情熱を消費する - ハラール事業

ムスリムの消費者は、肉と金融についての伝統的な宗教的条件の先を見ている。楽しむときだ

「メッカとメディナでさえも、人々は肉体関係を持つ。」「称賛されるのを感じ、愛されるのを感じ、官能を感じる」とのスローガンの下で、同じ宗教の信者のために「官能の店」(「セックスショップ」ではないと彼は主張する)を経営するオランダ人ムスリムのアブデラジズ・アオラーは語る。アラビア語で「社会」を意味するEl-Asiraは、オンラインとアムステルダムの空港で販売する。売れ線商品には、マッサージオイルやランジェリーが含まれる。今年の売上は100万ユーロ(129万ドル)と予想される。

これは、2030年までに35%増えそうな、世界の18億人のムスリムの買い物客への売上の、ほんの一番小さな部分だ。しかし、喜びのない熱狂の月並みな考えは、ムスリム市場が金利のない金融と手で屠殺した肉だけしか伴わないという考えと同じくらい誤解だ。シャリーア法は、豚や猛禽類の肉と、血や死肉を禁じている。しかし、他に禁止されているものについての見方は異なる。例えば、イングロットは、ラッカーが浸透性なのでイスラムの手洗いの儀式の前に取り除く必要がないので、それ自身ムスリムにやさしいとして売られている、ポーランドで作られた爪のマニキュアだ。コーランはそのようなことに何も言っていない。懐疑主義者はそれらが問題ではないかと疑う。

それは、製造品だけではない。ハラールホリデーのようなサーヴィスも盛り上がっている。ロンドンの旅行会社クレッセント・ツアーズは、男性用と女性用に分けたプール、酒なしの方針、そしてハラールのレストランを持つトルコのホテルの予約を顧客のためにとり、高い壁を持った民間の休日貸別荘を貸し出す。「それが彼らの繊細な感受性に合っているので、よりリラックスできる。」その創業者のエルナー・セイディリはいう。他のより厳格な代理店は、音楽のない休日や、宗教的な場所へのツアーを含んだ旅行を提供する。セイディリ氏は、彼の顧客のほとんどが、「モラルを持ったレジャーの休日」を望む穏健な職業人だという。彼の提案は、保守的なキリスト教徒も惹きつけている。
 

聖典の解釈を広げている

他の起業家たちは、倫理的に行動するための宗教的指令の中で利益を見つけ出す。インドネシアの会社ワルダーは、動物で試されていないのでハラールとして数えられる化粧品を売る。調理用ソースから冷凍オードヴルまでの製品を売るアメリカの事業サフロン・ロード・フーズは、自身を第一に健康的で倫理的な選択肢を提供するとして売り出している。ハラールは二番目に来る。これは、他の所で問題を惹き起こしているムスリム風に迎合したとみられる危険を減らす。フランスのクイックハンバーガーチェーンは、2010年にそれがメニューから豚肉を取り除いたとみなされた時、非難を引き寄せた。

その利益は、潜在的な反発を越えるかもしれない。オーストラリア、ブラジル、ニュージーランドなどの肉輸出国は、長い間ハラール貿易から利益を得ている。マレーシアは、より広い潜在力を認識した最初の国だった。2011年に、アスピリン、チョコレート、そしてうがい薬を含んだそのハラール輸出は、354億リンギット(115.7億ドル)または全輸出の5%になった。ドバイは中東のイスラム貿易のハブになろうとしている。2008年に、それはハラール化粧品からイスラム融資までにわたる商品を取り上げた年次ハラール貿易フェアを立ち上げた。

流行は、中東と東南アジアのムスリム多数派に国々で決められたものだ。今、それらは西側のムスリム少数派から等しく来ている。何十年も前にその潜在力を見つけた最初の西側の会社のひとつであるネスレは、1980年代以来、キットカットやネスカフェを含んだ製品のためのその工場の20%を完全にハラールにしている。それは、マレーシアを製造のハブとして使っている。Gohalal.co.jpは、英国のムスリムがシャリーア法に従うレストランを探すことができる多くのオンライン電話帳の一つだ。シカゴの鶏肉生産者クレッセント・フーズのジョーヒ・タヒルは、主流のアメリカのスーパーストアはますますそのハラールの鶏肉への注文を出している、という。ウォルマートは2008年にその会社の製品の在庫を始め、今ではそれらを77の店で提供している。ハラール食品は、マクドナルドを含んだますます多くのファストフード店で出されている。

新たな始まりはシャリーアに従った交通制度に来るかもしれない。ロンドンの市場調査専門業者のイマラット・コンサルタンツのアブダルハミッド・エヴァンスは、豚肉やアルコールのような禁止された物との接触を避けた製品を確保するために捧げられた倉庫を持っているロッテルダムの港を指し示す。しかし、それは依然としてかつて大きく宣言された「ハラールの玄関」からは程遠い。

El-Asiraのような事業はまた、イスラムが許すもの(ハラール)と禁じるもの(ハラム)との間の伝統的な境界の、弾力的な性質(と儲かる潜在性)を強調する。「実際に禁じられているものはほとんどない」エヴァンス氏は語る。「これらの新製品とサーヴィスの多くはマーケティングについてで、消費者の好みを弄んでいる。聖人ぶったものの商業版だ。ムスリムの懸念は、コミュニティによって大きく変わる。」El-Asiraの顧客ファティマ・ゼムーレは同意する。「ハラール食品は、私が買わなければならないと感じるたった一つのことだ…。私は新しいハラール製品に興味があるが、それが普通のものよりもよくなければ買わないだろう。」

利益と同様に宗教的な確かさをもとめる人々には、これは頭痛になりうる。ハラール認証は、マレーシアとブルネイの国家当局によって規制されている。国家が宗教的な問題に取り掛かるのに慎重なほかの国々では、正統性の定義は、会社自身、貿易機関、そして民間認証者に任されている。しかし、消費者は彼らの指示を信じないかもしれない。標準は国によって異なる。あまりに多くの神の言葉の中で、詐欺のものを指し示すのは難しくなりうる。特により自由な考えを持ったムスリムの消費者は、彼らに言い寄ろうとする会社がするように、何がイスラム法によって許されているかの不確かさにたじろいだりまたは楽しんだりするだろう。
 

発行日: 
2013-05-25
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加