カネの話 - 銃規制

大きな違いをもたらすほどには騒がしくないけれども

今月の初め、議会に最後には失敗した銃規制法制を可決するようバラク・オバマ政権が圧力を増したとき、ローズアイランドの役人はその選挙区民の火器を買い戻すよう提案することによって、銃暴力を抑制する独自の運動を始めた。

アメリカ最小の州は、4月6日に銃買戻しの日を開き、97のショットガンやライフルと89の拳銃で計186の火器を、その銃の種類と状態に応じて50-200ドル相当のギフトカードで補償し、匿名で集めた。リサイクル業者のSIMS金属管理を含んだいくつかの会社がそのイヴェントに提供し、その銃は融かされた。そこの市長アンゲル・タヴェラスは、そのようなイヴェントが「地元政府がほしくない火器を街路から取り除く一つの方法だ」という。

それはそのような最初の計画では決してないが、銃の買い戻しは、20人の子供たちが殺された12月のコネチカット州ニュータウンの恐ろしい射撃以来浸透しているようだ。アリゾナ、カリフォルニア、メリーランド、そしてニュージャージーの町が、それ以来そのようなイヴェントを行い、記録的な数の武器を集めたところもある。ロサンゼルスでのある買戻しでは、2台のロケットランチャーがあらわれた。

批判者は、何十年も行っている銃の買い戻しは、共同体から比較的少数の銃しか取り除かず、いずれにしても犯罪でよく使われそうもない銃を集めるだけなので、銃暴力の削減に失敗するという。屋根裏部屋を掃除していたおばあちゃんが「1920年代からのいくつかの遺物」を手に入れたかもしれない、とジョージ・ワシントン大学法学部の教授ロバート・コットロールは語る。「誰が気にするのか?」

犯罪者もまた、買戻しによって提供される金額と銃を交換して順法するような意思を持たないかもしれない。「いたずらな銃製造者が自衛のために銃を買いたい人々よりも銃の根を高くつけると信じるべき理由がある。」ジョージ・メイソン大学法学部の学部長ダニエル・ポルスビーは言う。「だから、それは全くばかげている。」

しかし、買戻しは時とともに変わり、かつてよりも今の方が少しだけ有効かもしれないという専門家もいる。それらは今、若者を対象にした宣伝活動や、攻撃的ライフルのようなある型の銃を手渡す追加の動機づけを含むかもしれない。そして、タヴェラス氏が言うように、たった一つの殺人でも避けられれば、買戻しの日は価値があるのだ。
 

発行日: 
2013-04-27
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加