2030年生まれの一群 - 昆虫への手引き

セミが次に帰ってくるときに、アメリカはいかにそれらに注意するか

今後数週間にわたって、何十億ものセミの幼虫が、17年間の地下での眠りから目覚め、アメリカの東部諸州の明るい日光の下に現れる。彼らの奇妙なサイクルは、その国中の記者の注意を惹いている。オスは大群で旅をし、つがいに求婚しようとして、とてつもない騒ぎを作り出し、半狂乱で愛し合い、そして悲しまれずに死ぬ。セミは同じことをする。たった一つの違いは、彼らが未完成の小説だけではなくさらに17年後に孵化する卵を残すことだ。

今年のセミは、木の上を旋回する一方で、ブルードⅡと呼ばれる群が最後に飛び跳ねを楽しんだ1996年に彼らの親たちが見たものと、異なっておりつつ、奇妙に似ているアメリカをじっと見つめる。その年には、ヒラリー・クリントンが、ヒラリーケアのへまとともに、彼女の政治的経歴をそれが本当に始まる前に終わらせたように見えた、複雑な不動産スキャンダルであるホワイトウォーターについての大陪審の前に証言をした。一方、民主党と共和党の戦略家は、議会が予算を可決するのに失敗した後で、進行中の政府閉鎖の責任が誰にあるのかを見つけるための投票について研究していた。ワシントン政界を超えて、人々は暴力的なラップ音楽とその国の繊細な若者のためのさらにより暴力的なヴィデオゲームの影響について心配していた。最高裁はゲイの権利にかかわった訴訟について考えた。

次の17年循環では、クリントン女史は再び共和党議員から指名手配された。今回は、複雑なスキャンダルは、アメリカのリビア大使のベンガジでの死だ。民主党大統領は、議会が予算を可決できなかったことの責任を誰がとるのかについての戦いを行っており、一方政府労働者の中には給与未払いになっているものもある。ラップ音楽とヴィデオゲームについての議論も、たとえ殺人率が全国的に下落し、これらの怖れたラッパーたちの多くが中年起業家になっていても、転がっている。最高裁は、最善と考えて、依然としてゲイの権利にとって考えている。

その生物は、いくつかの興味深い変化にも気づいているかもしれない。1996年にアップルに戻ったみすぼらしい男はすべてうまくやり、一方アメリカをとてもイライラさせたイラク人は、木の根を吸うために地上に戻ってきている。もっとも抜け目のない昆虫だけが、どちらも1996年からの、アラン・グリーンスパンの「根拠なき熱狂」についてのあいまいな表現と、合衆国に対する聖戦のオサマ・ビン・ラディンの馬鹿げた宣言が、さらなる注意に値すると推測できただろう。その年にはまた、スペースシャトル計画の最も長いミッションと、メジャーリーグサッカーの始まりがあった。その虫は、どちらが生き残ったかを知って驚くかもしれない。
 

予想するときに、何を期待すべきか

それでは、ブルードⅡの次の世代はどうだろう?2030年のアメリカへのガイドがある。続くものもあるだろう。クリントンは議会の前に証言するだろう。連邦政府は予算なしで運営するだろう。メディアは、影響を受けやすい人々の人生へのヴィデオゲームの影響についての物語を流すだろう。しかし、プレイヤーの平均年齢がすでに30歳に到達しているので、その犠牲者はその時までに50歳になっているだろう。輸入のシノポップの潮流は心配だが、ディディとドレの上院議員に率いられた超党派の委員会は、親たちを安心させるだろう。

アメリカは、政治を起こりそうもない方向にねじるだろう変化である、白人が少数派人ある国になって10年しかたっていないだろう。民主党は、たくさんのかなり宗教的なヒスパニックをその高位に吸収しており、堕胎、学校での進化論教育、そして最近の移民はしばしば新しいものに敵対的なので、移民といった問題で、困難を抱えるようになるだろう。それは、共和党を、科学親和的で移民親和的な党のままにする。2030年代のセミの血のように赤い目から見ると、アメリカは、同じように、そして完全に違って見えるだろう。
 

発行日: 
2013-05-18
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加