MOOCsの攻撃 - 高等教育

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

ハーヴァード大学とマサチューセッツ工科大学によって2012年5月に設立され彼らの資金6,000万ドルによって支援された非営利のMOOC提供者Edxは、そのもっとも最近の参加者がインドのムンバイ技術大学である、28の組織の共同事業だ。1970年代に遠隔学習を開拓したオープン・ユニヴァーシティによって率いられた、21の英国、ひとつのアイルランド、ひとつのオーストラリアの大学、そしてほかの教育機関の共同事業体であるフューチャーラーンは、MOOCsを今年の終わりに提供し始める。しかし、オックスフォードとケンブリッジはよそよそしいままで、ある上級のオックスフォードの人物の恐れがMOOCsに「レミングのように急ぐ」ことかもしれないものに参加することを拒絶している。

7月10日に、コーセラは、去年銀行から借りた2,200万ドルの上に、ヴェンチャーキャピタルから別の4,300万ドルを調達したと語った。その入学は跳ね上がっており、今400万を越える学生がいるけれども、これはその会社が実行可能な事業モデルを開発することができるという投資家の信念の大きな飛躍だ。その新資金により、コーセラは急速に増えるMOOC供給者の数の間で最初に動くものになるいかなる利点を打ち立てることもできる。「飛び乗ってくる人々の数を見ることは幾分面白い。」スタンフォードの教授でコーセラの共同設立者でもあるダフネ・コラーは語る。彼女は、それが「とても少数の支配的プレーヤー」になることを期待する。

その産業は、アマゾン、イーベイ、そしてグーグルと似たようなネットワークの経済を持つ、とコラー女史は語る。「コンテンツの生産者が最も消費者がいるところに行き、消費者がもっともコンテンツがあるところに行く」と言う点でだ。フューチャーラーンの社長サイモン・ネルソンは、同意しない。「関与のルールがすでに既存のプレーヤーによって書かれていると考える人は、技術の潜在力を大きく過小評価している。」彼は語る。

確かに、事業モデルが起こるには、たくさんの実験がある。MOOCs自身は無料かもしれないが、その裏にいる人たちは、たくさんの事業機会があると考えている。コーセラは、そのコースを修了し、たぶん将来の雇用主のために証拠をほしがる人に、証明を提供するのに料金を取り始めている。それはまた、彼らの既存の提供物を強化したいと思っている大学への、コース素材のライセンスを始めている。しかしながら、それぞれの雇用主の異なったニーズを満たすことは「規模拡大できるモデルではなかった」ので、コーセラはその学生の間から従業員を募集するのに企業を助けようとする試みを今のところ放棄している、とコラー女史は語る。

対称的に、ウダシティにとって、既存のそして将来の従業員を訓練するために会社とともに働くことは、今その事業モデルの中心だ。それは、グーグルを含んだいくつかの企業と提携している。それは最近、コンピューター科学の修士号を提供するために、ジョージア工科大学とともに、AT&Tと提携している。コース素材は無料だが、学生は指導に約7,000ドルを支払う。Edxはさらに別の政策をとっており、自身のMOOC提案を作りだし、既存の教育を補強することによって実際に出席する大学をより魅力的にする、両方のために、スタンフォードのような大学にそのMOOC技術を売っている。
 

この講義は…の提供でお送りします

MOOCsがその名前をなす前の2007年に設立された無料でほとんどが職業教育のアイルランドの提供者アリソンは、そのサイトに広告を売ることによってたくさんの収入を生み出している。「広告はラジオとテレビを推進した。なぜ教育はそうしないのか?教育には広告についてたくさんのスノッブな勘違いがある。」アリソンの創業者マイク・フィーリックは語る。

MOOC提供者の別の重要なカテゴリーは、出版社だ、とコンサルタント会社パルテノン・グループのロブ・リトルは語る。彼は、教科書出版のような教育事業を運営するピアソンのような会社は、彼らの関連した有料コンテンツを人々に買わせるための方法として無料のMOOCsを提供することによって繁栄するかもしれない。

あるにしてもどの事業モデルが利益を生み出すのかについての不確実性以外に、その市場がどれだけの大きさなのかについての不同意がある。安いオンラインの供給者が抜本的に高等教育の費用を下げ、多くの伝統的教育機関を追い詰める、ゼロもしくはマイナスサムゲームだと見るものもいる。この効果がMOOCsのもたらすだろう高等教育への接続を劇的に増すことによって小さくされるだろうと信じるものもいる。

フィーリック氏は、その市場が商品化されると予想し、多くの教育機関への困難をつづる。しかし、Edxの社長アナント・アガーワルは、MOOCの提供者が、よりオンラインの飛行機予約サーヴィスのようになり、顧客の経験を改善することによって市場を拡大すると説明する。ウダシティの共同創業者セバスチャン・スランは、その影響が映画館の創造が舞台芸術の需要に及ぼしたものに似た大きさになるだろうと考える。彼は、高等教育の市場が10倍になると予想する。

懐疑的な人は、いくつかの場合90%を超えるMOOCsの高い脱落率を指し示す。しかし、コーセラとウダシティは、どちらもこれが、費用をかけずに閲覧できる無料の生産物への消費者の異なった期待を反映すると主張する。どちらの会社も、修了の意思を明言することから始めた学生の脱落率を研究しており、その大部分がコースを修了していることを見つけた。

シリコンヴァレーのヴェンチャーキャピタルラーンキャピタルと世界銀行の国際金融公社以外に、コーセラの4,300万ドルの資金調達への参加者には営利大学の運営者ローリエートが含まれる。その社長のダグ・ベッカーは、多くの既存の大学は、間もなくMOOCsを修了する人々にその学位に向けて単位を提供するだろうと説明する。彼は、これが伝統的な高等教育の価格を劇的に引き下げるだろうと考える。それは、新興企業によって得られた収入よりもはるかに既存の供給者の総収入を減らすだろう。さらに、彼が予想するように、もしMOOCsが高等教育の費用を1/3減らすのならば、その利益の1%を自分たちのために稼ぐだけだが、それは「依然としてとても良い事業」だろうと彼は語る。
 

発行日: 
2013-07-20
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加