子供はいい - ヤギ肉

なぜアメリカ人はもっとヤギを食べないのか?

もし友好的な地元のハラールの肉屋からヤギを買えば、彼は心臓、肝臓、そして腎臓をついたままにするだろう。臓物はすぐにダメになる。もしその匂いを嗅いでみて問題なければ、その肉はよい。

そのような機会を望むアメリカ人はほとんどいない。典型的なアメリカ人にヤギについてどう思うか尋ねると、彼は「長い角で、車の上で古い缶にしゃぶりつく、年老いて見える雄ヤギ」を想像するだろう、とオクラホマ州立大学の農業経済学者J.J.ジョーンズは語る。それがガムのような風味を持っていると信じるものもいる。これは年老いたヤギには当てはまるが、若い子ヤギは、きれいな葉の香りがし、牛よりも甘くそれほど油っぽくない。それはまた、牛、鶏、豚、または羊よりも、低カロリーと低コレステロールを誇る。

信頼できるヤギ消費の統計を見つけることは難しい。その生物は、大きな屠殺場よりもむしろしばしば個人的に屠殺される。しかし、ヤギを食べる文化圏からの移民のおかげで、その傾向は明らかに上がっている。地元の食事をする人たちも、より冒険的になっている。ヤギは工場生産するほどにはまだ一般的ではなく、グルメに訴える。1987年から2013年1月までに、アメリカの農場での肉ヤギの数はだいたい41.5万から230万に上がった。生産は、特にテキサスと言った南東部で最も高いが、屠殺された数は、アラブ、ラテン、そして南アジアの大きな人口を持つニュージャージーで最も高い。

ジョージアにゴッチャ・ゴートと言うヤギ肉流通業者を持つデヴィッド・マーティンは、ヤギバーガーとヤギラザニアを人気にしようとしている。彼は、内食が慎重なままだと不平を言う。「人々はそれを異国風の肉だと考えているのだ。」マーティン氏は語る。「異国風のやり方で調理されなければならない、ね。」彼の肉を買うだけで十分なのだ。
 

発行日: 
2013-07-13
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加