簡単な秘訣 - どうやってポーカーに勝つか

真面目くさった顔を続けるだけでは十分ではない

ポーカーフェイス。それは何も与えない無表情の凝視だ。ポーカーに勝つためには、その顔はマスターしなければならず、そしてそれをマスターすることは最高のプレイヤーがベストを尽くそうとしていることだ。しかし、心理科学誌に掲載されたばかりのスタンフォード大学のマイケル・スレピアンとその同僚たちによる研究は、最高のポーカーフェイスをした人々でさえもそのゲームを漏らしていることを示唆する。しかしながら、彼らは顔ではなく手でそうしているのだ。

スレピアン氏は、78人の学部からのヴォランティアに2009年のポーカー・ワールド・シリーズでプレイヤーが掛け金を置くヴィデオクリップを見せた時にその発見をした。(ポーカーの掛け金はチップをテーブルの真ん中に押し出すことによっておかれる。)そのクリップは、平均して1.6秒で、プレイヤーたちの異なった場所を取り上げた。テーブルの上からすべてが見えるように示したものもあった。顔だけを示したものもあった。そして、腕と手だけを示したものもあった。それぞれのヴォランティアは、三つのタイプのヴィデオの一つだけを見たが、いくつかの例を見せられた。

それぞれを見た後に、ヴォランティアたちはプレイヤーの手札の質を7段階で格付けするよう頼まれた。それから、彼らがすべてのクリップを見終えた後で、彼らは自分たちの手札を似たような段階で格付けるよう頼まれた。

スレピアン氏は、プレイヤーの顔だけを示された時、学生たちがプレイヤーの手札の質を判断するのがうまくなかったことを見つけた。実に、彼は0.07の負の相関に気が付いたのだ。これは大きくはない(完全な相関は1.0)。しかし、ヴォランティアがその手が良いと信じれば信じるほど、実際にはそうではないという、統計的に優位な傾向があったことを意味する。プレイヤーの全姿勢が考慮された時、その思い違いは無くなった。ヴォランティアがテーブルの上からプレイヤーのすべてを見ることができた時、手札の価値についての判断と実際の手札の間には何の相関もなかった。しかしながら、ヴォランティアが手と腕だけを見ることができた時には、スレピアン氏は推測と現実との間に0.07の正の相関を見つけた。

その発見を確認するために、スレピアン氏は異なったクリップ一組でその実験を再び行った。その結果は同じだった。学生たちは、ポーカー初心者であっても、プロのプレイヤーの手の動きから彼の手札の質を判断することができたのだ。次の疑問は、どうやって、だ。

スレピアン氏は、心配により滑らかな体の動きが乱されるという傾向があると言うほかの人々による以前の研究を知っており、彼はこれが説明になるかもしれないと考えた。確かめるために、彼は以前の実験で使ったクリップを40人の新しいヴォランティアに示した。しかしながら、彼らにプレイヤーの手札の質を判断するよう頼むよりもむしろ、そのプレイヤーの自信かどれほど滑らかにそのプレイヤーが彼のチップをテーブルの真ん中に押し出したかを格付けするよう、彼は頼んだ。

彼は、学生たちがそのプレイヤーが自信があるまたはその手を滑らかに動かしていると格付けした時、彼らの持っている手札はよさそうだということを発見した。学生たちが自信があると考えた時には0.15の、そして滑らかな動きを見つけた時には0.29の正の相関があり、だから、直接推測するよう頼まれた時よりも、これらの変化から手札の質を決める方が、実際には彼らはより能力があったのだ。プレイヤーにとってのその物語の教訓は、対戦相手の手札がどれだけよいかを知りたいのならば、まともに目を見ないということだ。彼の手札の秘密は手の中にあるのだ。
 

発行日: 
2013-04-20
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加