呼び出された - 身分証明政治

携帯電話を通じての追跡は、有罪のものも無罪のものも同じように怖がらせる

アメリカと英国では、前払い携帯電話か(携帯電話に番号を賦与する)SIMカードを持つには、ほとんど、もしくはまったく書類作業を必要としない。少額で、顧客は電話をし、メールを送り、インターネットに匿名でアクセスできる。利用者の名前と住所を登録するための努力は停滞している。プライヴァシーが、匿名電話がテロや犯罪の道具であるという主張に勝つのだ。

他の所では、人生はより厄介だ。中国やインドでは、販売に熱心が街路の売り子が時にそのルールを差し控えるが、電話とSIMカードの匿名販売は禁止されている。3月に、5つの大きなマレーシアの携帯電話会社が、政府IDをチェックすることなしに電話を顧客に売ったために、罰金を科された。アフリカと中東では、新しい法の波が、登録しなければ接続できなくなる危険があるので何百万人もがSIMカード登録のために列をなし、去年官僚的な面倒を惹き起こしている。UAE最大の携帯電話会社Etisalatが、130万の登録されていないカードを接続不能にしている。ケニアは少なくとも240万を遮っている。アフガニスタンからペルーまで、政府は取り締まっている。

ウガンダ政府は、「テロリスト、反乱軍、そして国家の敵は、追跡できない電話の後ろに隠れている。」という。EtisalatとDuを含んだUAEの携帯電話会社は、国家登録制度「自分の番号、自分の自己証明」が犯罪取り締まり制度だと主張する。パキスタンの情報大臣は、登録されていない電話は遠隔爆弾起爆装置として、そして詐欺の、または困らせる「不快な電話」に使われていると言う。それは、携帯電話利用者の電話帳を作りたいと思っている。

しかし、ブダペストの中央ヨーロッパ大学の携帯電話政治専門家オリヴァー・レイスタートは、その制度がしばしば社会的支配のちょっと嫌な形だという。適切なプライヴァシー法に欠ける国々では、治安機関は気まぐれに場所を追跡したり、異議を示唆するキーワードの電話やメールを読み取ることができる。ケープタウン大学の研究者ケヴィン・ドノヴァンは、その制度が最も弱い人々を犯罪者にするかもしれないと語る。貧しい人々はしばしば政府IDがなく、または最も近い登録所まで行くことができないかもしれない。携帯電話はしばしば共同で使われている。

多くの携帯電話会社は、政府が彼らに与えている巨大な仕事に不平をこぼす。業界団体のGSMAのプライヴァシー担当理事パット・ワルシェは、登録と犯罪に手を染めることとの間の関係には、ほとんど証拠が存在しないが、強制登録は闇市場を作り出す、という。ドノヴァン氏は、爆弾を起爆させたり詐欺を働くと決めたものは、いつも外国で手に入れた電話を使う、と注記する。
 

発行日: 
2013-05-04
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加