再利用された愛国主義 - いかに英国人になるか

新住民への政府の奇妙な手引書

金融危機前に、政治家は英国らしさとは何かということに多くのエネルギーを費やし、市民権式典のようなことを通じていかにそれを支えたらよいのか、と考えた。これは強気市場への没頭だった。それは、財政赤字が増え、政治家が誰であれ英国人を経済的苦境から引きあがることにむくにつれて、それは縮んだ。しかしながら、その遺産の一つは、すべての国民候補者が受けるテストの基礎となる教科書の「英国での生活」だ。第3版が1月28日に出る。

多くの政府は似たような背景説明を発行している。それらは公式に従う。少しの歴史、いかに政府が機能しているかの導入、有名な作家、科学者、そしてスポーツマンへの賛辞、そして自由と義務の一覧だ。英国のものは、それが本誌が故郷とする多数の岩の名前を考えると公平な質問である「UKとは何か?」と訊ねて始まることにより、少し異なっている。全体の調子は、次の春まで全席が予約されているレストランの支配人風に国民になることへの関心に感謝することで始まるアメリカのものよりも、オーストラリアやカナダのものに近い。

それぞれの項目は小さなチェックリストで終わる。読者は、とりわけ彼らがローマ以前の英国の歴史と啓蒙の考えを理解することを確認するよう導かれる。項目の中には長期にわたる住民にとって奇妙に見えるかもしれないものもある。特別扱いを受けている5人の作家は、ウィリアム・シェイクスピア、ロバート・バーンズ、ディラン・トマス、ラドヤード・キップリングそしてロアルド・ダールだ。スキーがますます人気のあるスポーツとして描かれる。心地よく、1810年に英国で最初のカレー店を開いたセイク・ディーン・モハメドは、数人の首相とともに、賞賛に選ばれた。

このすべてが説明されてから、その本は英国人の価値と責任へ進む。法による支配には従わなければならず、表現と宗教の自由は大事にされ、すべての色の人々に等しい扱いが与えられる。英国人になることは、他の豊かな民主主義国の国民になることとよく似ており、少しの調整があるだけだと判明する。

オーストラリアの手引書は、その移民に、勤労と才能がいつでも富やコネよりも価値があるべきだという原則である「公平なやり方」の重要性を思い出させる。アメリカのものは人々に所得税申告書の締め切りを覚えたか尋ねる。英国はよい隣人になることの重要性を強調する。これは何を意味するのか?「庭をきちんとし、ごみ袋や瓶は収集日に道か共有地域に置くこと。」英国ルールだ。
 

発行日: 
2013-02-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加