ホップと変化 - 自家醸造

ついに、政府はあなたを愛し、あなたに幸せになってほしいと思っている

ほとんどのアメリカ人はそれを認識していないかもしれないが、先月よりも、彼らの国は少しだけ自由に、そして多分少しだけほろ酔いになっている。7月1日に、ミシシッピで家でビールを作ることが合法になった。アラバマは5月に自家醸造者への起訴の脅しを解除した。いま、その50全ての州で自分のビールを作ることは合法だ。ベンジャミン・フランクリンは、(出典は怪しいが)ビールを「神が我々を愛しており、我々に幸福になってほしいという証明」だと呼んだと言われる。ジミー・カーターは、事実上連邦レヴェルで自家醸造を合法化する、物品税から自家製ビールを除外する法に、1978年に署名した。しかし、最も厳格な州が合法化の苦い薬を飲みこむまでに、35年かかった。アメリカの自家醸造者組合(AHA)のような組織は、緩和するよう何十年も州の議員に働きかけている。例えば、アラバマではその法を変えるよう立法府を刺激するのに5年かかった。

反対派は、「古い田舎の男が森に帰る」という印象を持っている、とアラバマの熱心な自家醸造者リチャード・フォースは語る。実際、フォース氏は医療技術会社のデータアナリストだ。彼は最近、ミシシッピ自家醸造コンペティションで、「素晴らしいローストハムの風味」を持った燻製ビールで「最高賞」を勝ち取った、と彼は注記する。

「Raise Your Pints: ジョッキを持ち上げろ」と呼ばれる圧力団体の代表の、クレッグ・ヘンドリーは、ミシシッピで自家醸造を過去12年間違法にしてきた。彼は、その趣味が「通常のミラー・バッド・クアーズ愛飲者と違った人々のグループを惹きつける」と論ずる。彼らはカネを節約するためにその中に入らない、とフォース氏は語る。「ビールを飲みたいのならば、スーパーマーケットでナッティ・ライトの30本パックを買った方がもっと安いだろう。彼は、1日1杯以上のビールをめったに飲まないと主張するが、彼の習慣に年1,500ドル費やしていると計算する。コンテストのために旅をすることにはお金がかかるのだ。

立法から除外を勝ち取るのは、経済的な議論だった、とどちらの男も合意する。多くの自家醸造者は、究極的には、店を商業的に打ち立てる。アラバマ最大の州のバーミンガムが属するジェファーソン郡は、2008年にたった一つの醸造所しかなかった、とフォース氏は注記する。今ではそれは3つあり、他の2つはまるでホッパーの中にある。2年前にその州が破産を宣言したことを考えると、これらの新しい事業がもたらす追加の収入は、製品が後援者を夢中にさせるように、現地の役人をそうする。

しかし、自家醸造者の自由への長いよろよろ歩きは、まだ終わっていない。一つには、アラバマとミシシッピを含んだ多くの州の「禁酒の」郡で自分のビールを作ることは違法のままだ。そして、たとえ自家醸造が合法の州でも、多くの補足の規制が依然として蛇口にくっついているとAHAのゲイリー・グラスは指摘する。しばしば、どれだけ醸造できるか、制作物をどこで消費できるか、誰に出すことができるか、などの制限がある。アイダホは、自家醸造業者は州内で育った中身だけを使うよう主張する。牛肉をそれらの有名なジャガイモから作ることが可能だと判明する。
 

発行日: 
2013-07-20
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加