大学が挑戦を受ける - 高等教育

バラク・オバマは、学位がより支払った金の価値があってほしいと思っている

タクシーの運転手が、彼の娘がちょうど卒業したところだと自慢した。しかし、それから彼は、ウィスコンシン大学の彼女の報道の学位が14万ドルかかったと認めた。報道は何の正式な資格も必要としない給料の悪い仕事なので、これはカネの無駄のように聞こえる。

バラク・オバマは、大学から金に見合う価値を得ている学生があまりに少ないと心配している。大卒者はもちろん非大卒者よりも稼ぐが、このどれだけが大学が彼らの心を広げたり彼らに何か有益なものを教えたりしたというよりもむしろ、彼らが最初から賢かったためだろうか?平均的なアメリカの大卒者は2.66万ドルの債務を抱えて大学を卒業する。それよりはるかに多いものもいる。少なくとも90日遅れている学生融資の割合は、2011年には8.5%だったものが今では11.7%に上がっている。多くの大卒者が苦労しているのだ。

8月22日に、バラク・オバマは、大学に学費を下げ卒業率を上げるよう圧力をかけることを誓った。2015年の学年度が始まる前に、教育省は、入学にどれだけ費用がかかるか、どれだけの割合の学生が卒業するのか、そしてそのあと彼らがいくら稼ぐのかといったことを計測する新しい大学格付け制度を発表する。その狙いは、学生がどの大学が最小のお金で最善の後押しを与えるのかがわかるようにすることだ。

おそらく(今年期限切れになる)高等教育法が更新されるとき、連邦の財政援助がこれらの格付けにつながるかもしれない、とオバマ氏は言った。連邦政府は(ほとんどが融資の形で)学生援助に年に1,500万ドルを費やしているので、これは強力なてこになるだろう。援助は現在、大学が認めている学生の数に従って分配されており、いくつかの大学の講義室を卒業できる望みがほとんどないが同じだけ債務を投入する若者で詰め込むよう促している。

変化は遅れている。大学入学費用は、過去30年にわたって、インフレや賃金よりもはるかに速く跳ね上がっている。しかし、卒業率は悲惨だ。2004年に公立の4年制大学に入学した全日制の学生のうちたった55%しか6年以内に学位を取得していない。学生融資の合計は全部で1.2兆ドルで、国家債務の6%に当たる。全米経済研究所による新たな調査は、連邦支援の増加が、大学入学者数の増加にほんの少ししかつながっていないことを見つける。追加のカネの多くは、学費を上げ、給与を引き上げ、もっともらしいフットボール場を作る大学自身によって飲み込まれる。

批判者は、大学が新たな制度をゲームに使うことを心配する。もし連邦支援が卒業率とつながるのならば、大学の中には単に標準を下げるところがないろうか?雇用者はすでに学位のインフレにうんざりしている。多くが、新たな自主テストである大学学習調査(CLA)がより客観的な得点表を提供するだろうと望んでいる。CLAは独立した非営利団体によって作られ、来年から伝統的な、そしてオンラインの大学で学生に開放される。

オバマ氏は、大学が費用削減の方法を思いつくよう奨励することを望んでいる。教育省は、大学の授業を取る高校生への金融支援や成績の良い生徒への褒賞といった新たな考えを大学が実験できるようにする規制の除外を発表する。大学の中には、大学で時間を費やすよりもむしろ、主題を理解する何人かの生徒をほめているところもある。費用削減のために技術を使っているところもある。しかし、いくつかにとっては変化はあまりに遅く来る。タクシー運転手に気前よくチップをはずんでくれ。
 

発行日: 
2013-08-31
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加