あなた次第だ - シエラレオネの保健

 

伝統的な外国援助の代わりは見つけがたい
 
2010年に、シエラレオネは1,000人の生きて生まれた子供のうち174人が死んで、世界で4番目に高い幼児死亡率を記録した。スウェーデンの数字は3だった。それに対して、その小さな西アフリカの国は、妊婦と授乳中の女性と5歳以下の子供たちに無料保険制度を導入した。英国は2,400万ドルの資金提供をし、高官はそれを成功だと宣言した。
 
しかし、問題は不意に出現し続けている。薬はなくなり、女性の中には依然として支払わずには治療を受けられない人もおり、インターネットアクセスが一般的に欠如しているのでオンラインの購入制度は当然のように故障した。
 
英国政府は、無料の医療制度をシエラレオネ人が主導したもので、英国は単に助けているだけだと穏やかに描写する。ますます、支援者は、地元の人たちが支援者に作ってもらった道路や病院を単なる贈り物だと見なすので手渡されたあとにすぐ無視されるだけの古い制度よりも、効果的だと思われている制度である外国援助の「地元所有」を強調することを好む。
 
しかし、組織が弱いところでは、地元所有は時に失敗する。シエラレオネでは、2002年に終わった10年にわたる内戦により破壊され、そのほとんどの有能な市民が依然として国外に住んでいる。官庁は機能していないままだ。その国で働いている英国人医者は、シエラレオネ政府が無料保健への準備のように複雑なことを組織する才能に欠けていると語る。小児科医のナターシャ・サウヴェンは薬の購入を「かなり率直に気まぐれ」だと強調した公式文書を記述した。ユニセフは計画が動き続けるように舞台裏でごちゃごちゃやっている。
 
一方、シエラレオネには古い型の援助の新しい例がある。首都のフリータウンの港には、最近まで、かつてDronning Ingridとして知られたデンマークの鉄道フェリーが、アメリカの慈善団体のマーシー・シップスによって病院船に変えられたものがあった。それは、困難な状況にあるホスト国から独立して機能することのできる、文字通りオフショアの、腐敗した高官や信頼できない電力供給から隔絶した、6つの手術室がある。これは地元所有ではないが、10ヶ月にわたって499フィート(152メートル)の船に乗り込んだヴォランティアの医者たちは白内障を取り除き、口唇口蓋裂を治した。
 
 
発行日: 
2012-02-04
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加