再生薬 - 日本の医療

「今、世界最高の市場」

主要な男性ロールモデルが、跳ね上がった髪のテレビ「タレント」のように見える国で、山中伸弥は風変りだ。その50歳の科学者はiPS細胞の研究で2012年のノーベル医学賞を分け合った。しかし、彼の経歴はまた、日本ではめったに許されないものである、ひとしきりの失敗を含んでいる。その賞を取った時、彼は国民的英雄になったのだ。

その驚きに加えて、彼の仕事は、その人口と製造業がともに急速に高齢化している国で、事業の兆候を生み出している。iPS細胞特許を使って、ビジネスマインドを持った科学者は、例えば、高齢者の盲目を防ぐ網膜細胞を再建する新しい方法を発明するのに忙しい。政府は、そのような事業に現金で1,1千億円を戻すことを約束している。

山中博士の成功は、日本が薬を承認し、支払い、管理する方法の変革の利益を収穫しているちょうどそのときにやってくる。その狙いは、革新を促進し、上昇する高齢者関係医療費を抑制することだ。世界最大の製薬会社たちはその唇をなめている。

「外国[製薬]会社にとって、それはいま世界最高の市場だ。」活動団体の米国研究製薬工業協会の日本代表のイラ・ウルフは語る。日本の上位8社の多国籍製薬会社の2011年の売上増は12%-31%だ、と彼は語る。それは、彼が「新興市場」の成長率と呼ぶものだ。その会社たちは今、日本にその最も優秀な研究者たちを送っている。規制緩和は3つの分野に来ている。一つ目は、その政府が新薬のレヴューの速度を上げ、アメリカやヨーロッパの承認プロセスに対する日本の「ドラッグ・ラグ」と呼ばれるものを侵食している。厚生労働省の代わりに承認プロセスを行う巨大に広がった医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2008年以来レヴュー期間を短縮しており、承認する新薬の数を増やしている。去年、それは外部専門家の科学委員会を作り、山中博士の細胞技術のような先端技術の裁定を改善した。「これは日本産業の生き残りの問題だ。」PMDAの矢守隆夫は語る。

二つ目に、価格決定制度が見直されている。以前には、新薬の価格は2年ごとに下げられ、革新の費用を回収するのを難しくしていた。大手製薬会社が来年以降も続くことを期待しているパイロット計画の下では、新薬価格は特許期間を通じて維持されることになり、それは彼らがより利益を出せるようにするだろう。ウルフ氏は、これがすでに日本での研究開発(R&D)の増加を加速していると語る。

三つ目に、当局は、販売される薬の量の30%はジェネリックであるべきだと言っており、これはすでに達成されている。これは、古いブランドの薬の長い尾からの収入に頼っている小さな日本の製薬会社に打撃を与えているが、他のものを助けている。

一方、日本の大手製薬会社は国際的に拡大している。2011年には、武田薬品がチューリッヒのナイコメッドを、ほぼ140億ドルで買った。それはそれ以来さらに半ダースの買収をしている。日本の会社は、そのR&D予算だけでもほとんどの企業の総売上よりも大きい大製薬会社と母国で競争するのは難しいので、外国に多様化しなければならないと感じている。「我々は外に出なければならない。」日本製薬工業協会の手代木功は語る。

日本の医療制度は、最も安くもっともよいものの一つだ。しかし、人口が高齢化するにつれて、費用は上がりそうで難しい選択に直面しそうだ。財務大臣の麻生太郎は、高価な終末医療を受けている高齢者は「死に急ぐこと」を許されるべきだと語った。彼の意見は怒りを惹き起こしたが、それは深刻な論点を提起した。日本の医療当局は、費用対効果の高い治療を評価するための「医療技術評価」と呼ばれるものの議論を始めている。その産業は、これが、革新をくじくだろう薬価上限に使われるかもしれないことを心配している。しかしそれはまた、公共衛生を改善しうる方向に支出をそらすかもしれない。

網膜再生といった、高齢者を助ける新製品は、大きな成長機会を提供する、と、コンサルタント会社のイプソス・ヘルスケアの社長ウィリアム・ホールは語る。

しかし、日本は、事業が繁栄するために、ヴェンチャーキャピタル会社、IPO市場、そして大学と事業のより近い関係を開発する必要が依然としてある、と彼は説明する。「それはまだ成功物語ではない。」
 

発行日: 
2013-02-23
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加