音楽を止めるな - HMV

大通りの小売りの閉店は、誇り高い輸出産業を揺さぶる

数えきれない10代の若者がレコードやCDの棚をめくって回った。しかし、91年後、音楽ははるかに英国で最大の戸建ての音楽店を終わらせた、または少なくともマイナーキーでの予測できない最終章に入ったように見える。

1月15日に4,350人の従業員を雇うその小売業者は、自身を管理下に置いたと発表した。HMVは、カメラショップチェーンのジェソップ、DVDやゲームを貸し出すブロックバスターを含んだ大通りの犠牲者のパレードに参加する。しかし、HMVの労苦は、それが英国が世界の指導者である産業を揺さぶるので、最も強く反響する。

英国は大体世界の3%のモノと6%のサーヴィスを輸出するが、その国のアーティストは世界の音楽売り上げの約13%を占める。去年のアメリカの上位5作のアルバムのうち4作が英国のアーティストだった。本国では、深く突っ込んだ英国のソングライター、アデルによるアルバムの「21」が、マイケル・ジャクソンの「スリラー」の売上を越えている。音楽の創造性の文化が明白な理由だが、他の理由としてレコードレーベルが国内のアーティストに投資し続けるよう促す英国の音楽小売市場の相対的強さがある。一人あたりで、英国人はアメリカ人のほぼ倍を音楽に費やす。

その国は、古いCDの世界から新しいデジタル配信のものへかなり滑らかに動いているように見える。iTunesやスポッティファイのようなサーヴィスを通してダウンロードしたりストリーミングしたりすることが主流になっている。幾分かは結果として、海賊行為が比較的珍しい。しかし、旧式のCDをオンラインや店で買うのは依然として簡単だ。それが、幾分かは古い消費者がダウンロードよりもディスクを好み、また幾分かはショーウインドウ効果のために、売り上げの維持を助ける。音楽店は新作を公表し、そうしてすべての形の音楽を売る助けをする。

「HMVだけでしか音楽を買ったことのない顧客はほとんどいない。誰もがほかの手段を知っており、すでに使っている。」スポッティファイの経済部長ウィル・ペイジは論ずる。しかし、ほとんどが、もしHMVの店が閉まれば売り上げは下がると予想する。それは、2004年のアメリカのチェーン店タワーレコードの閉店に続いて起こった。レコードレーベルは、たとえ日和見的な民間投資会社であっても、買い手がすぐに現れることを望んでいる。
 

発行日: 
2013-01-19
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加