造業のシェアは17.4%で、この10年間で最高になっている。その成長は中国によってだけではなく、政府のデトロイト救済によって後押しを得ている(算出において世界で二番目の工場国家である)合衆国によっても駆り立てられている。実は、もし合衆国の製造業部門が一つの国ならば、それは世界で9番目の経済なのだ。

政府の支持は、確かにその公共の一つの理由だ。それはしっかりとした中所得の職を生み出す経済における数少ない領域のうちの一つなので、製造業はとても重要だ。(ルールその3で分かるように輸出主導型の職は平均よりの9%多く支払う。)最新の合衆国の職の数がそれほど悪くないのは、デトロイトがそれを保っているからだ。弱いドルとより競争力のある世界的賃金率もまた、ほかの二つの鍵となる傾向と同じように、合衆国製造業を助けている。ますます多くのアメリカの輸出品を購入する新興市場の勃興と、商業建設や農業のような経済のほかの部分を刺激するシェールガスと石油の国内でのエネルギーブームだ。これは、経済のほかの部分に重要な流出効果を持つ製造業を強調する。経済分析局は、製造業GDPの1ドルごとに非製造業経済での1.42ドルの活動の増加がもたらされると計算する。

その事実は人もあろうにエアバスのCEOファブリス・ブレジールによって告知された。彼はそのヨーロッパ航空大手が新たな工場を開いたアラバマ州モービルで7月2日に発表を行い、ヨーロッパと比べて合衆国のより競争力のある労働力と成長の風土を引用した。それは、フランス人とドイツ人にとって苦い日だった。製造業は、民間部門の研究開発の70%と合衆国で発行された特許の90%を占め、革新の鍵となる源だ。エアバスのような高級製造業の操業が共同体に店を立ち上げるとき、その利益は不釣り合いに地元の生態系の中にとどまる。経済学者のウォルフガング・ケラーによると、製造拠点から1,000キロ離れると流出利益は半分になるという。

だから、どのようにこれらの地元の中心をより多く作り出すのか?高度熟練労働力へのアクセスを確保し、教育者を職の創出者に結び付け、小さな事業が大企業への供給者になることを助けるのだ。
 

ルールその3:ブルーカラーの職はハイテクになる

東ピオリアのキャタピラーの工場ラインで、さらに別の重要な新標準の傾向が示されている。労働の二極分化だ極端に安い労働者のロボットが、今、その工場での多くの退屈で肉体的にきつい溶接の仕事をしている。べつの仕事は、多くがロボットを操作するコンピューター技術を必要とする、高級な技術者によってなされている。その会社がロボットを追加している過去数年間にわたって、人間の従業員の数は実際には減っていないが、彼らの技術水準は上昇している。溶接は、もはや高卒資格しか持たないものの仕事ではない。それは、高度な社内訓練かコミュニティカレッジの資格を必要とするものだ。

この状況は、世界的労働市場の縮図だ。アップルが最近その供給者のフォックスコンとともに、その中国工場の労働者への支払いを押し上げ労働時間を削減するためにともに働くだろうと発表した時でさえ、フォックスコンそれ自身は次の3年間にわたって中国中の工場で約100万の産業用ロボットを展開する計画を持っている。中国の労働者は、給料が年に約17%上がって、より高くなっているが、その生産性はそれほど速くは増えていない。それが、ボストン・コンサルティング・グループが5年以内に300万もの製造業の職が合衆国に戻って来うるという推計をした一つの理由だ。しかし、それらは旧式の低賃金の職ではないだろう。それらは高い技術の需要の高い地位だろう。

実に、63%の合衆国の職が2018年までに専門学校の訓練を必要とするようになる。合衆国経済は、今後10年にわたって1,400万以上の新しい職を作るだろうが、それは少なくともコミュニティカレッジの学位を持った労働者のためのものだ。歯科衛生士、電気技師、そして初級ソフトウェア技術者といった人々のためのこれらの職は、何百万もの人々が縁での生活から中産階級に動くことができるようにする。問題は、合衆国での大学生のうち低い割合(四年制大学の30%と二年制大学の4人に1人)しかこの学位を終えていないということだ。

そのいくらかは、金によるものだが、それはまた、特にドイツのような成長機械でなされているのと比べて、教育者と会社を結びつける合衆国の努力の比較的欠如を反映している。その結果は、ハーヴァードのロザベス・モス・カンターのような何人かの経済学者が信じている、大恐慌以来の失業の増加の1/3の責任がある、学位と職との間のミスマッチだ。

