人生は45歳で始まる - 人間の生殖

高齢の母親の望み

生殖のことになれば、男性は簡単だ。ほとんど人生の終わりまで、ほとんどが十分な精液を供給する。女性はそれほど幸運ではない。彼らは卵の在庫とともに生まれ、それは典型的には中年に達した時に底をつく。しかしながら、それは変わりそうだ。研究者たちは、女性は卵巣の肝細胞を隠しており、それらは新しい卵を産むことができることを確認した。

幹細胞は、継続的に分かれ、異なった型の細胞に変わる能力を持っている。大人からの幹細胞は、様々な細胞の型を生み出すことができる。それに加え、それらが見つかった組織も作り上げるのだ。2004年に、ハーヴァード医学校のジョナサン・ティリーとその同僚は、ネズミの卵巣で幹細胞を発見した。それ以来、それらの卵巣幹細胞が卵に発展し、受精され、完全に健康な子ネズミを生み出すことができることを示している。しかし、研究者は、似たようなことが人間でも可能かも知れないと信じることに気が進まない。

これが本当に実例だと証明するのはやっかいだ。特に若い健康なドナーからの人間の卵巣組織は、手に入れるのが難しい。ティリー博士の突破は、かつての同僚である日本の埼玉医科大学の高井泰が、性転換した30人の患者から冷凍した健康な卵巣細胞を得たときにやってきた。

洗練された細胞選別技術を使って、研究者たちはネズミと人間の両方で機能する卵巣幹細胞を見つける方法を開発した。それから彼らは人間の卵巣幹細胞を取り上げ、それに緑の蛍光タンパクで標識をつけ、それらを人間の卵巣のかけらに戻した。(それは普通の卵巣によりよく似て機能するように生きたネズミに移植された。)今週ネイチャー・メディスン誌に掲載された彼らの発見によると、発光した緑の細胞は、すぐに新しい人間の卵の群れを生み出したという。

 

受精を海外で行う

実験のためにこれらの卵を受精させることはアメリカでは禁止されている。英国の人の受精および胚研究機構は、しかしながら、ある事例ではこれを許すだろう。だから、来月、ティリー博士は彼のいくつかの幹細胞の戦利品をもってエジンバラに行き、初期段階から人間の卵を成長させる技術を開発したエヴリン・テルファーと共同研究を行う。彼女は実験的にそれらを受精させる免許を持っている。

その発見は、女性の不妊治療に、いくつかの方法で革命を起こしうる。一つには、研究がネズミで示したように、年老いた卵巣ですらも、卵巣幹細胞を含んでいるのだ。そして、それらの幹細胞が若い卵巣に置かれると、彼らは健康な卵に成長する。これは、いつの日か、高齢の女性が自分に生物学的につながった子供を持つことができる可能性を提起する。現在、45歳を超えた多くの女性は、若い女性の卵を使って体外受精(IVF)しなければならない。

他の治療法はより早く利用可能になるかも知れない。ティリー博士のほ乳類の卵巣幹細胞に関する研究を利用する排他的な権利を持っているボストンに本社がある繁殖会社のオヴァサイエンスは、7月に新しい治療法を提供し始める。これは、女性の自分の幹細胞を使って、細胞内に存在しそれにエネルギーを供給するサブユニットである新鮮なミトコンドリアを作り出すことによって、彼女の卵に追加のエネルギーを供給するのだ。それらはまた、年齢に従ってより少なく、生産的でなくなりうる。以前の研究は、ミトコンドリアを増加させることは、劇的にIVFの成功率を上げることができると示す。生殖のことになれば、男性は依然として今のところ容易だが、女性も追いついている。
 

発行日: 
2012-03-03
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加