産業とのつながりを持った技術主導型のコミュニティカレッジが明白な解決であり、オバマ政権の最新の予算はそのような組織に資金をつけるために80億ドルを提案している。しかし、政治的行き詰まりがその提案を足踏みさせている。だから、キャタピラーやシーメンスのような事業は、問題を自分の手の中に入れ、地元のコミュニティカレッジとのプログラムを立ち上げている。(町は注目すべきだ:これらのプログラムは職の磁石になりうる。キャタピラーは、強いコミュニティカレッジ制度があるので、サウスダコタに技術設計センターを立ち上げた。)マイクロソフト、シスコ、そしてIBMのようなハイテクサーヴィス会社は、資格のある中級の従業員を大量生産するために設計された高校とコミュニティカレッジをくっつけた6年のプログラムを始めている。そのようなプログラムの一つの、IBMによって率いられた官民提携のPテックは、ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグとシカゴ市長のラーム・エマニュエルによって、雇用と成長を押し上げるための努力の一環として採用された。民間企業に教育でさらに大きな役割を取ることを期待する一方で、地方の指導者たちは主要な経済的アクターになっている。
 

ルールその4:より近ければより早い、そしてより速いことはよいことだ

世界化についてもっともすばらしいことの一つは、それが得たどんな後押しにもかかわらず、それはあなたが考えるだろうほどには密接に広い基盤には基づいていないということだ。ヨーロッパのビジネススクールの教授パンカジ・ゲマワットの最近の本、世界3.0は、どれほど世界が最初から決して本当にはそれほどにフラットではなかったかということの詳細を展開している。彼が信じるものを説明する公式勘定のいくつかをつねる彼の数字は抗しがたい。彼の推計では、輸出は世界経済のたった約20%を占め、国境を越えた外国直接投資はすべての投資のたった9%で、たった15%のヴェンチャーキャピタルの資金が母国の国境外に展開され、すべての電話の2%以下が国際電話であり、インターネットトラフィックの1/4以下が国境を越えて走り、約90%の世界の人々は生まれた国の外には出ない。「その挑戦はあまりに世界化しているということはない。」ゲマワットは語る。「それは少なすぎるのだ。」

しかし、世界化の暗黒面、すなわち国内での不平等の増加、が、エリート集団や会社がとりわけ世界経済の困難を安全に飛んでおり、一方地上にいる大多数は苦しんでいるという強い感覚につながっているときには、それは政治的には強引な商法だ。これは、今年の初めにアップルの重役の一人がニューヨークタイムス紙になぜiPhoneがほとんど合衆国外で作られているのかについて聞かれたのに対して、「我々(アップル)は、アメリカの問題を解決する義務を持っていない。」と答えたのを引用された時に、前面に、そして真ん中に出てきた。

その声明は、アップルが世界中で最も安いところ(依然としてほとんどアジア)に職を置かなければならないだけではなく、これが比較的継ぎ目のない過程であることを示唆している。しかし、その会社のその中国の供給者フォックスコンとの労働問題は、世界的に事業をすることが決して簡単ではないことを証明する。そして、複雑な世界的供給網を持った会社は、労働問題に直面しているだけではなく、自然災害(去年の日本の地震と津波がどれほど自動供給網を混乱させ、何四半期かにわたって産業の成長を沈めたかを思い出すとよい。)、船積をより高価にする高いエネルギー価格、そして(メキシコでのウォルマートのスキャンダルのような)不正のリスクにも直面している。大平穏の間に広がった世界化に向かったレッセフェールの姿勢は、現在断然原始的に見える。「過去15年間のほとんどの間、その姿勢は、世界的供給網の中でどこでも低費用なところを見つけたら、困難や事態が悪い方に行きうるという危険について何も考えることなく、いつでもそれをできる、というものだったようだ。」国家経済会議委員長のジーン・スパーリングは語る。「より多くの合衆国の会社が、その計算を考え直しており、それはここでより多く立地と調達をするという約束を開いたままにしている。」

年に世界のGDPの2%から3%を動かしているUPSは、供給網の崩壊が現在多国籍事業の直面している一番のリスクだとみているという。製造産業のためのオンライン市場のうち最大のものの一つMFG.comを経営するミッチ・フリーは、地域的そして現地調達へ向かった大きな傾向がリスク緩和のためだけではなく、すべてのものが新しく速くそしてより良いものであるべきだという消費者の需要が製品のライフサイクルを短くしている(多くの場合、生産から市場まで6週間ほど)からだとみている。ジーンズから穴掘りまですべてで個人の顧客の必要に合わせる超製品カスタマイゼーションに向けた傾向はまた、ジャストインタイムの現地供給網を好む。「その動力は、どこの会社もその顧客がいるところに近いところに職と操業を運んでいるので、アメリカの企業が外国から合衆国に職を戻しているからというわけでもない。」フリーは語る。「それはすべて、世界化というよりも地域かそして現地化についてだ。」

実に、キャタピラーは、その多くが良い生活意匠を作り企業へのカスタマイズされたものを作る(特有の合衆国市場や特別の必要に向けられたもの)、約2,000の現地供給者のネットワークをイリノイ地域だけで育てている。ものが現地だけで調達できるところでは、彼らは国際的なすべてのキャタピラーの領域にいる。「それにより我々は現地市場の必要をよりよく理解でき、製品を素早く調整できる。」オバーヘルマンは語る。「しかし、それはまた自然の通貨とエネルギー費用のヘッジでもある。」

会社はまた、現地経済学が彼らの収入の増加を支持する役に立ちうると認識し始めている。供給者はまた、彼らの顧客からものを買え、顧客も供給者になりうる。たくさんのその製品やサーヴィスを中小企業に売っているIBMは、合衆国内で、そのような会社からより多くの事業ニーズを調達するオンラインネットワークを最近設立した。キャタピラー、デル、そしてAMDを含んだ16のほかの会社が参加している。サプライヤー・コネクションと呼ばれるその計画が3月に始まって以来、その会社たちは何千万ドルもの予約を小さな企業からの新たな事業で受けている。これは、急激な成長効果を持っている。都会未来センターによる最近の研究は、供給者から多国籍企業になったほとんどの小事業が、2年以内にその従業員を平均164%増やしていることを見つけた。大企業にとって、それはただ賢い事業だ。多くの彼らが燃料供給した中小事業は同じ点で疑いなく顧客になるのだ。
 

ルールその5:現地指導者は促進しなければならない

現地経済は、大きな潜在力を持っている。しかし、政府は現地の経済を育てるためにどれだけのことができるのだろう?

政治的スペクトルの両側の経済学者は、母国企業をおおっぴらに厚遇し、それが大量の安い財を輸出している時でさえも外資を制限する、中国のような場所での国営資本主義制度に直面しているときに、レッセフェール貿易政策を考え直す必要があると論じ始めている。外交問題評議会や情報技術・イノベーション財団のようなグループは、合衆国が貿易違反の追跡と違反者の懲罰についてより攻撃的になる必要があると論ずる。経済学者の中には制裁や一時的関税を要求するものもいる。

合衆国がそのアラン・グリーンスパンの時代の経済計画についてのタブーを脱ぎ捨てる、いくつかの方面への圧力すらある。「製造業は中国、ドイツ、スウェーデン、そしてシンガポールで繁栄している。ただその政府たちが、労働者が新しい産業の準備をするよう特定の職業訓練機関を立ち上げたからだ。」シンガポールのリー・クアン・ユー公共政策学校長のキショーレ・マーブバニは、フィナンシャルタイムズの論評で書いた。「中国は環境技術で急速に合衆国に追いついている。それは協調のとれた国家的反応のためであり、中国の事業だけが環境技術に投資したからではない。」

合衆国では、産業政策が第3の道の考えのままだ。(ソリンドラで何が起こっているか見るとよい。)そして現地経済を支持する政策を開発するのは厄介だ。通貨、石油価格、そして賃金率すらも、それを支える多くの要素が急速に変わりうるからだ。ほんの過去数か月の間に、合衆国の製造業は、ヨーロッパと新興市場が減速するにつれて、少し軟化しはじめている。

簡単に底への競争になりうる、国対国、そして町対町が短期的利益を求めて戦うくぼみのリスクがある。キャタピラーはテキサスに新工場を建てることを決めた。報道官によれば「港へのアクセス、供給基盤への近接、そしてより積極的な事業風土」のためだ。その最後の要素のかなりの部分は、超低税率や組合のない労働力とかかわりがある。しかし、減税でお互いをしのごうとする州は、最後には長期的な成長を加速する社会資本を侵食するかもしれない。そして、現地経済は労働力への圧力が終わることを意味しない。キャタピラーはたくさんの職を作り出すが、利益や収入が上がった時でさえも、その会社は労働者の譲歩を求め、組合の衝突に巻き込まれる。

だが、多くの経済学者は現地経済が真の回復へのアメリカの最善の望だと信じ続けている。マッキンゼー・グローバル研究所は、合衆国とヨーロッパとの間の経済成長の違いの大部分は、その国のほとんどの富を生み出すほんのわずかな首都よりもむしろ、アメリカのより活気のある町や地域センターのおかげだと注目する調査を最近発表した。

だから、町がその経済的未来を守ることについてより積極的になることを期待する。サンバーナーディーノやストックトンのようなカリフォルニアのコミュニティが、いかにして大量の担保により破産に導かれ、銀行の不動産再交渉への後ろ向きな姿勢によってくじかれたかの目撃者は、水中の家への融資を差し押さえ、それらを強制的に再構築する計画を発表した。または、いかにしてオハイオやテネシーがハイテクの研究機関を誘致するかなりの関与をしているかだ。または、いかにしてシアトルやフィラデルフィアが世界的な環境技術の競争の場でニッチを固めているかをだ。これらの計画のすべては、ワシントンで普通なように行き詰った政策への元気づける反応を示す。そしてそれらはまた、いつかは2%のゆっくりとした成長の経済を超えて合衆国を連れて行くかもしれない現地中心のやり方に結局はなる。

Locanomics欄より
 

発行日: 
2012-08-20
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加